自宅でできるハーブの疲れ目ケアで眼精疲労と目のトラブルを解消

テレワーク(在宅勤務・リモートワーク)でPC作業やオンライン会議が増え、眼精疲労に悩む人が増えています。

疲れた目では、表情が暗くなり、顔全体の印象も不健康になりがちです。

ハーブを使って、”生き生きした目元”を取り戻し、明るい表情をキープしましょう。

目のトラブルを改善するハーブなどを利用した、疲れた目ケアを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目のトラブルを改善するハーブ

部屋に閉じこもり、座ったままの姿勢で長時間パソコンやスマホに向き合いつづけると、目の疲れや疲労感、頭痛などが起きる可能性があります。

また、リモート会議で液晶画面を見る時間が増えるのも、目を酷使する原因になります。

ときどき窓の外の遠くの景色を見るなどして、目を休めることが大切です。

ハーブのなかには、目のトラブルを改善するものも存在します。ハーブの自然な香りは、目の疲れだけでなく、ストレスも減らす効果が期待できます。

目のトラブルに有効なハーブ

チャノキには鎮静作用と充血を治す作用もあり、眼の疲れを癒します。
目の下のクマやむくみには、温湿布が効果的といわれています。

チャノキ:アンチエイジングで世界的に注目の的
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。チャノキ(茶)は、抗酸化作用で知られています。茶葉のパックは、皮膚の質を改善し、きめ細やかで明るく輝く肌に。鎮静作用と充血を治す作用もあり、眼の疲れを癒します。目の下のクマやむくみにも。

ヤグルマギクには、アントシアニンが含まれ、眼精疲労といった目のトラブルを緩和し、まぶたの腫れを減少させます。

ヤグルマギク(コーンフラワー):目のむくみに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ヤグルマギクにはアントシアニンが含まれ、眼精疲労といった目のトラブルを緩和します。浸剤の目の洗浄や湿布は、まぶたの腫れや目の下のクマを解消に。保湿効果もあり、潤いのあるなめらかな肌に。

ローマンカモミールは、目の疲れを癒す効果も期待できます。

ローマンカモミール:オイリーヘアと目の疲れに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ローマンカモミールはオイリーヘアに向いていて、煎じ液でリンスすると、つややかで輝きのある髪に仕上がります。頭皮を引き締め、フケや抜け毛を予防する作用でも知られ、眼の疲れを癒す効果も。

トーメンティルは、目の炎症を癒すといわれています。

トーメンティル:日焼けや傷を癒しうがい薬にも
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。トーメンティルのお茶は胃腸のトラブルや風邪のときに用いられます。タンニンを豊富に含み、やけどや急な日焼けを鎮めます。口腔の炎症を抑え、歯茎を引き締めるうがい薬にも。根元から弾力のある髪に。

アイブライトは、目の疲れに効果があるといわれています。目の痛みやかゆみ、結膜炎やものもらいなどの感染症を緩和させる働きもあるといわれています。

アイブライト:眼のトラブル解消と毛穴引き締め
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。アイブライトはその名の通り、眼の炎症を鎮める働きで知られ、その浸剤は眼の洗浄に使われます。毛穴の汚れを落とし、肌のきめを整える効果もあり、浸剤のフェイスローションでなめらかなツヤ肌に。

アニスシードには、目の疲れや炎症を鎮める作用があります。

アニス:炎症を鎮めて傷んだ肌をなめらかに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。アニスシードは古代ギリシャで薬草として用いられてきました。健胃、駆虫、鎮痛、傷の回復などの作用で知られます。傷んだ皮膚をなめらかにする働きがあり、小さな炎症にも効果が期待できます。

ブルーマロウは、充血など目の炎症をやわらげる効果が期待できます。

ブルーマロウ:傷んだ肌やヘアを修復して保湿
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。ブルーマロウは、保湿、鎮静、抗炎症作用で知られ、皮脂膜を保護して修復する働きが。ブルーマロウの浸剤は、肌や髪のローション、目と口腔ケアに。ブルーマロウオイルは、ボディや日焼けのケアに。

スイートクローバーは、目のトラブルを改善する働きで知られています。

スイートクローバー:肌を保湿し皮脂分泌を調整
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。スイートクローバーは肌を保湿してなめらかにする作用があります。脂性の頭皮と傷んだ髪に効果を発揮し、根毛から髪を元気にします。目のトラブルを改善し、強力な血行促進作用で静脈瘤を減らします。

セイヨウオオバコは、眼の炎症や結膜炎の症状が緩和します。

セイヨウオオバコ:キメを整え潤いのある肌に
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。セイヨウオオバコは、保湿と収れんの両方を備え、すべすべの肌に。皮膚細胞を修復する働きでも知られ、ひび割れやあかぎれを早く治すといわれています。目の洗浄液として、眼の炎症や結膜炎にも。

眼精疲労を癒すハーブのケア

ハーブを煎じ液の湿布は、目の疲れを癒すのに向いています。

目の疲れや充血を解消するアイブライトの温湿布

アイブライトの温湿布です。

その名の通り、アイブライトは、目のかゆみ、充血や炎症、目の疲れといった眼のトラブルを治す作用があります。

アイブライトのインフュージョン(浸剤)は、洗眼にも使うことができます。

アイブライト:眼のトラブル解消と毛穴引き締め
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。アイブライトはその名の通り、眼の炎症を鎮める働きで知られ、その浸剤は眼の洗浄に使われます。毛穴の汚れを落とし、肌のきめを整える効果もあり、浸剤のフェイスローションでなめらかなツヤ肌に。

