ストレス解消と美肌作りにモロッコの蒸気風呂ハマム気分を自宅で楽しむ

いつも何気なく入っているお風呂には、免疫力を高める働きがあるといいます。

湯船に浸かり、体内温度が上がることで、免疫機能が向上すると報告されています。

また、蒸気が鼻や喉の粘膜についたウイルスなどを弱める効果も期待できます。

入浴はストレスを緩和し、快眠を促すのにも役立ちます。

不安や自粛ムードが広がるなか、自宅で入浴を楽しみながら、免疫力を上げて元気になれたらいいですよね。

そこで、紹介したいのが、モロッコのお風呂術。

モロッコでは、ハマムという蒸気風呂がよく知られています。ハマムは日本の銭湯に似た公衆浴場。女性はここをエステサロンのように利用します。

旅行も制限されているいま、ちょっとした工夫で、自宅でもハマム気分を体感できますよ。

注意:あくまで感染前の予防策としての情報です。感染の疑いがある場合は、医師にご相談ください。

「新型コロナウイルス感染症に備えて ~一人ひとりができる対策を知っておこう~」(首相官邸HP)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハマムは癒しのエステサロン

お風呂場“エステサロン”の歴史は古く、古代エジプト時代には、「花や果実を浮かべたお湯で入浴し、灰や粘土で体を洗い、植物エキスを加えたオイルでマッサージをする」といった入浴美容がありました。

古代エジプトのクレオパトラはモロッコ美容の祖
古代エジプトのナチュラルな伝統の美容法は、モロッコ美容の原点。美貌の王妃クレオパトラは若々しい姿をキープするのに、スイートアーモンドやオリーブのオイルに芳香ハーブを加えた香油でお手入れ。こうした香りのオイルはアロマテラピーの起源といえます。

古代ギリシャでも、芳香植物を使ったオイルマッサージなどの入浴時のお手入れは行われていたそうです。

それを進展させたのが、ローマ帝国。

映画「テルマエ・ロマエ」で描かれていたように、古代ローマで娯楽的な公衆浴場文化が発達したのです。

その入浴文化を独自に進化させたのが、アラブ地域に定着している蒸気風呂ハマムです。

ハマム文化が盛んなモロッコは、その昔、ローマ帝国の領地でした。
いまでも国内には遺跡が残り、首都ラバトのサラにその面影を見ることができます。

むきだしになったフォラム(公共広場)の土台や、商店だったというアーチ型に装飾した建物、神殿跡やメイン道路などが残存しています。

イスラム世界では、都市の建設時に公衆浴場ハマムが必ず建てられ、ハマムの数がその都市の繁栄の証明でした。

ただ、ハマム文化がイスラム圏全域にそのまま残っているわけではないようです。

日本に来日したイラクの女性を「温泉」に誘った際、「お風呂は子どものときからひとりで入る。他人と一緒なんて~」と戸惑っていたので…。

モロッコのハマムは、ワイワイにぎやかで笑いが絶えず、日本の銭湯や温泉の風景にそっくり。

ハマムには、垢すりやマッサージ、キャラメル脱毛(シュガーワックス)などのプロ(エステティシャン)がいて、しっかりお手入れしてもらえます。

肌に優しい砂糖とレモンで作るシュガーワックス【モロッコ美容の手作りコスメ】
砂糖とレモン、はちみつの手軽な材料でできるシュガーワックスの作り方と使い方を紹介します。キャラメル状の脱毛剤はクレオパトラも行っていたというお手入れ。モロッコの脱毛法で蒸気風呂ハマムには専門のエステティシャンも。甘い香りの肌に優しい脱毛法です。

マッサージという言葉は、「触れる、触診する」を意味するアラブ語「massah」に由来します。

マッサージに関する最初の学問的文献が登場したのは、紀元前3000年の中国。
また、紀元前2200年にエジプト王の墓に、髪をふり乱して足をマッサージする司教が描かれています。

血液循環を改善し、動脈の緊張を緩和し、幸福感を与えるエンドルフィンを放出する、といったマッサージの効果は、太古の昔から、知られていました。

日本で子どもがお母さんの肩たたきをするように、アラブでも、子どもが祖父母をマッサージしたりするそうです。

モロッコの伝統的なマッサージは、セサミオイルかアルガンオイルを手のひらで少し温め、それを全身にこすりつけるところからはじまります。

肌も髪も健やかにアルガンオイルの効能と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
モロッコ手作りコスメの材料アルガンオイルの効能・効果と使い方を紹介します。アルガンオイルはアンチエイジングの理想的な美容オイル。抗酸化作用にすぐれ、保湿効果もばつぐん、肌にも髪にも使えます。オレイン酸やリノール酸が豊富で食べてもヘルシーに。

