ラベンダー:オイリーヘアを美しく保つリンスに

ラベンダーは、エジプト、古代ギリシャ、古代ローマでもすでに、入浴をはじめ、さまざまな目的で使用されていました。

皮膚を洗浄し、毛穴の汚れを落とし、皮膚細胞を引き締める働きがあり、特にオイリー肌やニキビ肌、ノーマル肌に向いています。

モロッコ美容の手作り牛乳クレンジングで毛穴汚れすっきりツル肌に
美容大国モロッコの手作りコスメ、牛乳を使ったクレンジングの紹介です。牛乳に含まれるカゼインと酵素は、古い角質を取り除き、なめらかな肌をよみがえらせる効果が期待されます。バラやブルーマロウ、はちみつを加えた拭き取りローションでもっちり潤い肌に。
モロッコ秘伝のハーブとアルガンオイルの手作りガスールで潤いのある肌に
モロッコ美容の必須アイテムの粘土(クレイ)ガスールに、ラベンダーやローズマリーなどのハーブ、アルガンオイルを加えた手作りガスールの作り方です。保湿、乾燥防止、修復、毛穴の引きしめ、エイジングケアの効果が期待でき、しっとりなめらかな肌に。

オイリーヘアや傷んだ髪、フケ症のお手入れにもおすすめです。

傷んだ髪を美しく修復するハーブやはちみつのモロッコ手作りヘアパック
美容大国モロッコの手作りコスメ、パサつくダメージヘアを修復してツヤ髪にするヘアパックの作り方です。ハーブや天然素材を使ったナチュラルなお手入れ法。タイムのリンス、ヨーグルトや卵黄、はちみつ、アルガンオイルのパックなど。エイジングケアにも。
ハーブを使ったモロッコ美容の手作りコスメの頭皮ケアでフケの悩みは解決
フケを予防する美容大国モロッコのヘアケアの紹介です。ハーブは、頭皮の乾燥やベタつきを改善し、フケを防ぐ効果が期待できます。ローズマリーやネトル、ゴボウ、タマネチのリンスやトリートメント、ヘナとローリエのパックパックなど。傷んだ髪も元気に。

ラベンダーの浸剤(インフュージョン)は入浴剤としても利用できます。

ラベンダーのインフュージョン(浸剤)の作り方【ベタつく肌と髪に】
美容大国モロッコの手作りコスメ、ラベンダー浸剤の作り方です。ラベンダーは汚れを落として皮脂バランスを整え、皮膚細胞を引きしめる働きがあるハーブ。ラベンダー浸剤は、肌や髪の気になるテカリやベタつきを改善し、保湿する化粧水やリンスになります。

浸剤を入れた湯で入浴は、身体をリラックスさせ、元気にしてくれます。

ハーブやオートミールの手作り入浴剤で心身をリラックスして潤いのある肌に
美容大国モロッコの手作りコスメ、入浴剤の作り方です。心身の疲労を癒し、血行を促進するなどの働きがあるハーブを使った入浴剤。ハーブを酢に漬けたハーブビネガーはリラックスおよび肌をなめらかにする効果が期待できます。オートミールと米ぬかの入浴剤も。

ラベンダーの繊細な香りは人気で、石けん、クリーム、シャンプー、入浴剤などの香りづけにとてもよく使われます。

黒オリーブが主原料のモロッコのサボンノワール
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコの伝統的なサボンノワール(黒石けん)を材料にしたスキンケアを紹介。オリーブオイルと黒オリーブの実が主原料のクリーム状石けんは、ヨーロッパで注目されています。垢すり、ガスールパック、全身パックなど。

香水やオーデコロンとしても多くの人に好まれています。

ハーブやスパイスで心身を癒す手作り香水でモロッコの香りの楽しみ方をマスター
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。香り文化を大切にするモロッコの手作り香水の紹介です。バラやメリッサ、ローズマリー、タイムなどのハーブのオードトワレは癒し効果も。クローブ、ナツメグ、シナモンなどスパイシーな香水は、意識を覚醒させる働きが。

学名:Lavandula officinalis L.
科名:シソ科
使用部位:花
開花時期:6月~8月
収穫時期:夏、開花中



原産と生産地

地中海沿岸とフランスのプロヴァンスが原産だが、現在では世界中で栽培されている。石灰質の土地の日照時間の多い地域が生育に適している。

 

 

こちらもチェック
アロマテラピーで快適に!更年期の症状を改善する精油
精油のなかから、更年期の不快な症状を改善する10種類のエッセンシャルオイルを紹介します。アロマテラピーでは、月経不順やのぼせ、抑うつといった症状を緩和する症例も多くみられます。香りと薬効を最大限に利用し、心身を健やかに過ごすヒントです。
更年期の頭痛・むくみ・骨粗しょう症対策にハーブを
更年期の症状である頭痛や片頭痛、むくみを改善し、女性ホルモンの減少が原因の骨粗しょう症を予防するハーブ、ミネラルやビタミンを紹介します。不安感を軽減して、更年期を快適にのりきるヒントです。
介護アロマテラピー│暮らしのなかで香りを楽しむ
アロマテラピーを自然に取り入れるには、高齢者が日々行う家事のなかで、香りを習慣づける方法がおすすめです。洗濯のすすぎにラベンダーを加えたり、掃除やキッチン周りで香りを活用しましょう。失禁や加齢集などの消臭対策にも精油は活躍します。
介護アロマテラピー│”がんばりすぎない”ストレス解消法
介護が始まった頃は張り切ってがんばってしまいがちですが、肉体と精神に負担がかかります。気持を上手に切り替える手段として、アロマテラピーを取り入れてみましょう。元気を回復する、心を落ち着かせる、集中力を高めるときに役に立つ精油を紹介します。
介護アロマテラピー│体調を整えて介護者も健やかに
介護者は自分自身のことに手が回らなくなり、健康管理をおろそかになりがちです。体調に異変を感じたら、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。介護者に多くみられる、腰痛、肩こり、眼精疲労、筋肉痛、風邪などの症状を軽減するアロマテラピーを紹介。