カモミールのインフュージョン(浸剤)の作り方【パサパサ髪や目の疲れに】

ハーブを利用法はいくつかありますが、熱湯でハーブの有効成分を抽出する浸剤や煎剤(インフュージョン)は最も簡単です。

ハーブインフュージョンは、ハーブティーとして飲んだり、化粧水やリンスを作ったり、さまざまな使い方ができます。

浸剤は、花や葉などをティーポットにハーブと熱湯を入れて成分を抽出し、一方、煎剤は、枝や樹皮、種などを鍋にハーブと水を入れて煮だしたものです。

カモミールのインフュージョンはティーポットで抽出します。作り方はほぼハーブティーと同じ。

ジャーマンカモミールは、皮膚をなめらかにし、細胞を再生させる働きがあります。また、髪の乾燥を防ぎ、ツヤと潤いをよみがえらせ、フケを予防する効果が期待できます。

ジャーマンカモミール:炎症を鎮めなめらか肌に
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。ジャーマンカモミールは鎮静と殺菌作用にすぐれ、皮膚をなめらかにし、細胞を再生させる働きがあります。ニキビや炎症、日焼けを鎮める効果も。煎じ液のリンスは、栗色の髪を明るくし、金髪を輝かせます。

ローマンカモミールは、頭皮を引き締め、フケや抜け毛を予防する作用でも知られています。

ローマンカモミール:オイリーヘアと目の疲れに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ローマンカモミールはオイリーヘアに向いていて、煎じ液でリンスすると、つややかで輝きのある髪に仕上がります。頭皮を引き締め、フケや抜け毛を予防する作用でも知られ、眼の疲れを癒す効果も。

どちらのカモミールもやさしい香りで、心身を癒し、疲労やストレスの回復する働きがあります。

さらに、目の疲れを和らげる作用でも知られます。

カモミールティーはアラブ地方ではポピュラーな飲み物。このお茶(インフュージョン)を使った疲れ目ケアを、モロッコの女性に教えてもらいました。

カモミールのインフュージョンは、化粧水、ヘアリンス、入浴剤、湿布など、さまざまな形で利用できます。

カモミール浸剤(インフュージョン)の使い方
スキンケアに

カモミールのインフュージョンは化粧水になります。

ニキビや皮膚の炎症、日焼けを鎮めるのに、ジャーマンカモミールのインフュージョン(浸剤)の温湿布を。インフュージョンにコットンなどをしめらせ、それを気になる部分につけます。

ヘアケアに

カモミールのインフュージョン(浸剤)は、傷んだ髪のマッサージローションとして使うことができます。

  1. シャンプー後の髪と頭皮につけ、よくマッサージします。
  2. 10分ぐらいそのままパックしてます。
  3. ぬるま湯で流してもいいのですが、そのまま乾かすこともできます。

また、リンスとして使うと、つややかで輝きのある髪に仕上がります。

ハーブのシャンプーとリンスでパサパサ髪をしっとり【モロッコ手作りコスメ】
美容大国モロッコの手作りコスメの作り方。髪を乾燥から守り、保湿効果があるとされるハーブを材料にしたドライヘア向けトリートメントシャンプーとリンスの紹介です。カモミール、ローズマリー、ゴボウ、赤ブドウ葉、アルガンオイルでパサパサ髪もしっとり。

ジャーマンカモミールとローマンカモミールには、フケを防ぐ働きもあります。

疲れ目のケアに

カモミールのインフュージョンの湿布は、眼精疲労を癒すケアに有効です。

優しい香りに包まれて、心もリラックスします。

目の下のクマを解消する効果も期待できます。

  1. コットンをカモミールのインフュージョンでしめらせ、軽く水分をしぼります。
  2. コットンをまぶたの上において、しばらくそのままにします。
  3. 数回繰り返します。
ハーブの力で眼精疲労と目のトラブルを解消!自宅でできる疲れ目ケア
テレワークが増え、眼精疲労に悩む人が増えています。ハーブなどを利用した、自宅でできる疲れた目ケアを紹介します。ハーブのなかには目のトラブルを改善するものも存在します。ハーブの自然な香りは、目の疲れだけでなく、ストレスも減らす効果が期待できます。
目の下のクマにスイートクローバーのローション
目の下のクマを解消する、モロッコ美容の手作りコスメの紹介です。目のトラブルを改善する働きで知られるスイートクローバー(メリロート)のローションで、目の周りをパック。明るい表情が戻ります。保湿効果もあるとされ、乾燥を防ぎなめらかな肌に。
カモミールの浸剤(インフュージョン)の作り方

カモミールの浸剤は、生の花でも、ドライでも作ることができます。

ハーブティーの作り方とほぼ同じですが、熱湯を入れたら1時間ぐらいそのままにし、ゆっくり時間をかけて、カモミールの有効成分を抽出させます。

 このレシピの材料 

カモミール(生かドライ) … 20~30g
水 … 500ml

所要時間:20分+1時間  保存期間:1週間

 

 保存容器と用具 

計量器
ティーポット
茶こし
保存容器(500ml用以上)  ※ガラス瓶は煮沸消毒してから使用しましょう

※浴室で使う場合は、割れてケガをしないよう、ガラス容器は避けましょう。

※ティーバッグ用の不織布に入れて抽出すると、茶こしを使わなくていいので楽です。

 

 作り方 

  1. ティーポットにカモミールを入れ、熱湯を注ぎます。
  2. 蓋をして、1時間ぐらいそのままにします。
  3. 冷めたら、茶こしでこして、保存容器にうつします。

 

 保存方法 

冷蔵庫で1週間ほど保存可能です。

 

こちらもチェック
カモミールとアルガンオイルのインフューズドオイルの作り方【傷んだ肌に】
美容大国モロッコの手作りコスメ、ジャーマンカモミールをアルガンオイルに漬けた浸出油(インフューズドオイル)の作り方です。炎症を鎮めるジャーマンカモミールと、保湿効果のあるアルガンオイルの贅沢なオイルは、傷んだ肌を修復し、潤いを与えます。
ラベンダーのインフュージョン(浸剤)の作り方【ベタつく肌と髪に】
美容大国モロッコの手作りコスメ、ラベンダー浸剤の作り方です。ラベンダーは汚れを落として皮脂バランスを整え、皮膚細胞を引きしめる働きがあるハーブ。ラベンダー浸剤は、肌や髪の気になるテカリやベタつきを改善し、保湿する化粧水やリンスになります。