クルミの伝統歯ブラシやハーブで歯とお口のケア

歯とお口のケアも、天然素材でできたらいいですね。

歯ブラシの起源は、「歯木」と呼ばれる木の枝だといわれています。

木の種類は地域によってそれぞれですが、いずれも薬効のある樹木が選ばれます。

モロッコで用いられるクルミの樹皮は、殺菌作用にすぐれたタンニンなどを含み、口内を洗浄し、歯茎を引き締める効果があるそうです。

クルミ:歯からヘアまでお手入れ方法はいろいろ
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。クルミは古代から優れた薬効が評判の植物。葉を粉末にしたマッサージはスクラブ効果があり、古い角質を取り除きます。芽の抽出液は、抜け毛、傷んだ髪、フケを予防するなどをヘアケアに適しています。

写真がモロッコの天然歯ブラシ「スワック」で、現在でもスーク(市場)に並んでいます。

使い方は、巻きつけてある樹皮を2~3センチちぎって、ガムのように噛むだけ。

クルミの樹脂は赤茶色の染料としても使われ、噛むと歯茎がほんのり染まります。

味は苦くてまずく、噛んでいると樹皮の繊維質が口に残ります。
それがかえって、口の中をすっきりさせるともいえそうですが…。

ハーブで輝く白い歯をキープ

歯の黄ばみを取るのは、セージ。
週1回、歯磨きの後、セージの葉で歯をこすります。

セージ:足汗とオイリー肌&ヘアをすっきり
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。セージは昔から、消臭および発汗抑制作用があると信じられてきました。収れん、保湿、殺菌効果でも知られ、脂性の肌や頭皮のトラブルに向いています。、セージで作ったビネガーのリンスはさっぱり。

煙草のヤニにはレモンがいいそうです。
毎朝、レモン汁で歯を磨きます。

また、赤ブドウの葉、オークの煎じ液のうがいは、歯肉炎と口内炎を治します。

赤ブドウ:足のむくみを解消する強い味方
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。赤ブドウには、静脈と毛細血管の引き締め、刺激やデトックスなど、さまざまな効能があります。赤ブドウ葉は、むくんで重い足を軽くし、セルライトのオレンジピールスキンを取り除く働きがあります。
オーク:気になる足汗とひび割れのケアに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。オークには収れんと殺菌作用があり、ニキビ、湿疹、赤い発疹など皮膚トラブルに効果が。オークの足浴は過剰発汗の抑制とひび割れに。お風呂に加えると、心身が刺激され、エネルギーチャージできます。

ブルーマロウの煎じ液のうがいは、口内炎や歯の根元の露出を改善。

ブルーマロウ:傷んだ肌やヘアを修復して保湿
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。ブルーマロウは、保湿、鎮静、抗炎症作用で知られ、皮脂膜を保護して修復する働きが。ブルーマロウの煎じ液は、肌や髪のローション、目と口腔ケアに。ブルーマロウオイルは、ボディや日焼けのケアに。

それから、口内炎を改善するハーブは、バジルとクローブ。
最も簡単なのは、クローブの粉を直接口に入れ、よく噛み、うがいをするという方法です。

バジル:強力な殺菌作用でニキビ肌をすっきり
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。シャープな香りのバジルは抗感染と殺菌作用がすぐれ、ニキビの解消に。皮膚細胞を若返らせる働きでも知られ、衰弱した皮膚を元気に。バジルの煎じ液にはトニック効果があり、抜け毛を防ぎます。
クローブ:乾燥を防いで肌を潤し髪を元気に
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。クローブには強力な殺菌力があり、鎮痛作用もすぐれ、特に歯痛を鎮めます。口臭防止、口腔の炎症や口内炎に有効です。肌の乾燥を防ぎ、皮膚炎や吹き出物を解消し、髪をいきいき元気にする効果も。

