モロッコに学ぶ乾燥知らずのシャンプーとリンス

乾燥しがちなモロッコでは、パサパサ髪をしっとりさせるヘアケアにいろいろ工夫を凝らしています。

基本は、髪を乾燥から守るハーブやアルガンオイルなど使ったシャンプーとリンスです。

スポンサーリンク

パサつく髪に潤いを与えるドライヘア向けの植物

乾燥を防ぐハーブを利用し、シャンプーやリンス、パックなどを作ります。

バーチ(樺)

バーチ(白樺):シミを薄くし透明感のある肌に
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。シラカバは、葉、樹皮、樹液などさまざまな部位に効能が。葉の抽出液は肌の汚れを取り除き、シミやソバカスを目立たなくします。白樺樹液は肌のくすみを取り除き、髪のキューティクルを活性化させます。

ゴボウ

ゴボウ:ニキビのお手入れや育毛&フケ予防に
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ミネラルが豊富なゴボウは、皮脂の分泌を正常化する働きで知られ、オイリーな肌や髪に向いています。煎じ液は、ニキビ用ローションや、ヘアリンスに。頭皮を引き締め、育毛を促進し、フケを予防。

メリッサ

メリッサ:レモンに似た香りでリラックス入浴
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。メリッサは心身を強壮する働きがあり、古代から”長寿の植物”とされてきました。胃腸の痛みをやわらげ、不安症、気分の浮き沈み、不眠を癒すといわれ、月経時期や更年期の不快な症状の解消にも。

ヤロウ(セイヨウノコギリソウ)

ヤロウ:フケの予防や皮膚細胞の若返りに
モロッコの手作り化粧品の材料&更年期向けの植物の紹介です。ヤロウは細胞を若返らせる効果が高く、皮膚の汚れを落とし、血行促進して引き締めます。フケ予防にも。プロゲステロン様の植物で、月経トラブルや更年期の症状を軽減する作用でも知られています。

ボックスウッド(ツゲ)

ボックスウッド:”つげ櫛”で知られヘアケアに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ボックスウッドの和名はセイヨウツゲで、日本のツゲは高級品”つげ櫛”に利用されます。強力な収れん作用があり、育毛を促進し、脱毛症やフケ症を防ぎます。シワを目立たなくし、ニキビを解消する効果も。

マリーゴールド

マリーゴールド:しっとりもち肌と元気な髪に
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。キンセンカは抗炎症作用や保湿作用、皮膚を修復する働きがあり、乾燥肌や傷んだ肌をスベスベなめらかにします。やけど、かゆみ、しもやけ、ひび割れ、ニキビにも効くといわれ、髪を元気にする働きも。

ローズマリー

ローズマリー:抗酸化作用にすぐれ肌に潤いを
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ローズマリーは抗酸化作用にすぐれ、アンチエイジング、保湿、引き締め、ニキビや吹き出物を治す働きが。オイリー肌やオイリーヘアのケアに適し、頭皮の皮脂分泌を正常にし、抜け毛やフケを防ぎます。

クルミの葉

クルミ:歯からヘアまでお手入れ方法はいろいろ
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。クルミは古代から優れた薬効が評判の植物。葉を粉末にしたマッサージはスクラブ効果があり、古い角質を取り除きます。芽の抽出液は、抜け毛、傷んだ髪、フケを予防するなどをヘアケアに適しています。

ローマンカモミール

ローマンカモミール:オイリーヘアと目の疲れに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ローマンカモミールはオイリーヘアに向いていて、煎じ液でリンスすると、つややかで輝きのある髪に仕上がります。頭皮を引き締め、フケや抜け毛を予防する作用でも知られ、眼の疲れを癒す効果も。

ジャーマンカモミール

ジャーマンカモミール:炎症を鎮めなめらか肌に
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。ジャーマンカモミールは鎮静と殺菌作用にすぐれ、皮膚をなめらかにし、細胞を再生させる働きがあります。ニキビや炎症、日焼けを鎮める効果も。煎じ液のリンスは、栗色の髪を明るくし、金髪を輝かせます。

赤ブドウ葉

赤ブドウ:足のむくみを解消する強い味方
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。赤ブドウには、静脈と毛細血管の引き締め、刺激やデトックスなど、さまざまな効能があります。赤ブドウ葉は、むくんで重い足を軽くし、セルライトのオレンジピールスキンを取り除く働きがあります。

