日焼け後はアルガンオイルとハーブのモロッコ美容の手作りスキンケア

美容効果の高いオイルとして人気のアルガンオイルは、日焼け後のお手入れに有効です。

肌も髪も健やかにアルガンオイルの効能と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
モロッコ手作りコスメの材料アルガンオイルの効能・効果と使い方を紹介します。アルガンオイルはアンチエイジングの理想的な美容オイル。抗酸化作用にすぐれ、保湿効果もばつぐん、肌にも髪にも使えます。オレイン酸やリノール酸が豊富で食べてもヘルシーに。

ただ、日焼け止めには向かないようで、英語で発表された研究資料によると、UVカット効果の高いオイルは次の通り。

小麦麦芽オイルはSPF20でかなり高め。
アボカドオイルはSPF15。
ココナッツオイルとオリーブオイルはSPF8。
マカデミアナッツオイルがSPF6、スイートアーモンドオイルがSPF5。

アルガンオイルは、SPF0です。

アルガンオイルを上手に使って、日焼けによるトラブルを改善しましょう。

アルガンオイルで日焼けしたブロンズ肌をキープ

アルガンオイルは、美しい小麦色を長持ちさせる働きがあります。

アルガンオイルに紅茶やコーヒーを加えた、簡単なお手入れ法です。

紅茶

紅茶を薄め、コットンにしめらせて、日焼けした部分につけます。
その後、アルガンオイルを数滴加えたローズウォーターをつけます。

ローズウォーターの美容効果と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
美容効果が高く、手作り化粧品の素材として欠かせないローズウォーターの効能と使い方の紹介です。モロッコはバラの生産地。ローズウォーターは日常的によく使われます。水分のバランスを整え、潤いのある肌に。シワ予防などエイジングエアにも適しています。

コーヒー

アルガンオイル(250ml)にコーヒー(小さじ1/2)を加えます。
色が均等になるまでよく混ぜて、日焼けした部分につけます。

カモミールとアルガンオイルの日焼けケア

ジャーマンカモミールをアルガンオイルに漬けた、贅沢なインフューズドオイルです。

カモミールとアルガンオイルのインフューズドオイルの作り方【傷んだ肌に】
美容大国モロッコの手作りコスメ、ジャーマンカモミールをアルガンオイルに漬けた浸出油(インフューズドオイル)の作り方です。炎症を鎮めるジャーマンカモミールと、保湿効果のあるアルガンオイルの贅沢なオイルは、傷んだ肌を修復し、潤いを与えます。

日焼け後にセントジョーンズワートとオリーブオイル

日焼け後の肌をのほてりを鎮め、しっとり落ち着かせるセントジョーンズワートのインフューズドオイルです。

セントジョーンズワートのインフューズドオイルの作り方【乾燥肌や打撲に】
オリーブオイルにセントジョーンズワートを漬けた浸出油は、切り傷ややけど、肌荒れ、日焼け後の肌をのほてりを鎮める効果が期待できます。手軽なオリーブオイルは皮膚細胞再生作用があり、セントジョーンズワートは皮膚の損傷を修復する働きがあるとされます。

フィーバーフューとセントジョーンズワートのアルガンオイル

フィーバーフューをアルガンオイルに漬けたインフューズドオイルで傷んだ肌を修復。

フィーバーフューとセントジョーンズワートのアルガンオイルのインフューズドオイル
フィーバーフューとセントジョーンズワートをアルガンオイルに漬け込んだインフューズドオイルは、肌のうるおいを取り戻す効果が期待でき、モロッコ美容では日焼け後のお手入れに使われます。傷んだ肌を修復するハーブと保湿作用のアルガンオイルの贅沢なオイル。

ヘナのセルフタンニングクリーム

ほんのり日焼け肌を作る、ヘナ(ヘンナ)とガスールを使ったセルフタンニングクリームです。

ヘアカラーだけじゃないヘナの美容効果と使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
タトゥーや髪染めで知られるヘナは、モロッコ手作り化粧品の材料として欠かせません。肌を引き締め、弾力を与えるスキンケアがあり、紫外線から肌を保護して日焼けを防ぐ作用も。ニキビや湿疹、足のひび割れ、頭痛や潰瘍などを治す医薬品としても使わてます。
肌と髪にうるおいを与えるガスールの使い方【モロッコ美容の手作りコスメ】
粘土(クレイ)ガスールはモロッコ美容の手作り化粧品に欠かせない素材。ガスールの効能・効果と手作りパックを紹介します。洗浄作用があるガスールはシャンプーとして使われる他、マグネシウムなどミネラルが豊富で、肌に浸透して潤いのある美肌を作ります。
 このレシピの材料 

ガスール … 1.5カップ
ヘナ … 大さじ2
レモン汁 … 大さじ2
オリーブオイル … 1/2カップ
ローズウォーター(もしくは、ミネラルウォーター) … 適量

所要時間:20分+1時間  保存期間:1週間

 作り方 

  1. ボウルに粉末のガスールとヘナを入れます。
  2. レモン汁とオリーブオイルを加え、混ぜ合わせます。
  3. ローズウォーターを少しずつ注ぎ、固めのクリーム状にします。

 使い方 

  1. 身体を洗った後、このヘンナのクリームを全身に塗ります。
  2. 最低15分、できれば30分ぐらいそのままにします。
  3. 終わったらお湯で流します。

ヘナは肌に合わない場合もあるので、パッチテストで試してからにしてください。

 

こちらもチェック
切り傷や打撲のの治しを早めるハーブやアルガンオイルのホームケア
美容大国モロッコの手作りコスメ。アルガンオイルやハーブを材料に、切り傷やすり傷、打撲や青あざを早く治すお手入れの紹介です。バジル、クローブ、ブルーマロウ、ヒソップ、マリーゴールドで作るカレンデュラオイルは傷の手当に。打撲用マッサージオイルも。