長くゆっくりした動きが、次第に短かくなり、揉んだり、押したりの動作に移行します。

西洋のなでるようなマッサージと違い、アラブのマッサージは力強く、まさに日本人好みです。

女性たちがハマムに持参するのは、黒石けん、ガスール、ヘナ(ヘンナ)、アルガンオイル、垢すりミトンなどなど。
これらをタッサ(桶)に入れて出かけます。

黒オリーブが主原料のモロッコのサボンノワール
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの伝統的なサボンノワール(黒石けん)を材料にしたスキンケアを紹介。オリーブオイルと黒オリーブの実が主原料のクリーム状石けんは、ヨーロッパで注目されています。垢すり、ガスールパック、全身パックなど。
肌と髪にうるおいを与えるガスールの使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
粘土(クレイ)ガスールはモロッコ美容の手作り化粧品に欠かせない素材。ガスールの効能・効果と手作りパックを紹介します。洗浄作用があるガスールはシャンプーとして使われる他、マグネシウムなどミネラルが豊富で、肌に浸透して潤いのある美肌を作ります。
ヘアカラーだけじゃないヘナの美容効果と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
タトゥーや髪染めで知られるヘナは、モロッコ手作り化粧品の材料として欠かせません。肌を引き締め、弾力を与えるスキンケアがあり、紫外線から肌を保護して日焼けを防ぐ作用も。ニキビや湿疹、足のひび割れ、頭痛や潰瘍などを治す医薬品としても使わてます。

写真はモロッコで買った、垢すりミトンと軽石、黒石けん、ガスールです。

ハーブのモロッコ手作りフットケアでかかとの角質とムレ・臭いを除去
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。セージ、ローズマリー、タイムなどのハーブを材料にした、角質除去と臭い対策の自然派フットケアの紹介です。軽石で古い角質を取り除き、アルガンオイルでしっとり。ヘンナとオリーブオイルで足裏をなめらかに。

家庭の浴室でモロッコのハマム体験

浴室をキャンドルでともし、エッセンシャルオイル入りの入浴剤を加えると、異国情緒ムード満点!

ぬるめのお湯でゆっくり半身浴し、毛穴が開いたら、垢すりミトンで全身垢すり。
汚れを流したら、石けんで洗います。

次はガスールの全身パック。その後は香りのオイルでマッサージを。
ハマムのフルコースは2~3時間ほどかかりますが、メニューはお好みで組み合わせましょう。

全部やらなくちゃ、と気合を入れすぎないのが、ハマムを楽しむ秘訣です。

また、お風呂は入浴剤を使うことで、効果がさらに高まります。

ハーブや食材で作る手作り入浴剤は、心身をリラックスさせるだけでなく、スキンケア効果も期待できます。

ハーブやオートミールの手作り入浴剤で心身をリラックスして潤いのある肌に
美容大国モロッコの手作りコスメ、入浴剤の作り方です。心身の疲労を癒し、血行を促進するなどの働きがあるハーブを使った入浴剤。ハーブを酢に漬けたハーブビネガーはリラックスおよび肌をなめらかにする効果が期待できます。オートミールと米ぬかの入浴剤も。

入浴後はハーブのボディケア

入浴後は、香りのいいボディローションを。快い睡眠につながります。

上がり湯に使うバラの香りのボディリンス

バラの花びら(ローズレッドペタル)をスイートアーモンドオイルに漬けたインフューズドオイルをボディリンスとして使います。

ローズ:美肌と癒し効果にすぐれた「花の女王」
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。繊細な香りのバラは美容効果も高く、収れん作用があり、敏感肌や傷んだ肌に適しています。保湿効果が高く、きめの細かい美肌を作ります。バラを漬けて作ったリッチなハーブオイルは入浴後のお手入れに。
美容効果の高いアーモンドのミルクとパウダーの手作りコスメでなめらか肌に
美容大国モロッコの手作りコスメ、アーモンドのミルクとパウダーを材料にしたクレンジングやパックを紹介します。アーモンドは炎症やかゆみを癒し、保湿効果も期待できます。ガスールや牛乳を加えたパックに。健康ドリンクのアーモンドミルクの簡単な作り方も。

