モロッコに学ぶパサつく髪の改善法!ヘアパック

日本で「髪は女の命」と言うように、アラブ地域では、「女性の美しさの半分は髪の毛で決まる」という意味のことわざがあり、美しくつややかな髪に高い価値をおいています。

女性の髪は男性を魅惑する魔力を持つといい、そうした理由から、外出のときに女性は髪を隠すようイスラム教ではいわれているそうです。

昔ながらの美しい髪とは、絹のようにしなやかな黒いロングヘア。

もちろん、モロッコなどでは最近、伝統に縛られたくないと、ショートカットやヘアカラーをする女性も増えています。

短くても長くても、どんな色であっても、女性たちのヘアケアは念入りです。

乾燥しやすい気候のモロッコでは、パサパサ髪を改善するケアが豊富です。

髪がパサつく原因は、空気の乾燥による水分不足、加齢による髪質の変化、カラーリングやパーマによるダメージ、ドライヤーのかけすぎなどが考えられます。

日頃からたっぷり水分を補給する保湿ケアを心がけ、乾燥しないよう予防することも大切です。

スポンサーリンク

ハーブのシャンプーとリンスで乾燥を防ぐ

モロッコ美容のヘアケアの基本は、ハーブを使ったシャンプーとリンス。

詳しくはこちらをご覧ください。

モロッコに学ぶ乾燥知らずのシャンプーとリンス
美容大国モロッコの手作りコスメの作り方。髪を乾燥から守り、保湿効果があるとされるハーブを材料にしたドライヘア向けトリートメントシャンプーとリンスの紹介です。カモミール、ローズマリー、ゴボウ、赤ブドウ葉、アルガンオイルでパサパサ髪もしっとり。

ズボラさんにおすすめなのが、アルガンオイルのヘアパック。とっても簡単なお手入れですが、みちがえたように輝き、しっとりなめらかになりますよ。

アルガンオイルは、縮れ毛をなめらかに扱いやすくし、ドライヘアに潤いを与え、傷んだ髪を根元から元気によみがえらせる働きがあるといわれています。

アルガンオイルのパックは、シャンプー前でも後でも、効果が期待できます。

浸透性が高いオイルなので、シャンプー前のパックのほうがサラサラしたしあがりになり、シャンプー後はよりしっとり感が強めにでます。

しっとりツヤ髪を作るアルガンオイルのヘアパック

アルガンオイルは、シャンプーの前でも後でも、ヘアパックとして使うことができます。

サラサラに仕上げたい場合はシャンプー前がおすすめです。

シャンプー前のパック

  1. ブラッシングした後に、髪全体にアルガンオイルをつけます。
  2. 30分(もしくははキャップをかぶって一晩!)そのままにします。
  3. それからシャンプーします。

シャンプー後のパック

  1. シャンプー後に髪をタオルで軽くふき、湿っている状態でアルガンオイルを少しつけます。
  2. クシでとかして全体にいきわたらせます。
  3. 1時間そのままに。できれば、コットンの乾いたタオルや帽子で髪をおおいます。
  4. そのまま乾かします。

モロッコのヘアケアは、しっとり輝く髪に仕上げるのもさることながら、残り香にもこだわるのが特徴です。

モロッコなどマグレブ(北アフリカ)の女性たちは、クローブやパチョリ、乾燥したバラのつぼみやオミナエシ科の植物ナルドのつぼみ、麝香(ムスク)などを配合したオリーブオイルやアルガンオイルで髪に香りづけするそうです。

404 Not Found
404 Not Found
404 Not Found

ハーブとオイルのパックでパサつく髪の保湿ケア

保湿効果の高いハーブ、アルガンオイルやオリーブオイル、卵黄、フルーツを使ったパックで、髪と頭皮の乾燥を防ぎ、栄養を与えて、美しいツヤ髪に。

パサつく髪にアルガンオイルとクローブのパック

電子書籍『モロッコ美容 1日使い切り手作りコスメ アルガンオイルとガスールの使い方』で紹介

髪の乾燥対策にローズマリー入りオリーブオイル

ローズマリーをオリーブオイルに漬けて作ったハーブオイルのパックです。

髪の乾燥対策にローズマリー入りオリーブオイル
美容大国モロッコのパサパサ髪を改善するヘアケア。頭皮の皮脂分泌を整え、保湿力をアップさせるというローズマリーを、オリーブオイルに漬けたハーブオイルの作り方です。シャンプー前のパックやヘアオイルに使うことで。しなやかなツヤ髪がよみがえります。