 このレシピの材料 

アイブライト(ドライ) … 10~20g
水 … 500ml

所要時間:30分  保存期間:1週間

 保存容器と用具 

計量器
ティーポット
茶こし
保存容器(500ml用以上)  ※ガラス瓶は煮沸消毒してから使用しましょう

※浴室で使う場合は、割れてケガをしないよう、ガラス容器は避けましょう。

※ティーバッグ用の不織布に入れて抽出すると、茶こしを使わなくていいので楽です。

 作り方 

  1. ティーポットにアイブライトを入れ、熱湯を注ぎます。
  2. 蓋をして、1時間ぐらいそのままにします。
  3. 40°ぐらいに冷めたら、茶こしでこし、洗面器などに入れます。

※洗眼に使う場合は、できあがったインフュージョンを保存容器にうつします。

 使い方 

  1. インフュージョンにタオルを入れてしめらせ、よく絞ります。
  2. 目を閉じ、まぶたの上にタオルをのせて、5分ほどそのままにします。

 保存方法 

冷暗所で1週間保存できます。

目の炎症や充血を改善するブルーマロウの温湿布

ブルーマロウのインフュージョン(浸剤)の温湿布です。

ブルーマロウは抗炎症作用で知られ、目の炎症や充血したときにこのインフュージョンで洗眼すると、症状が軽減するといわれています。

ブルーマロウ:傷んだ肌やヘアを修復して保湿
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。ブルーマロウは、保湿、鎮静、抗炎症作用で知られ、皮脂膜を保護して修復する働きが。ブルーマロウの浸剤は、肌や髪のローション、目と口腔ケアに。ブルーマロウオイルは、ボディや日焼けのケアに。

 このレシピの材料 

ブルーマロウ … 10~20g
水 … 500ml

所要時間:20分+1時間  保存期間:1週間

 保存容器と用具 

計量器
ティーポット
茶こし
保存容器(500ml用以上)  ※ガラス瓶は煮沸消毒してから使用しましょう

※浴室で使う場合は、割れてケガをしないよう、ガラス容器は避けましょう。

※ティーバッグ用の不織布に入れて抽出すると、茶こしを使わなくていいので楽です。

 作り方 

  1. ティーポットにセージを入れ、熱湯を注ぎます。
  2. 蓋をして、1時間ぐらいそのままにします。
  3. 40°ぐらいに冷めたら、茶こしでこし、洗面器などに入れます。

※洗眼に使う場合は、できあがったインフュージョンを保存容器にうつします。

 使い方 

  1. ブルーマロウのインフュージョンにタオルを入れてしめらせ、よく絞ります。
  2. 目を閉じ、まぶたの上にタオルをのせて、15分ほど湿布します。
  3. タオルが冷えたら、再びインフュージョンをしめらせて温め、繰り返します。

 保存方法 

冷暗所で1週間保存できます。

目の炎症や眼精疲労を癒すアニスシードの温湿布

スパイスで知られるアニスシードは、眼精疲労や炎症を鎮める働きがあるといわれています。

アニス:炎症を鎮めて傷んだ肌をなめらかに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。アニスシードは古代ギリシャで薬草として用いられてきました。健胃、駆虫、鎮痛、傷の回復などの作用で知られます。傷んだ皮膚をなめらかにする働きがあり、小さな炎症にも効果が期待できます。

アニスシードの煎じ液の温湿布は、目の疲労感を軽減する効果が期待できます。

 このレシピの材料 

アニスシード … 10~20g
水 … 500ml

所要時間:20分+1時間  保存期間:1週間

 保存容器と用具 

計量器
小鍋
茶こし
保存容器(500ml用以上)  ※ガラス瓶は煮沸消毒してから使用しましょう

※浴室で使う場合は、割れてケガをしないよう、ガラス容器は避けましょう。

※ティーバッグ用の不織布に入れて抽出すると、茶こしを使わなくていいので楽です。

 作り方 

  1. 鍋に水とアニスシードを入れて中火にかけます。
  2. 沸騰したら火を弱め、15分ほど煮出します。
  3. 火を止め、40°ぐらいに冷めたら、茶こしでこします。

 使い方 

  1. このインフュージョンにタオルを入れてしめらせ、よく絞ります。
  2. 目を閉じ、まぶたの上にタオルをのせて、10分ほど湿布します。
  3. タオルが冷えたら、再びインフュージョンをしめらせて温め、繰り返します。

 保存方法 

冷暗所で1週間保存できます。

カモミールのインフュージョンの温湿布

カモミールのインフュージョンの湿布は、眼精疲労を癒すケアに有効です。

優しい香りに包まれて、心もリラックスします。

カモミールのインフュージョン(浸剤)の作り方【パサパサ髪や目の疲れに】
美容大国モロッコの手作りコスメ、カモミールのインフュージョン(浸剤)の作り方です。カモミール浸剤は、パサつく髪のケアや眼精疲労、目の下のクマを解消に有効です。シャンプー後のマッサージローションとリンス、メンタルヘルスにもいい疲れ目の湿布に。

 

 

こちらもチェック
ハーブの手作りコスメで目の下のクマやたるみを解消して老け顔にサヨナラ
パソコンなどによる目の疲れ、自粛生活の運動不足やストレスは、目の下のクマやたるみの原因にも。目のトラブルを改善するハーブやモロッコの粘土ガスールを利用して、疲れた目と目元のケアを!ハーブやガスールを材料にした自然派手作りコスメを紹介します。