メリッサ:レモンに似た香りでリラックス入浴

メリッサは、レモンに似た心地よい香りを持つ植物で、その香りから、レモンバームとも呼ばれています。

404 NOT FOUND | DIY Beauty

メリッサの精油は、その香りの良さから、ヘアケアやスキンケア、特に石けんやシャワージェルといった入浴製品によく使用されています。

北ヨーロッパでは、メリッサをスープやサラダ、ニシン料理などに使います。

「メリッサ」は、ギリシャ語で「ミツバチ」の意味し、夏に咲く白、黄、ピンクの花に薬効があります。

心身を強壮する働きがあり、古代から「長寿の植物」として使われてきました。

メリッサは消化器の痙攣を抑える働きがあり、胃腸のあらゆる痛みをやわらげ、消化と排便を促進する胆のうを刺激します。

また、動悸、記憶障害、めまい、耳鳴りなどの循環器のトラブルを改善し、鎮静および緊張緩和作用にもすぐれています。

メリッサの葉の煎じ液をお風呂の湯に加えると、心身がリラックスします。

全草の煎じ液は、ローションとして皮膚の気になる部分につけたり、ヘルペスや傷、虫刺されにつけたりします。
メリッサの葉をつぶして直接つけるのも効果的です。

ドライヘアをしっとりさせるだけでなく、オイリーヘアにも適しています。

モロッコに学ぶ乾燥知らずのシャンプーとリンス
美容大国モロッコの手作りコスメの作り方。髪を乾燥から守り、保湿効果があるとされるハーブを材料にしたドライヘア向けトリートメントシャンプーとリンスの紹介です。カモミール、ローズマリー、ゴボウ、赤ブドウ葉、アルガンオイルでパサパサ髪もしっとり。
ハーブの自宅ヘアケアでベタつく髪と頭皮を改善
ベタつく髪と頭皮を改善する美容大国モロッコの手作りヘアケアの紹介です。汚れを落として皮脂分泌のバランスを整えるハーブやアルガンオイル、ガスール、ヘナなどを材料にしたシャンプー、リンス、パック。ハーブの香りで心も癒されて、軽やかなツヤ髪に。
パサつく髪のフケ対策!メリッサのヘアトニック
美容大国モロッコに学ぶ、頭皮の乾燥が原因のフケを改善するハーブの手作りローションの作り方。メリッサはパサつく髪をしっとりさせ、ヤロウ(セイヨウノコギリソウ)は頭皮の血行を促進し、フケを防ぐ働きがあるとされています。髪のパサつきにも有効です。

更年期向け植物

メリッサは、月経痛をやわらげる抗痙攣作用があることで知られます。

不安症、気分の浮き沈み、不眠を解消するといわれ、月経時期や更年期の不快な症状を改善するのに役立ちます。

主要成分:
アルデヒド、テルペン、フェノール酸、フラボノイド

作用:
神経システムの鎮痛および催眠作用/神経刺激、認知機能の改善/消化促進、胃腸の保護/筋肉の抗痙攣/抗炎症/抗酸化

適応症状:
不眠症(睡眠の質と時間を改善)/不安症、うつ症状/自律神経失調症/片頭痛/腸のトラブル、胃のトラブル、胃炎、胆汁のトラブル(吐き気)/消化不良、消化器官の痙攣


学名:Melissa Officinalis
科名:シソ科
別名:レモンバーム
使用部位:葉
開花時期:7月下旬~9月上旬
収穫時期:開花前



特徴

長い茎に、レモンに似た香りの大きな葉をつける。

原産と生息地
中央アジアと北アフリカが原産で、現在では席亜銃で生息しています。涼しい地域でよく育ちます。

コメント