ハーブのローションでシャンプーとリンス作り

ハーブの煎じ液は、シャンプーと混ぜ合わせてトリートメントシャンプーに、そのまま使ってリンスになります。

ハーブのローションの作り方は簡単。

乾燥髪向けトリートメントシャンプーの基本です。ハーブは、上記の表のなかから、好きなのを選びましょう。

 このレシピの材料 

ハーブ … 小さじ2
ミネラルウォーター … 100m

 保存容器と用具 

プラスチック容器(100ml用) ※アルコール消毒してから使用しましょう
計量カップとスプーン
小鍋

 作り方 

  1. 鍋にハーブとミネラルウォーターを入れ、火にかけます。
  2. 沸騰したら、弱火にして15分煎じます。
  3. 火からおろし、そのまま冷まします。
  4. キッチンペーパーでこしてハーブを取り除き、プラスチック容器にうつします。

 保存方法 

冷暗所で2週間ほど保存可能です。

乾燥を防ぐハーブのトリートメントシャンプー

できあがったハーブのローションを、同量のシャンプーに混ぜ合わせると、トリートメントシャンプーになります。

シャンプーは、ベビーシャンプーなど弱酸性を選びましょう。

乾燥を防ぐアルガンオイルとハーブのシャンプー

アルガンオイルに、ジャーマンカモミールとローズマリーを加えたシャンプーは、髪の乾燥を防ぎ、うるおいをよみがえらせます。

乾燥を防ぐアルガンオイルとハーブのシャンプー
美容大国モロッコの手作りハーブのシャンプー。パサパサ髪を改善する、ジャーマンカモミールとローズマリーのトリートメントシャンプーです。アルガンオイルを加えたることで、乾燥から髪を守る効果がアップし、頭皮もすこやかに保ちます。しっとり潤うりツヤ髪に。

パサつく髪にゴボウのトリートメントシャンプー

ゴボウは、乾燥した髪をしっとりさせ、元気にする働きがあるといわれています。

パサつく髪にゴボウのトリートメントシャンプー
パサパサ髪をしっとりさせる、ドライヘア向けトリートメントシャンプーの作り方です。おなじみの食材ゴボウは、乾燥した髪に潤いを与え、コシをよみがえらせる効果が期待できます。ゴボウを煮汁を混ぜただけのモロッコ美容の手作りシャンプーでツヤ髪に。

パサパサ髪のケアに赤ブドウ葉の潤いシャンプー

赤ブドウ葉は、頭皮の血行を促し、髪を健やかに回復させる作用で知られています。

パサパサ髪のケアに赤ブドウ葉の潤いシャンプー
パサパサ髪を改善するモロッコ美容の手作りシャンプーの作り方。血行を促す作用で知られる赤ブドウのシャンプーは、頭皮をすこやかに保ち、髪の乾燥も防ぎます。弱った髪を元気によみがえらせるトリートメント効果も期待できるシャンプー。パサパサ髪もしっとり。

ハーブのローションで乾燥を防いでしっとり髪に

ハーブのローションは、そのままリンスにしたり、髪と頭皮のマッサージ&パックのトリートメントローションにしたり。

しっとりまとまりのある髪に仕上ります。

パサパサ髪がしっとり!カモミールのローション

ジャーマンカモミールのヘアリンスで、しっとりツヤ髪に。

パサパサ髪がしっとり!カモミールのローション
美容大国モロッコに学ぶパサつく髪を潤すハーブの手作りローション。髪と頭皮の乾燥を防ぐカモミールは、シャンプー後のマッサージローション、そしてリンスとして使います。パサパサ髪がしっとりまとまりのあるツヤ髪に。カモミールの香りはリラックス効果も。

 

こちらもチェック!

モロッコに学ぶパサつく髪の改善法!ヘアパック
バサバサ髪がしっとりまとまる、美容大国モロッコの手作りヘアパックの紹介です。保湿効果が高いアルガンオイルやオリーブオイル、クローブやローズマリーなどのハーブ、卵黄、イチジク、はちみつといった食材を使った集中ケア。自宅ヘッドスパでストレスも解消。