アルガンオイルやガスールを使った手作りスクラブとパックで全身美肌に

モロッコ美容は、顔や髪だけでなく、ボディケアが重要で、頭のてっぺんから足の爪先までキレイになるのが基本です。

モロッコにも垢すり手袋があり、ハマム(蒸気風呂)などでせっせと垢すりにはげむ女性たちを見かけます。

ストレス解消と美肌作りにモロッコの蒸気風呂ハマム気分を自宅で楽しむ
美容大国モロッコの蒸気風呂ハマムは日本の銭湯に近く、エステサロンを兼ねた心身の癒しの場です。心身をリラックスさせてストレスを緩和し、元気になるモロッコ流入浴法を紹介します。入浴後のボディケアにおすすめのハーブを使ったローションの作り方も。

垢すりは、古い角質を除去するだけでなく、血液循環を活発にし、心臓に供給する酸素量を増やす働きもあります。
さらに、発汗をうながし、毒素を排出してくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スクラブで古い角質を除去して全身美肌に

垢すり手袋ではなく、スクラブを使って角質などの汚れを落とすゴマージュという方法もボディケアのひとつ。

フランス語のゴマージュは、英語のスクラブのようなもの。

美肌効果もあるアルガンオイルも、ボディのゴマージュによく使われます。

肌も髪も健やかにアルガンオイルの効能と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
モロッコ手作りコスメの材料アルガンオイルの効能・効果と使い方を紹介します。アルガンオイルはアンチエイジングの理想的な美容オイル。抗酸化作用にすぐれ、保湿効果もばつぐん、肌にも髪にも使えます。オレイン酸やリノール酸が豊富で食べてもヘルシーに。

スパイシーなボディスクラブ

アーモンドパウダーはスクラブによく使われます。

アーモンドから抽出されたスイートアーモンドオイルは、保湿、栄養補給、鎮静の働きで知られ、特に敏感肌に適しています。

美容効果の高いアーモンドのミルクとパウダーの手作りコスメでなめらか肌に
美容大国モロッコの手作りコスメ、アーモンドのミルクとパウダーを材料にしたクレンジングやパックを紹介します。アーモンドは炎症やかゆみを癒し、保湿効果も期待できます。ガスールや牛乳を加えたパックに。健康ドリンクのアーモンドミルクの簡単な作り方も。

アーモンドパウダーやオートミールに、クローブやナツメグなどのスパイスをミックスしたボディスクラブです。

クローブ:乾燥を防いで肌を潤し髪を元気に
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。クローブには強力な殺菌力があり、鎮痛作用もすぐれ、特に歯痛を鎮めます。口臭防止、口腔の炎症や口内炎に有効です。肌の乾燥を防ぎ、皮膚炎や吹き出物を解消し、髪をいきいき元気にする効果も。
ローズ:美肌と癒し効果にすぐれた「花の女王」
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。繊細な香りのバラは美容効果も高く、収れん作用があり、敏感肌や傷んだ肌に適しています。保湿効果が高く、きめの細かい美肌を作ります。バラを漬けて作ったリッチなハーブオイルは入浴後のお手入れに。
ナツメグ:若々しいツヤ肌としなやか髪をキープ
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ナツメグには抗酸化作用があり、皮膚の老化を遅くするといわれています。殺菌力と収れん作用にすぐれ、肌を清らかにし、毛穴を引き締めます。ヘアケアにも適していて、髪を強く丈夫にし、なめらかに。

エキゾチックな香りに包まれて、心身ともに癒されてリフレッシュできます。

 このレシピの材料 

アーモンドパウダー … 大さじ2
オートミール … 小さじ1
柑橘系の果皮の粉 … 小さじ1
クローブの粉 … 小さじ1
バラの花びら … 小さじ1
ナツメグの粉 … 小さじ1
スイートアーモンドオイル … 大さじ2

