ハーブの手作り入浴剤でリラックス&潤う肌に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モロッコでは、ハマムという蒸気風呂がよく知られていますが、自宅でのお風呂でも、いろいろな入浴剤が使われます。

アラブ地域では昔から、ハーブを入浴剤として使っていました。

今回は、モロッコ美容の手作り入浴剤を紹介します。

入浴におすすめのハーブは?

モロッコのハマムは日本の銭湯に似た公衆浴場。女性はここをエステサロンのように利用します。

ストレス解消と美肌作りにモロッコ蒸気風呂ハマム
美容大国モロッコの蒸気風呂ハマムは湿度の高いサウナのようなお風呂。日本の銭湯に近く、エステサロンを兼ねた心身の癒しの場です。ストレスを緩和し、元気を回復させるモロッコ流入浴法を紹介。入浴後のボディケアにおすすめのハーブローションの作り方も。

ハマムでのビューティケアでは、ヘナガスール、黒オリーブの石鹸サボン・ノワールなど、天然素材が使われてきました。

自宅の入浴でも、ハーブを入浴剤に利用できます。

ハーブのなかには、次のように入浴に適したものが複数あります。

ジャーマンカモミール:心身を癒し、疲労やストレスの回復に適したハーブ。
セージ:血行を良くなり、弾力のある肌になります。
タイム:疲れた筋肉をリフレッシュし、身体の器官が刺激します。
ペパーミント:血行を促進する働きがあります。
ホップ:緊張を和らげてくれ、リラックスできます。
マグワート:疲れを癒して元気に。
マジョラム:不安が解消され、身体の器官が強化されます。
メリッサ:レモンに似た香りで心身がリラックス。
ラベージ:身体の器官がリラックスし、引き締まります。
ラベンダー:身体をリラックスさせ、元気にしてくれます。
リンデン:身体の器官をリラックスさせるのに有効です。
ローズマリー:むくみを解消し、リラックスでき、器官が刺激されます。
ローリエ:体がリラックスし、皮膚がしっとり落ち着きます。

ハーブを使った入浴剤の作り方

ハーブは、そのまま湯船に浮かせたり、インフュージョン(浸剤・煎剤)や酢に漬けたハーブビネガーを作って入れたりします。

ハーブの入浴剤を手作りして、お風呂時間を楽しみましょう。

なめらかな肌を作るハーブビネガーの入浴剤

モロッコ美容にもいろいろな入浴剤がありますが、ハーブを酢に漬けたハーブビネガーがよく使われます。

ハーブビネガーの入浴剤は肌をなめらかにする効果が期待できます。

基本のハーブビネガーの作り方

 このレシピの材料 

ハーブ … 10~20g
酢 … 200ml

所要時間:10分+3週間  保存期間:3か月

 保存容器と用具 

密閉ガラス容器(300ml用)  ※ガラス瓶は煮沸消毒してから使用しましょう
保存ガラス容器
計量カップ・スプーン

 作り方 

  1. フレッシュハーブを使用する場合、ハーブを洗い、水気をしっかりとります。
  2. 密閉ガラス容器にハーブを入れ、酢を注ぎます。
  3. 蓋をして、直射日光の当たらない場所に2~3週間漬けておきます。ときどき瓶を上下にゆらして、中身を混ぜる合わせます。
  4. 茶こしでこしてハーブを取り除きます。

 使い方 

1カップのハーブビネガ―を浴槽のお湯に注ぎ、入浴します。

 保存方法 

3ヶ月ほど保存可能です。

美肌を作るハーブの入浴剤

かぐわしい香りのお風呂で、日ごろのストレスを解消しましょう。

バラとラベンダーのインフュージョンの入浴剤

優雅な香りのバラと、癒し効果で知られるラベンダーの入浴剤は、疲れた心身をリラックスさせるだけでなく、乾燥肌と傷んだ肌の改善も期待できます。

バラとラベンダーの手作り入浴剤でリラックスして美肌に
モロッコはバラの産地。かぐわしいバラとラベンダーの入浴剤は、心身をリラックスさせ、美肌作りも。ドライハーブを煎じるだけ。バラは保湿効果が高く、ラベンダーは皮膚細胞を引き締める作用があります。お風呂は免疫力を高める働きでも知られています。

3つのハーブの入浴剤で血行を促進して冷え性を改善

赤ブドウの葉とバラの花びら(ローズレッドペタル)、ペパーミントのハーブ入浴は、血行を促進し、心身の元気を回復する効果が期待できます。

ドライハーブをお茶パックに入れた、簡単な手作り入浴剤です。

 このレシピの材料 

赤ブドウの葉 … 大さじ1
バラの花びら … 大さじ
ペパーミント … 大さじ1

所要時間:10分  保存期間:1日

 保存容器と用具 

計量カップ・スプーン
ティーバッグ用の不織布

 作り方 

  1. 赤ブドウの葉、ビターオレンジの葉、バラの花びら、ペパーミントを混ぜ合わせます。
  2. これをティーバッグ用の不織布など綿の小さな袋に詰めます。

 使い方 

お湯を張った浴槽に浮かべます。
入浴中、ハーブが入った袋で身体をポンポンたたくようにマッサージします。

 保存方法 

1日で使い切りましょう。

アルガンオイルとハーブのお風呂でリンパの流れを良く

ラベンダーとローズマリー、アルガンオイルは、血行を良くする作用があるといわれています。ハーブの香りでリラックスし、アルガンオイルで肌がしっとり。たまった疲労を解消する入浴剤です。

アルガンオイルとハーブの手作り入浴剤で血行を促進
血行を促進し、疲れを癒して免疫力を高める効果が期待できるモロッコの入浴剤の作り方。ラベンダーとローズマリー、アルガンオイルは、血行を良くする作用があるといわれています。ラベンダーとローズマリーの香りでリラックスし、アルガンオイルで肌がしっとり。

牛乳やオートミールも入浴剤に

牛乳やオートミールの入浴剤はスキンケア効果が期待できます。

クレオパトラも愛用の牛乳風呂

入浴はストレスや不安を緩和し、快眠の効果も期待できます。

古代エジプトのクレオパトラはモロッコ美容の祖
古代エジプトのナチュラルな伝統の美容法は、モロッコ美容の原点。美貌の王妃クレオパトラは若々しい姿をキープするのに、スイートアーモンドやオリーブのオイルに芳香ハーブを加えた香油でお手入れ。こうした香りのオイルはアロマテラピーの起源といえます。

米ぬかとオートミールの手作り入浴剤で潤い肌に

米ぬかオートミールをミックスした入浴剤は、しっとり肌に仕上げます。

米ぬか(大さじ2)とオートミール(大さじ2)をティーバッグ用の不織布かモスリンなど綿の袋に入れて、浴槽に浮かべるだけです。

 

 

こちらもチェック
アルガンオイルとガスールの手作り全身スクラブ&パック
美容大国モロッコの頭のてっぺんから足の爪先までキレイになるボディケアの紹介。アルガンオイル、アーモンドプードル、オートミールなどを材料にした手作りスクラブで古い角質を除去。全身パックで疲労を癒して元気回復。気になるお腹のシワやシミ対策も。

モロッコ美容の手作りコスメ・ボディケアのレシピ一覧