ラベンダー:オイリーヘアを美しく保つリンスに

ラベンダーは、エジプト、古代ギリシャ、古代ローマでもすでに、入浴をはじめ、さまざまな目的で使用されていました。

皮膚を洗浄し、毛穴の汚れを落とし、皮膚細胞を引き締める働きがあり、特にオイリー肌やニキビ肌、ノーマル肌に向いています。

肌のテカりとベタつきにラベンダーのローション
気になるテカリやベタつきを改善する、美容大国モロッコの手作りコスメの紹介です。ラベンダーは毛穴の汚れを落とし、皮膚細胞を引きしめる働きがるといわれ、オイリー肌に向いています。皮脂をコントロールしてさっぱりさせ、しっかり保湿するローションです。
マスクでできるニキビ「マスクネ」のスキンケア
マスクの着用が日常化するなか、それが原因とみられる、ニキビや吹き出物「マスクネ」に悩む人が増えています。マスクによって起こる肌トラブルの改善や予防に役立つ対処法のひとつが、ハーブを使った適切なスキンケア。自宅でできるスキンケアを紹介します。
モロッコ秘伝!保湿力アップの手作りガスール
モロッコ美容に欠かせない粘土(クレイ)ガスールガスールに、ラベンダーやローズマリーなどのハーブ、アルガンオイルを加えた手作りガスールの作り方です。保湿、乾燥防止、修復、毛穴の引きしめ、エイジングケアの効果が期待でき、しっとりなめらかな肌に。

オイリーヘアや傷んだ髪、フケ症のお手入れにもおすすめです。

ラベンダーのリンスでベタつく髪と頭皮をサラり
モロッコ美容に学ぶベタつく髪のお手入れ法! 脂性の頭皮の汚れを落として皮脂バランスを整えるハーブのひとつ、ラベンダーの手作りリンスの紹介です。ラベンダーを煎じただけの簡単レシピ。シャンプーの後のリンスで軽やかなツヤ髪に。香りで心も癒されます。

ラベンダーの煎じ液は入浴剤としても利用できます。
煎じ液を入れた湯で入浴は、身体をリラックスさせ、元気にしてくれます。

リラックスと美肌に!バラとラベンダーの入浴剤
モロッコはバラの産地。かぐわしいバラとラベンダーの入浴剤は、心身をリラックスさせ、美肌作りも。ドライハーブを煎じるだけ。バラは保湿効果が高く、ラベンダーは皮膚細胞を引き締める作用があります。お風呂は免疫力を高めるといい、コロナ疲れの軽減にも。

ラベンダーの繊細な香りは人気で、石けん、クリーム、シャンプー、入浴剤などの香りづけにとてもよく使われます。
香水やオーデコロンとしても多くの人に好まれています。

ハーブとスパイスで楽しむモロッコ手作り香水
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。香り文化を大切にするモロッコの手作り香水の紹介です。バラやメリッサ、ローズマリー、タイムなどのハーブのオードトワレは癒し効果も。クローブ、ナツメグ、シナモンなどスパイシーな香水は、意識を覚醒させる働きが。

学名:Lavandula officinalis L.
科名:シソ科
使用部位:花
開花時期:6月~8月
収穫時期:夏、開花中



原産と生産地

地中海沿岸とフランスのプロヴァンスが原産だが、現在では世界中で栽培されている。石灰質の土地の日照時間の多い地域が生育に適している。