タイム:髪にコシと潤いを与えて抜け毛も防ぐ

タイムは料理にもよく使われる、日本でもおなじみのハーブですね。

爽やかな香りのタイムは、古代ローマ時代から入浴剤として使われていました。
湯船にタイム入れて入浴すると、疲れた筋肉をリフレッシュし、身体の器官が刺激されます。

美容業界でも、歯磨き粉、入浴剤、石けん、スプレー、肌用クリーム、髭剃り後用ローション、シャンプーなど、幅広く用いられています。

タイムの精油は、オードトワレや香水、その他さまざさまな製品に使われています。

強力な抗感染と殺菌作用で知られ、毛穴の汚れを落とし、肌を健やかに保ってくれます。

引き締めと鎮静効果もあり、ノーマル肌と敏感肌のスキンケアに適したハーブです。

また、タイムは髪にハリとコシ、ツヤと潤いを与え、頭皮を元気にして、抜け毛を防ぎます。

傷んだ髪を回復させるタイムオイルのヘアパック
タイムは傷んだ髪にハリとコシ、ツヤを与える効果があるといわれています。タイムをオリーブオイルに漬けて作るオイルのヘアパックは、頭皮を元気にし、輝く髪をよみがえらせるのに役立ちます。タイムオイルは、ヘアケアだけでなく、お料理にも利用できますよ!
ダメージヘアを元気にするタイムのヘアリンス
タイムは、髪のコシと潤いを与えるだけではなく、頭皮を元気にし、抜け毛も防ぎます。タイムの煎じ液は、シャンプー後のリンスとして使用します。1か月ほどつづけると、髪がみちがえるほど元気に美しく輝きます。
タイムとビネガーの育毛マッサージローション
美容大国モロッコの手作りコスメのレシピ。オイリーヘア向けの抜け毛対策ケアの紹介です。頭皮の過剰な皮脂分泌を調整するタイムで作るビネガーローション。抜け毛を防ぎ、育毛を促進し、エイジングケアに役立ちます。毎日このビネガーで頭皮のマッサージを。

学名:Thymus vulgaris L.
科名:シソ科
使用部位:葉と花のついた枝
開花時期:6月~9月
収穫時期:5月~8月



特徴

背の高さが10~30cmの低木植物で、小さな茂みとなって点在している。葉は縁が丸く、灰色がかった緑色で淡いピンクやブルーの花が咲く。

原産と生産地
地中海沿岸が原産だが、現在では世界中で栽培されている。

コメント