ハーブのモロッコ手作りフットケアでかかとの角質とムレ・臭いを除去

モロッコの履物といえば、かかとをつぶしたスリッパ(サンダル?)「バブーシュ」が有名です。

お洒落なバブーシュは日本でも人気ですね。

女性用は、素材もカラーもデザインもさまざま。

写真は、2010年にラバトの市場(スーク)で買ったバブーシュ。

地元の車の運転手をお願いしたにもかかわらず、道に迷い、駐車に手間取り、買い物時間はわずか30分!
まったく余裕はなかったのですが、目についたバブーシュを数足入手してきました。

モロッコでは、足元と手元の美しさが重要視されているため、フット&ハンドケアを念入りに行います。

手荒れをなめらかに修復!モロッコ流ネイル&ハンドケア
天然素材を材料にしたモロッコ美容の手作りネイル&ハンドケアの紹介です。はちみつ入りアルガンオイルでのマッサ―ジ、塩レモンの手浴、傷んだ爪にはレモン、牛乳と皮膚トラブルにも適したハーブのフィーバーフューのローション。オーツミルクを使っても。

しっかりケアがゆきとどいた手先と足元かどうか、好印象を与える大きなポイントなのだとか。

かかとのお手入れグッズは、古い角質を取り除く「軽石」が数種類。

ハマムにはつねに軽石を持参するといいます。

ストレス解消と美肌作りにモロッコの蒸気風呂ハマム気分を自宅で楽しむ
美容大国モロッコの蒸気風呂ハマムは日本の銭湯に近く、エステサロンを兼ねた心身の癒しの場です。心身をリラックスさせてストレスを緩和し、元気になるモロッコ流入浴法を紹介します。入浴後のボディケアにおすすめのハーブを使ったローションの作り方も。

日本でもおなじみの白く四角い軽石のほか、黒い溶岩(スコリア)やモロッコの土で作った素焼きタイプなどがあります。

使い心地は、黒い溶岩はどちらかというと徹底的に、素焼きタイプはやさしく、といった感触。

仕上げにアルガンオイルを塗りこめば、かかとがツルツルに。

肌も髪も健やかにアルガンオイルの効能と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
モロッコ手作りコスメの材料アルガンオイルの効能・効果と使い方を紹介します。アルガンオイルはアンチエイジングの理想的な美容オイル。抗酸化作用にすぐれ、保湿効果もばつぐん、肌にも髪にも使えます。オレイン酸やリノール酸が豊富で食べてもヘルシーに。

ヘナ(ヘンナ)もフットケアに使われるそうです。

ヘアカラーだけじゃないヘナの美容効果と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
タトゥーや髪染めで知られるヘナは、モロッコ手作り化粧品の材料として欠かせません。肌を引き締め、弾力を与えるスキンケアがあり、紫外線から肌を保護して日焼けを防ぐ作用も。ニキビや湿疹、足のひび割れ、頭痛や潰瘍などを治す医薬品としても使わてます。

カチカチになった角質をやわらかく、なめらかにする効果があり、水虫にも効くといわれています。

友人に聞いたのは、オリーブオイルを加えたヘンナで足の裏ゴマージュし、そのまましばらくパックする方法。

「冬なら、色が染まるヘンナでも大丈夫じゃない?」と友人。

ヘアカラーのついでにやってみたら、足の裏が真っ赤に!

ガンコな角質には数回繰り返す必要があるとのこと。
冬の間のお手入れにはいいかもです。

素足にサンダルの時期だけでなく、一年を通して気になるのは、足のムレや臭い。

足のムレ&臭い対策も、ハーブが強い味方です。

セージ、オーク、フキタンポポ、ホワイトウィローなど、制汗作用や消臭作用のあるハーブの足浴がおすすめです。

セージ:足汗とオイリー肌&ヘアをすっきり
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。セージは昔から、消臭および発汗抑制作用があると信じられてきました。収れん、保湿、殺菌効果でも知られ、脂性の肌や頭皮のトラブルに向いています。、セージで作ったビネガーのリンスはさっぱり。
オーク:気になる足汗とひび割れのケアに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。オークには収れんと殺菌作用があり、ニキビ、湿疹、赤い発疹など皮膚トラブルに効果が。オークの足浴は過剰発汗の抑制とひび割れに。お風呂に加えると、心身が刺激され、エネルギーチャージできます。
フキタンポポ:傷の治りを早めてシワも薄くする
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。フキタンポポは、皮膚の炎症を抑える作用があり、発疹ややけどの症状を鎮めるといわれています。浸剤のローションは、シワを薄くします。オイリー肌にも向いていて、足汗を抑制。フケ予防にも。
ホワイトウィロー:肌を清らかにして炎症を防ぐ
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ホワイトウィローには抗炎症と収れん作用があり、オイリー肌に特に適しています。発汗抑制作用でも知られ、足浴や手浴に。ニキビ、発疹、湿疹などの皮膚のトラブル、ひじやひざのざらつきを解消します。