所要時間:30分  保存期間:1日

 保存容器と用具 

ボウル(小)
計量スプーン

 作り方 

  1. 柑橘系の果皮、オートミール、バラの花びら(ローズレッドペタル)は粉末にしておきます。
  2. ボウルにすべての材料を入れ、混ぜ合わせます。

 使い方 

  1. 身体を洗った後に、やさしくマッサージしながら、古い角質を落とします。
  2. 終わったら、シャワーで流します。

 保存方法 

1回で使い切りましょう。

レモンのシュガースクラブ

キッチンにある食材を使った、気軽なボディケアです。

砂糖とレモンのレモネードのようなスクラブは、ざらつく古い角質を取り除き、すべすべな肌をよみがえらせる働きが期待できます。

 このレシピの材料 

砂糖 … 大さじ2~3
レモン汁 … 大さじ1
水 … 大さじ1

所要時間:20分  保存期間:1日

 保存容器と用具 

ボウル(小)
計量スプーン

 作り方 

  1. レモン汁を用意します。
  2. ボウルに砂糖とレモン汁を入れ、混ぜ合わせます。
  3. 水を注ぎながら混ぜ、固さを調整します。

 使い方 

全身をやさしくマッサージします。

 保存方法 

1回で使い切りましょう。

オレンジピールのスクラブ

アルガンオイルにオレンジピールとシナモン、死海の塩を混ぜたスクラブです。

電子書籍『モロッコ美容 1日使い切り手作りコスメ アルガンオイルとガスールの使い方』で紹介

アルガンオイルやガスールの全身パックで美肌を極める

モロッコ女性と美容の話になると、必ずといっていいほど全身パックが出てきます。

垢すり、スクラブやゴマージュの後は全身パック。

彼女たちにとって、全身パックは日常的なお手入れのようです。

パック剤としては、ヘナ(ヘンナ)やガスールに、ローズウォーターやオレンジフラワーウォーターなどのフラワーウォーター、オイルなどを加えたものがポピュラーです。

肌と髪にうるおいを与えるガスールの使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
粘土(クレイ)ガスールはモロッコ美容の手作り化粧品に欠かせない素材。ガスールの効能・効果と手作りパックを紹介します。洗浄作用があるガスールはシャンプーとして使われる他、マグネシウムなどミネラルが豊富で、肌に浸透して潤いのある美肌を作ります。
ヘアカラーだけじゃないヘナの美容効果と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
タトゥーや髪染めで知られるヘナは、モロッコ手作り化粧品の材料として欠かせません。肌を引き締め、弾力を与えるスキンケアがあり、紫外線から肌を保護して日焼けを防ぐ作用も。ニキビや湿疹、足のひび割れ、頭痛や潰瘍などを治す医薬品としても使わてます。
ローズウォーターの美容効果と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
美容効果が高く、手作り化粧品の素材として欠かせないローズウォーターの効能と使い方の紹介です。モロッコはバラの生産地。ローズウォーターは日常的によく使われます。水分のバランスを整え、潤いのある肌に。シワ予防などエイジングエアにも適しています。
オレンジフラワーウォーターの美容効果と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
モロッコ美容の手作りコスメの素材オレンジフラワーウォーターを紹介します。ビターオレンジの花を蒸留した際にできるオレンジフラワーウォーターは、シワを薄くし、抜け毛を防ぐなどの効果があります。幸運を引き寄せるといわれ、お菓子や料理にも使われます。

先日会った女性は、「ヘンナとクローブ、オリーブを混ぜて全身パックにする」と教えてくれました。

クローブ:乾燥を防いで肌を潤し髪を元気に
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。クローブには強力な殺菌力があり、鎮痛作用もすぐれ、特に歯痛を鎮めます。口臭防止、口腔の炎症や口内炎に有効です。肌の乾燥を防ぎ、皮膚炎や吹き出物を解消し、髪をいきいき元気にする効果も。
オリーブ:健康にも美容にもうれしいオイル
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。オリーブの葉には殺菌作用があり、傷口の消毒に。オリーブオイルはオレイン酸やリノール酸といった不飽和脂肪酸、ビタミン、ミネラル、スクワランを含み、皮膚細胞の再生を活性化し、血液の循環を改善。

このヘンナとクローブのパックは、子宮の強壮に効果があるとか。
足の裏にたっぷりつけ、しばらくおくといいそうです。

妊娠線やお腹のシワやシミもしっかりケアを。

アルガンオイルの全身パック

アルガンオイルを全身にぬり、30分そのままにして、シャワーで流します。
シャワー前のパックなので、ベタベタが苦手な人にもおすすめです。

スイートアーモンドオイルとブレンドしてもOK。

アルガンオイルとスイートアーモンドオイルを同量、ガラス瓶に入れて混ぜ合わせます。
入浴前に全身にぬり、30分そのままにして、シャワーで流します。

肌も髪も健やかにアルガンオイルの効能と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
モロッコ手作りコスメの材料アルガンオイルの効能・効果と使い方を紹介します。アルガンオイルはアンチエイジングの理想的な美容オイル。抗酸化作用にすぐれ、保湿効果もばつぐん、肌にも髪にも使えます。オレイン酸やリノール酸が豊富で食べてもヘルシーに。

お腹のシワにアボカドとアルガンオイルのパック

電子書籍『モロッコ美容 1日使い切り手作りコスメ アルガンオイルとガスールの使い方』で紹介

お腹のシワ対策のバラの花びらオイル

お腹のシワを解消する、バラの花びら(ローズレッドペタル)とスイートアーモンドオイル、サンダルウッドのマッサージオイルです。

ローズ:美肌と癒し効果にすぐれた「花の女王」
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。繊細な香りのバラは美容効果も高く、収れん作用があり、敏感肌や傷んだ肌に適しています。保湿効果が高く、きめの細かい美肌を作ります。バラを漬けて作ったリッチなハーブオイルは入浴後のお手入れに。

サンダルウッドの精油は、保湿作用があるといわれています。

疲れを解消し、元気に回復する効果も期待できます。

 このレシピの材料 

バラの花びら … 大さじ1
熱湯 … 少量
スイートアーモンドオイル … 大さじ2
サンダルウッドの精油 … 1滴

所要時間:20分  保存期間:1日

 保存容器と用具 

ボウル(小)
計量スプーン

 作り方 

  1. ボウルにバラの花びらを入れ、少量の熱湯を注ぎ、柔らかくします。
  2. 別のボウルにスイートアーモンドオイルを入れ、サンダルウッドの精油を加えて混ぜます。
  3. バラの花びらとスイートアーモンドオイルを混ぜ合わせます。

 使い方 

  1. 手のひらにオイルをとり、手を強くこすって、オイルを温めます。
  2. オイルをお腹につけ、円を描くようにマッサージします。

 保存方法 

1回で使い切りましょう。

 

 

こちらもチェック
黒オリーブが主原料のモロッコのサボンノワール
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの伝統的なサボンノワール(黒石けん)を材料にしたスキンケアを紹介。オリーブオイルと黒オリーブの実が主原料のクリーム状石けんは、ヨーロッパで注目されています。垢すり、ガスールパック、全身パックなど。