薫り高いボディリンスは、心と身体をリラックスする効果も期待できます。

 このレシピの材料 

バラの花びら(ローズレッドペタル) … 10g
スイートアーモンドオイル … 100ml

所要時間:20分+2週間  保存期間:3~6ヶ月

 保存容器と用具 

計量器
密閉ガラス容器(100ml以上)  ※ガラス瓶は煮沸消毒してから使用しましょう
保存用遮光ガラス容器(100ml以上)

 作り方 

  1. 煮沸消毒した密閉ガラス容器にローズレッドペタルを入れます。
  2. スイートアーモンドオイルをハーブより1~2㎝上のラインまで注ぎ、蓋をします。
  3. 日当たりのいい窓辺などにおき、2週間ほど漬けます。ときどき瓶を上下して、混ぜ合わせます。
  4. ガーゼなどで花びらを取り除き、保存遮光ガラス容器にうつします。

 使い方 

入浴後、上がり湯にこのオイルを小さじ2ほど入れ、全身にかけます。

 保存方法 

冷暗所で約3~6ヶ月程度、保存可能です。なるべく早く使いきりましょう。

疲れを癒すバラとオレンジ花のボディローション

ローズレッドペタル(バラの花びら)かオレンジフラワーのインフュージョン(浸剤)に酢を加えたボディローションです。

乾燥した肌をうるおすだけでなく、疲れやストレスも癒す効果が期待できます。

インフュージョンの代わりに、ローズウォーターかオレンジフラワーウォーターを使うこともできます。

ローズウォーターの美容効果と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
美容効果が高く、手作り化粧品の素材として欠かせないローズウォーターの効能と使い方の紹介です。モロッコはバラの生産地。ローズウォーターは日常的によく使われます。水分のバランスを整え、潤いのある肌に。シワ予防などエイジングエアにも適しています。
オレンジフラワーウォーターの美容効果と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
モロッコ美容の手作りコスメの素材オレンジフラワーウォーターを紹介します。ビターオレンジの花を蒸留した際にできるオレンジフラワーウォーターは、シワを薄くし、抜け毛を防ぐなどの効果があります。幸運を引き寄せるといわれ、お菓子や料理にも使われます。

バラの香りは明るい気持ちを取り戻す働きがあるといわれ、オレンジフラワーは心身をリラックスさせる作用で知られます。

どちらの花も、加齢肌や敏感肌に適していて、傷んだ肌を修復し、シワを薄くするといったスキンケア効果が期待できます。

お風呂上りに全身にたっぷりつけたり、スプレー容器に入れて気分転換にシュッとひと吹き。

やさしい気持ちになるボディローションです。

 このレシピの材料 

バラの花びら or オレンジの花 … 2g
水 … 150ml
酢 … 20ml

※ドライハーブをミネラルウォーターで煎じる代わりに、ローズウォーターかオレンジフラワーウォーター(100ml)を使うこともできます

所要時間:20分+1時間  保存期間:1週間

 保存容器と用具 

計量器
ティーポット
茶こし
保存容器(500ml用) ※アルコール消毒してから使用しましょう

※ティーバッグ用の不織布に入れて抽出すると、茶こしを使わなくていいので楽です。

 作り方 

  1. ティーポットにローズマリーかオレンジフラワーを入れ、熱湯を注ぎます。
  2. 蓋をして、1時間そのままにします。
  3. 茶こしでこし、保存容器ににうつします。
  4. 酢を加え、よく混ぜます。

 保存方法 

冷蔵庫で1週間ほど保存可能です。

 

 

こちらもチェック
足のむくみや疲れの解消にハーブを使ったモロッコ美容の手作りフットケア
美しい足のお手入れを大切にする美容大国モロッコのフットケアの紹介です。ローリエ、赤ブドウ葉、マシュマロウなどのハーブを材料にした、足の疲れやむくみに効く足浴は全身のリラックス効果も。ヘナやミントティーのマッサージも疲れた足の元気を回復させます。
モロッコ美容ボディケアでリラックス&ツル肌!死海の塩の効能と使い方
美容大国モロッコの手作りコスメのレシピ。世界のセレブやモデルに人気の死海の塩と泥パックを材料にした、スキンケアの紹介です。疲れがとれて心身がリラックスするバスソルト。汚れ落とし、血行促進、シワの軽減する死海の泥パックでシルクのように肌に。