パサつく髪にローズマリーと卵黄の栄養パック

はちみつは乾燥を防ぎ、卵黄は傷んだ髪を修復し、スイートアーモンドオイルはコシのある髪をよみがえらせ、ローズマリーは保湿するといった働きがあるとされています。

パサパサの髪もしっとりサラサラに。

 このレシピの材料 
卵黄 … 1個
スイートアーモンドオイル … 大さじ1~2
はちみつ … 大さじ1~2
ローズマリー … 小さじ2~3☆分量は髪の長さにあわせて調整してください

ドライヘア 保湿 頭皮  所要時間:20分 保存期間:1日

 保存容器と用具 

ボウル(小)
計量スプーン

 作り方 

  1. ボウルに卵黄を入れ、よく溶きます。
  2. はちみつと粉末にしたローズマリーを加えます。
  3. スイートアーモンドオイルを少しずつ注ぎ、混ぜます。
  4. マヨネーズぐらいの固さにします。

 作り方 

  1. シャンプー前に髪をブラッシングします。
  2. これを髪全体につけ、20分ほどパックします。
  3. ぬるま湯で流し、シャンプー、トリートメントします。

 保存方法 

1回で使い切りましょう。

 

材料のおさらい

ローズマリー:抗酸化作用にすぐれ肌に潤いを
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ローズマリーは抗酸化作用にすぐれ、アンチエイジング、保湿、引き締め、ニキビや吹き出物を治す働きが。オイリー肌やオイリーヘアのケアに適し、頭皮の皮脂分泌を正常にし、抜け毛やフケを防ぎます。
美容効果が高いはちみつでモロッコ手作りコスメ
モロッコの手作りコスメで使う基材はちみつの効能と使い方を紹介します。ミネラルとビタミンが豊富なはちみつは、免疫システム強化、抗酸化作用といった働きがあります。美容効果も高く、皮膚の細胞を再生し、深層に栄養を与え、水分補給し、シワを予防します。
アーモンドのミルクとパウダーでなめらか肌に
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。健康ドリンクのアーモンドミルクを材料にしたクレンジングやパックを紹介します。アーモンドパウダーも素材としてガスールや牛乳を加えたパックに。アーモンドは炎症やかゆみを癒し、保湿効果もばつぐんです。

パサつく髪をしっとり!イチジクと卵黄のパック

保湿効果が高いイチジクと、傷んだ髪を修復する作用のある卵黄、乾燥を防ぐローズウォーターで作るヘアパックです。

パサパサ髪に潤いを与え、なめらかにする効果が期待できます。

 このレシピの材料 
卵黄 … 1~2個
イチジク酒 … 小さじ1~3
ローズウォーター … 小さじ1~3☆分量は髪の長さに合わせて調整してください
☆イチジク酒を使っていますが、生のイチジクで代用できます

ドライヘア 保湿 頭皮  所要時間:20分 保存期間:1日

 保存容器と用具 

ボウル(小)
計量スプーン

 作り方 

  1. ボウルに卵黄を入れ、よく溶きます。
  2. イチジク酒を加え、混ぜます。
  3. ローズウォーターを少しずつ注ぎ、混ぜながら、クリーム状にします。

イチジク酒の作り方はこちら

イチジク:高い美容効果でエイジングケアを実現
美容大国モロッコの手作りコスメの材料としても人気のイチジク。ミネラルとビタミンが豊富で、抗酸化作用があり、エイジングケアの強い味方。イチジクを使った簡単なお手入れ法を紹介します。肌と髪に潤いを与えるパックやリキュール”la mahia”の作り方も。

 使い方 

  1. 洗髪後、これを髪につけ、頭皮をマッサージします。
  2. 20分ほどパックします。
  3. ぬるま湯で流します。

 保存方法 

1回で使い切りましょう。

 

材料のおさらい

イチジク:高い美容効果でエイジングケアを実現
美容大国モロッコの手作りコスメの材料としても人気のイチジク。ミネラルとビタミンが豊富で、抗酸化作用があり、エイジングケアの強い味方。イチジクを使った簡単なお手入れ法を紹介します。肌と髪に潤いを与えるパックやリキュール”la mahia”の作り方も。
ローズウォーターの日常使いで美肌と幸せ気分を
美容効果が高く、手作り化粧品の素材として欠かせないローズウォーターの効能と使い方の紹介です。モロッコはバラの生産地。ローズウォーターは日常的によく使われます。水分のバランスを整え、潤いのある肌に。シワ予防などエイジングエアにも適しています。

 

こちらもチェック!

モロッコ秘伝の手作りパックで傷んだ髪しっとり
パサつくダメージヘアを修復してツヤ髪にするモロッコのヘアケア。ハーブや食材の天然素材を使った、ナチュラルなお手入れです。リンデンやタイムのリンス、ヘナにクローブとアルガンオイル、卵黄とヨーグルト、はちみつのパックなど。エイジングケアにも。