イスラム庭園3:アルカサバ(マラガ)

マラガの小高い丘にそびえる、ひときわ目立つ巨大な建物アルカサバ。アドリアナ広場から階段を上り城、イスラム美術館となっている城へ。途中にローマ時代の劇場跡はあるが、庭園はない。それでも、深い緑とブーゲンビレアの赤い花が砂色の城壁映え、みごとな景観。

イスラム式庭園8:バフィア宮殿(マラケシュ)

芸術の発展に力を注いだアラウィー朝は、19世紀末建造のマラケシュのバフィア宮殿をはじめ、多くの豪勢な建築物を造り、そのほとんどすべてが保存されています。華麗な建物とは対照的に、庭園のトーンは抑え目。植物の種類は豊富でも、華美な花は避けてあります。

モロッコ雑貨で人気の伝統的な色鮮やかな陶器

モロッコの陶器の歴史は古く、職人は高いプライドを持っているそうです。ラバト近郊サレのウリヤ工芸センター(le Centre d'Oulja)には、食卓に彩りを添える可愛い食器をはじめ、さまざまな工芸品が並びます。陶器は地域ごとにスタイルが違います。

イスラム庭園1:パティオ祭り (コルドバ)

5月初めに開催されるスペイン・コルドバのパティオ祭りは、優秀な中庭を選ぶコンクール。エントリーした家庭の中庭が一般公開され、観光客もたくさん訪れる人気のイベント。アンダルシアに中庭を伝えたのはローマ人といわれ、イスラム文明の影響も受けています。

イスラム庭園2:サラ遺跡(ラバト)

植物が勝手気ままに茂っているようだが、サラ遺跡はモロッコの国立公園。古代ローマの都市国家は、モロッコの首都ラバトのサラ遺跡にその面影をとどめています。フォラム(公共広場)の土台、アーチ型に装飾した商店、神殿跡やメイン道路なども残存します。

イスラム庭園4:ザフラー宮殿(コルドバ)

コルドバから西へ13キロメートルのところあるザフラー宮殿。アブド・アッラフマーン3世により建設され、後ウマイヤ朝の最高傑作といわれています。白い大理石の壁に花びらを模して嵌め込んだ赤い大理石、複雑に絡み合う唐草模様の浮彫など優麗な装飾です。

イスラム庭園5:シェラ(モロッコ・ラバト)

深緑の中に浮かぶ古色を帯びた大理石とタイルの塔。アブー・ハッサン王が建てたミナレットは、モロッコの美しい建造物のひとつ。階段を降り、小道に沿って、静かな谷を下っていくと、道の両脇には、バラ、いちじく、オリーブ、バナナの木が密生しています。

イスラム庭園6:アルハンブラ宮殿(グラナダ)

アラビアンナイトの幻想の庭園は、アルハンブラ宮殿に実存しています。どの位置からも草木が目に入り、いかに庭園と親密な関係だったかがよくわかります。麗しいアーチ型の窓が外の美景と調和し、一枚の絵のよう。イスラム建築では自然は重要な要素なのです。

イスラム庭園7:アルバイシン(グラナダ)

アルハンブラ宮殿の北に広がるアルバイシン。窓辺いっぱいに飾られた鉢植え。白い壁にはブルーに彩色されたタイルや絵皿。アルバイシンに並ぶ家は、どれもデコレーションに工夫が凝らしてあり、垣根ごしに見える藤の花や梅花うつぎなど、見て歩くのが楽しい。

イスラム庭園9:オスキュラ&アロンソ(マラガ)

マリーナ広場から海沿いに続く緑あふれる公園通りと、アルカサルのそびえる小高い丘の間に位置するのが、プエルタ・オスキュラ&ペドロ・ルイス・アロンソ庭園。たくさんの種類の植物が育ち、樹木の深い緑がとても印象的です。公園は夜遅くまで人々でにぎわいます。