ザクロ果皮のマウスウォッシュ

ザクロは歯茎とお口のお手入れにも最適です。
ザクロの果皮はよく水洗いしてから使用しましょう。

材料

ザクロの果皮 … 25g
ミネラルウォーター … 500ml

作り方

  1. ミネラルウォーターとザクロの果皮を鍋に入れて火にかけ、煮立せます。
  2. 火を弱め、10分ほど煎じます。
  3. 火を止め、そのまま冷まします。
  4. 茶こしでこして、容器にうつします。

使い方

このマウスウォッシュで、毎日うがいを。

ザクロ:リップふっくり幸運をもたらす赤い果実
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ザクロは幸福をもたらすといわれ、胃や心臓の病気に効果があります。喉の渇きをいやし、消化を促進する働きも。ザクロの果皮は、粘膜を温め、ふっくりさせる作用があり、口紅として用いられます。

ガスールの歯磨き粉

ガスールは歯磨き粉としても使われます。
ただし、高品質のガスールのみ。日本では難しいですが。

材料

ガスール … 小さじ1
ミント … 小さじ1

作り方

ガスールとミントを粉末にし、混ぜ合わせます。

使い方

これで、1~2か月に一度、歯みがきします。

モロッコの粘土ガスールでしっとり潤い肌に
粘土(クレイ)ガスールはモロッコ美容の手作り化粧品に欠かせない素材。ガスールの効能・効果と手作りパックを紹介します。洗浄作用があるガスールはシャンプーとして使われる他、マグネシウムなどミネラルが豊富で、肌に浸透して潤いのある美肌を作ります。
ペパーミント:気分と肌のリフレッシュに
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。ペパーミントは”栄光の香り”の植物といわれ、古代から人々に愛されてきました。メンソールが豊富で、頭痛を解消し、心身を軽快にする作用があります。収れん、殺菌、リフレッシュ効果で美容にも。

セージ&ミントとクレイの歯磨き粉

ハーブを使った歯磨き粉としては、セージ&ミントとクレイ。
内服可能なクレイを使ってくださいね。

材料

セージ … 小さじ1
ミント … 小さじ1

作り方

  1. セージとミントを粉末にし、混ぜ合わせます。
  2. これにクレイの粉末を加えます。

使い方

歯磨き粉として使います。

炭の歯磨き粉

炭の歯磨き粉というのもあります。

材料

木炭 … 適量
塩 … 小さじ1

作り方

  1. 炭を粉末にし、ふるいにかけます。
  2. これに塩を加えます。

使い方

歯磨き粉として使います。

歯肉炎にセージ

材料

セージ … 15g
ミネラルウォーター … 500ml

作り方

  1. ミネラルウォーターを沸騰させます。
  2. 火を弱め、セージを入れて、10分煎じます。
  3. 火を止めて、そのまま冷まします。
  4. 茶こしでこして、容器にうつします。

使い方

歯磨きの後、この煎じ液で口をすすぎます。
症状がなくなるまでつづけます。

口内炎にバジル

材料

バジル … 小さじ3
熱湯 … 1カップ

作り方

  1. マグカップにバジルを入れ、熱湯を注ぎます。
  2. 10分ほど蒸らし、バジルを取り出します。

使い方

この液で1日に何度か口をすすぎます。

口内炎にクローブ

材料

クローブ … 5~6粒
熱湯 … 1カップ

作り方

  1. マグカップにクローブを入れ、熱湯を注ぎます。
  2. 15分ほどおき、クローブを取り出します。

使い方

このも煎じ液でうがいをします。

 

こちらもチェック!

植物の力で乾燥と荒れを防いでみずみずしい唇に
マスク着用による唇の荒れる人が増えているようです。乾燥する季節はなおさらのこと、丁寧な保湿リップケアが大切。ザクロの果皮のリップバーム、サフランと卵黄のリップ用パック、レモンと生クリームのパックなど美容大国モロッコのお手入れ法を紹介します。