足浴が面倒であれば、これらのハーブのインフュージョン(浸剤・煎剤)で足をふくだけでもOK。

冷蔵庫で冷やしたインフュージョンを使えば、ほてった足もひんやり。

ティッシュや大判サイズのコットンで、お出かけ前や帰宅時に足をふきます。

インフュージョンをしめらせたコットンなどは、チャック袋に入れて携帯もできます。
外出先でもひとふきでき、足元すっきりです。

このインフュージョンをスプレー容器に入れて、消臭スプレーとして使う方法も。
すがすがしいハーブの香りで、気持ちも爽やかになりますよ!

モロッコ美容で、かかとツルツル、臭いをシャットアウトして、美しい足をキープしましょう。

制汗と消臭にセージの足浴

爽やかな香りのセージは殺菌作用でも知られています。

セージのインフュージョン(浸剤)の作り方【足の消臭・発汗抑制や歯肉炎に】
美容大国モロッコの手作りコスメ、セージのインフュージョン(浸剤)の作り方です。爽やかな香りのセージは、昔から消臭および発汗抑制で知られています。また、殺菌作用もあり、セージのインフュージョンは歯肉に有効だといわれています。化粧水にも適します。

3つのハーブの足浴で嫌な臭いをシャットアウト

制汗作用や消臭作用のあるセージ、ローズマリー、タイムの足浴で、嫌な臭いをすっきりさせましょう。足の疲れも解消する効果が期待できます。

ローズマリー:抗酸化作用にすぐれ肌に潤いを
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ローズマリーは抗酸化作用にすぐれ、アンチエイジング、保湿、引き締め、ニキビや吹き出物を治す働きが。オイリー肌やオイリーヘアのケアに適し、頭皮の皮脂分泌を正常にし、抜け毛やフケを防ぎます。
タイム:髪にコシと潤いを与えて抜け毛も防ぐ
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。料理でおなじみのタイムは、強力な抗感染と殺菌作用で知られ、毛穴の汚れを落とし、肌を健やかに保ちます。タイムのヘアリンスは、髪のコシと潤いを取り戻し、頭皮を元気にして抜け毛も防ぎます。

足浴が面倒であれば、これらのハーブのインフュージョン(煎剤)で足をふくだけでもOK。

スプレー容器に入れて、消臭スプレーとして使う方法も。

 このレシピの材料 

セージ … 3~5g
ローズマリー … 3~5g
タイム … 3~5g
水 … 500ml

所要時間:20分+1時間  保存期間:1週間

 保存容器と用具 

計量器
小鍋
茶こし
保存容器(500ml用以上)  ※ガラス瓶は煮沸消毒してから使用しましょう

※浴室で使う場合は、割れてケガをしないよう、ガラス容器は避けましょう。

※ティーバッグ用の不織布に入れて抽出すると、茶こしを使わなくていいので楽です。

 作り方 

  1. 鍋にセージ、ローズマリー、タイム、水を入れて中火にかけ、沸騰させます。
  2. 弱火にして15分煎じ、火を止めます。蓋をして、そのまま1時間おきます。
  3. 茶こしなどでこして、保存容器にうつします。

 作り方 

  1. 洗面器にこのセージの煎じ液を注ぎ、水で温度を調整します。
  2. 足を洗ってから、10分ほど足浴を。
  3. すすがず、そのままタオルでふきます。

 

 

こちらもチェック
足のむくみや疲れの解消にハーブを使ったモロッコ美容の手作りフットケア
美しい足のお手入れを大切にする美容大国モロッコのフットケアの紹介です。ローリエ、赤ブドウ葉、マシュマロウなどのハーブを材料にした、足の疲れやむくみに効く足浴は全身のリラックス効果も。ヘナやミントティーのマッサージも疲れた足の元気を回復させます。
ミョウバンで恋愛運アップのデオドラント作り―モロッコ美容の体臭対策
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。制汗、消臭、殺菌といった作用があるミョウバンを材料にした、手作りデオドラントの紹介です。モロッコの女性たちは、粉末のミョウバンに香りのハーブやスパイスを加えます。ミョウバンには恋愛運をアップするパワーも!