モロッコの蒸気風呂ハマムは至福のエステサロン

モロッコの蒸気風呂ハマムは銭湯に似た公衆浴場で、女性たちはここをエステサロンとして活用します。

お風呂場“エステサロン”の歴史は古く、古代エジプト時代には、「花や果実を浮かべたお湯で入浴し、灰や粘土で体を洗い、植物エキスを加えたオイルでマッサージをする」といった入浴美容がありました。

古代エジプトのクレオパトラはモロッコ美容の祖
古代エジプトのナチュラルな伝統の美容法は、モロッコ美容の原点。美貌の王妃クレオパトラは若々しい姿をキープするのに、スイートアーモンドやオリーブのオイルに芳香ハーブを加えた香油でお手入れ。こうした香りのオイルはアロマテラピーの起源といえます。

古代ギリシャでも、芳香植物を使ったオイルマッサージなどの入浴時のお手入れは行われていたそうです。

それを進展させたのが、ローマ帝国。

映画「テルマエ・ロマエ」で描かれていたように、古代ローマで娯楽的な公衆浴場文化が発達したのです。

その入浴文化を独自に進化させたのが、アラブ地域に定着している蒸気風呂ハマムです。

ハマム文化が盛んなモロッコは、その昔、ローマ帝国の領地でした。
いまでも国内には遺跡が残り、首都ラバトのサラにその面影を見ることができます。

むきだしになったフォラム(公共広場)の土台や、商店だったというアーチ型に装飾した建物、神殿跡やメイン道路などが残存しています。

イスラム世界では、都市の建設時に公衆浴場ハマムが必ず建てられ、ハマムの数がその都市の繁栄の証明でした。

ただ、ハマム文化がイスラム圏全域にそのまま残っているわけではないようです。

日本に来日したイラクの女性を「温泉」に誘った際、「お風呂は子どものときからひとりで入る。他人と一緒なんて~」と戸惑っていたので…。

モロッコのハマムは、ワイワイにぎやかで笑いが絶えず、日本の銭湯や温泉の風景にそっくり。

ハマムには、垢すりやマッサージ、キャラメル脱毛(シュガーワックス)などのプロ(エステティシャン)がいて、しっかりお手入れしてもらえます。

肌に優しい砂糖とレモンで作るシュガーワックス
砂糖とレモン、はちみつの手軽な材料でできるシュガーワックスの作り方と使い方を紹介します。キャラメル状の脱毛剤はクレオパトラも行っていたというお手入れ。モロッコの脱毛法で蒸気風呂ハマムには専門のエステティシャンも。甘い香りの肌に優しい脱毛法です。

マッサージという言葉は、「触れる、触診する」を意味するアラブ語「massah」に由来します。

マッサージに関する最初の学問的文献が登場したのは、紀元前3000年の中国。
また、紀元前2200年にエジプト王の墓に、髪をふり乱して足をマッサージする司教が描かれています。

血液循環を改善し、動脈の緊張を緩和し、幸福感を与えるエンドルフィンを放出する、といったマッサージの効果は、太古の昔から、知られていました。

日本で子どもがお母さんの肩たたきをするように、アラブでも、子どもが祖父母をマッサージしたりするそうです。

モロッコの伝統的なマッサージは、セサミオイルかアルガンオイルを手のひらで少し温め、それを全身にこすりつけるところからはじまります。

アルガンオイルとは?肌にも髪にもすごい効果
モロッコ手作りコスメの材料アルガンオイルの効能・効果と使い方を紹介します。アルガンオイルはアンチエイジングの理想的な美容オイル。抗酸化作用にすぐれ、保湿効果もばつぐん、肌にも髪にも使えます。オレイン酸やリノール酸が豊富で食べてもヘルシーに。

長くゆっくりした動きが、次第に短かくなり、揉んだり、押したりの動作に移行します。

西洋のなでるようなマッサージと違い、アラブのマッサージは力強く、まさに日本人好みです。

女性たちがハマムに持参するのは、黒石けん、ガスール、ヘナ(ヘンナ)、アルガンオイル、垢すりミトンなどなど。
これらをタッサ(桶)に入れて出かけます。

黒オリーブが主原料のモロッコのサボンノワール
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの伝統的なサボンノワール(黒石けん)を材料にしたスキンケアを紹介。オリーブオイルと黒オリーブの実が主原料のクリーム状石けんは、ヨーロッパで注目されています。垢すり、ガスールパック、全身パックなど。
モロッコの粘土ガスールでしっとり潤い肌に
粘土(クレイ)ガスールはモロッコ美容の手作り化粧品に欠かせない素材。ガスールの効能・効果と手作りパックを紹介します。洗浄作用があるガスールはシャンプーとして使われる他、マグネシウムなどミネラルが豊富で、肌に浸透して潤いのある美肌を作ります。
タトゥーや髪染めのヘナには美肌効果や薬効も
タトゥーや髪染めで知られるヘナは、モロッコ手作り化粧品の材料として欠かせません。肌を引き締め、弾力を与えるスキンケアがあり、紫外線から肌を保護して日焼けを防ぐ作用も。ニキビや湿疹、足のひび割れ、頭痛や潰瘍などを治す医薬品としても使わてます。

写真はモロッコで買った、垢すりミトンと軽石、黒石けん、ガスールです。

ハーブのフットケアでかかとの角質と臭いを除去
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。セージ、ローズマリー、タイムなどのハーブを材料にした、角質除去と臭い対策の自然派フットケアの紹介です。軽石で古い角質を取り除き、アルガンオイルでしっとり。ヘンナとオリーブオイルで足裏をなめらかに。

家庭の浴室でも、モロッコのハマム体験ができますよ。

浴室をキャンドルでともし、エッセンシャルオイル入りの入浴剤を加えると、異国情緒ムード満点!

ぬるめのお湯でゆっくり半身浴し、毛穴が開いたら、垢すりミトンで全身垢すり。
汚れを流したら、石けんで洗います。

次はガスールの全身パック。その後は香りのオイルでマッサージを。
ハマムのフルコースは2~3時間ほどかかりますが、メニューはお好みで組み合わせましょう。

全部やらなくちゃ、と気合を入れすぎないのが、ハマムを楽しむ秘訣です。

 

こちらもチェック!

おうち時間を楽しむモロッコ美容!癒しのお風呂
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。牛乳やはちみつ、ハーブを材料にした不安や自粛ムードが広がるなか、自宅で入浴を楽しみながら、ストレスを緩和し、免疫力を上げて元気に。モロッコの蒸気風呂ハマム、ハーブや食材で作る手作り入浴剤を紹介します。心身をリラックスさせるだけでなく、スキンケア効果も期待できる入浴法です。