パチョリ:気力アップで老け顔からハリツヤ肌に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パチョリは昔から薬効のある植物として知られていました。

パチョリは70年代、ヒッピーに好まれた香りで、「自然回帰」のシンボルとされていました。

パチョリの特徴

インドやマレーシアが原産。

パチョリは、高さ60~90㎝の低木。強い芳香をはなつ花をつける。

学名:Pogoatemon Cablin L.
科名:シソ科
使用部位:全草

 

パチョリの肌と髪への美容効果

パチョリの精油には収れん作用があり、皮膚のたるみを引き締め、老化の進行を遅くします。

パチョリの効能

アジアでは、風邪、吐き気、頭痛のときに用いられます。

また、蚊に刺されたときや、蛇に噛まれたときの解毒剤としても知られています。

パチョリの強く重い香りは、精神力を強め、神経を刺激し、無気力から脱却して、やる気をおこしてくれます。

エキゾチックな香りのムスクとアンバーグリス
ムスク(麝香)とアンバーグリス(龍涎香)はモロッコやアラブの人々がに必須の“心ときめかす官能的な香り。美容効果もあり、ムスクは肌を若返らせる働きがあり、ボディオイルになります。アンバーグリスは、酔わす作用があり、媚薬として用いられることも。

 

 

モロッコ美容の植物一覧:手作りコスメに!
”モロッコ美容あれこれ”で紹介している手作り化粧品の材料となる植物の一覧表です。これらのハーブの効能・効果は伝統的な植物療法に基づいています。スキンケアやヘアケア、心身のケアに使われる植物は、昔から親しまれ、今でも受け継がれています。