アニス:炎症を鎮めて傷んだ肌をなめらかに

アニスは、種子のような果実をつけ、そのアニスシードがスパイスとして使われます。

アニスシードは古代エジプト時代にミイラを作る際の消臭に使われ、古代ギリシャでは薬草として用いられてきました。

ヨーロッパでは、中世時代に栽培がはじまり、アニスが使用されていました。

現在でも、美容業界では、歯磨き粉や口腔衛生製品、傷のクリームや手荒れ用クリームなどに使用されています。

アニスシードには、健胃、駆虫、鎮痛、目の疲れや炎症を鎮める作用などがあります。

自宅でできるハーブの疲れ目ケアで眼精疲労と目のトラブルを解消
テレワークが増え、眼精疲労に悩む人が増えています。ハーブなどを利用した、自宅でできる疲れた目ケアの紹介です。ハーブのなかには目のトラブルを改善するものも存在します。ハーブの自然な香りは、目の疲れだけでなく、ストレスも減らす効果が期待できます。
ハーブの手作りコスメで目の下のクマやたるみを解消して老け顔にサヨナラ
パソコンなどによる目の疲れ、自粛生活の運動不足やストレスは、目の下のクマやたるみの原因にも。目のトラブルを改善するハーブやモロッコの粘土ガスールを利用して、疲れた目と目元のケアを!ハーブやガスールを材料にした自然派手作りコスメを紹介します。

傷を回復させる働きでも知られています。

アニスシードの煎剤(インフュージョン)を傷口に温湿布すると。治りが早まります、

また、傷んだ皮膚をなめらかにする働きがあり、このインフュージョンは皮膚の小さな炎症にも効果があります。

アニスシードの粉末に、木炭の粉末とレモン汁を少し加えて作る歯磨き粉は、歯の汚れを落とし、白くします。
口臭を消す効果もすぐれているといわれています。


学名:Pimpinella anisum L.
科名:セリ科
使用部位:葉と実
開花時期:7月~8月
収穫時期:7月~9月



原産と生息地

中東の地中海沿岸と北アフリカに生息する一年草の植物だが、現代では、トルコ、ブルガリア、ロシア、インドなどで商業用に多く栽培されている。

 

 

こちらもチェック
お茶文化を大切にするアラブの人気ハーブティー
お茶はアラブ地域の重要な文化。昔からハーブやスパイスは医療や料理に使われ、いまでもさまざまなハーブを日常的に楽しんでいます。ハーブティーは身体の不調だけでなく、精神のバランスを整える働きがあります。モロッコで人気の美と健康にいいお茶を紹介。