ブルーマロウ:傷んだ肌やヘアを修復して保湿

ブルーマロウは、和名がウスベニアオイのハーブです。

ハーブティーとして人気があり、お湯を注ぐと、鮮やかな青色になり、そこにレモンを浮かべるとピンク色に変色します。

昔から民間療法で用いられていたハーブで、喉の痛みや気管支炎、胃炎に効果があるとされています。

スポンサーリンク

ブルーマロウの美容効果

ブルーマロウは、保湿、鎮静、抗炎症作用で知られ、外傷から皮脂膜を保護して修復する働きがあります。

ブルーマロウの煎じ液は、スキンケア、ヘアケア、アイケア、口腔ケアで大活躍。

これをフェイスローションにすると、乾燥肌や傷んだ肌を修復し、保湿します。

ブルーマロウとカモミールの乾燥肌ローション
モロッコ秘伝の乾燥肌しっとりローションの手作りレシピです。乾燥を防ぎ、潤いを与えるブルーマロウとジャーマンカモミールの化粧水。ジャーマンカモミールは皮膚細胞を再生する作用があり、ブルーマロウは、乾燥肌や傷んだ肌を修復するといわれています。
豆乳とブルーマロウの化粧水で肌の汚れすっきり
美容大国モロッコの乳製品を使った手作りクレンジングローションのレシピです。保湿効果が高い豆乳と、乾燥肌やダメージ肌を改善し、うるおいを与える働きでしられるブルーマロウの拭き取り化粧水。古い角質や毛穴汚れをすっきり落とし、しっとりなめらか肌に。
モロッコ秘伝!保湿力アップの手作りガスール
モロッコ美容に欠かせない粘土(クレイ)ガスールガスールに、ラベンダーやローズマリーなどのハーブ、アルガンオイルを加えた手作りガスールの作り方です。保湿、乾燥防止、修復、毛穴の引きしめ、エイジングケアの効果が期待でき、しっとりなめらかな肌に。

この煎じ液のリンスは、ドライヘアや傷んだ髪に栄養を与え、コシのある髪にします。

炎症を起こして赤くなった目は、ブルーマロウの煎じ液ですすぐと症状がやわらぎます。

目の炎症や充血を改善するブルーマロウの温湿布
パソコンなどで目が疲れ、炎症して赤く充血したときは、ブルーマロウの煎じ液で洗眼すると、症状が軽減するといわれています。この煎じ液をタオルにしめらせた温い湿布も、目のトラブルを改善する効果が期待できます。モロッコの民間ヘルスケアの紹介です。

マウスウォッシュとして使えば、歯肉炎と口内炎に効果的。

ブルーマロウを植物油につけこんだオイルは、ボディケアや傷の手当の手当て、日焼け後の傷んだ肌におすすめです。

ハーブやオイルで切り傷や打撲の治しを早める
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイルやハーブを材料に、切り傷やすり傷、打撲や青あざを早く治すケアの紹介です。バジル、クローブ、ブルーマロウ、ヒソップ、マリーゴールドで作るカレンデュラオイルは傷の手当に。打撲用マッサージオイルも。

ブルーマロウの効能

ブルーマロウは、粘液質を多く含み、喉の痛みや腫れ、胃炎、膀胱炎などを緩和する働きがあるとされます。

ただし、妊娠中の人や、医師の治療を受けている人は、使用を控えるか、専門家に相談するのが望ましい。

ブルーマロウの特徴

草丈は60~200cmの多年草で、夏に赤紫色の花を咲かせます。

原産と生息地
寒さに強い植物で、かなりいたるところに生息します。特にフランス北部にみられます。


学名:Malva sylvestris
科名:アオイ科
別名:ウスベニアオイ
使用部位:花、葉、根
開花時期:5月~9月初旬
収穫時期:夏