モロッコの魅惑的な赤リップは幸運を引き寄せる

モロッコの伝統的メイクは、黒と赤の二色で魅惑的な目元と口元に仕上げるのがポイント。

ヘナ(ヘンナ)やサフランで入れ墨をするよう に、アラブでは伝統的に、朱色は幸せをもたらすといわれ、赤い色に愛着があるそうです。

赤く美しい繊細な文様ヘナタトゥーで幸せを守る
髪染めでおなじみのヘナ(ヘンナ)は、邪気を退ける力があるといわれ、モロッコでは健康や喜び、美の象徴です。ヘナタトゥーは、女性の身を守り、幸福をもたらすと信じられています。芸術的なレース文様は地域ごとに特色があり、手描き以外に簡単なシール式も。
サフラン:鮮やかな赤いスパイスは若返り効果も
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。”健康の花”とも呼ばれるサフランは、鎮痛や鎮静などの作用があり、昔から医薬品として知られていました。独特な香りと黄色に色づく貴重な料理用スパイスで、若々しさを保つ美容効果もあります。

中世のアラブ文学では、女性の唇を崇め、ルビー、サンゴ礁、紅玉髄といった宝石と同ランクの価値で表現されています。

モロッコやアルジェリアのベルベル民族も、唇が顔のなかで最もセクシーな部分と考えています。

モロッコの女性たちは、「アケール」という植物由来の天然メイクアイテムを使って、頬や唇を赤く染めます。

アケールの赤色は、ピンク系から真っ赤までいろいろ。

粘土製や木製、もしくはガラス製の容器で市販されています。

写真は、モロッコのスーク(市場)のスパイス屋で買ったアケールです。

実はまだ一度も使っていません。
いまのところ、旅の思い出として、ながめるだけにしています……。

この植物性メイクアイテムは、肌によくなじみ、唇に栄養を与える役割もあります。

指先を少量の水か唾液で湿らせ、容器の赤い粉の表面を軽くこすり、軽いタッチで、唇にぬります。

アケールにはちみつを少し加えると、保湿効果がアップします。

原料の植物は地域によって異なり、紅花、ザクロの樹皮、ヒナゲシ、野バラ、アルカンナが用いられます。

紅花

紅花の花は、古代エジプトで染色剤や抗真菌薬として知られ、ミイラの包帯を染めるのに使っていました。
柔軟および保湿効果があり、愛らしいチェリー色に色づきます。

ベニバナ:赤い口紅の原料でアンチエイジング
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。紅花は末摘花(すえつむはな)ともいい、英語ではサフラワー。乾燥させた花冠は紅い染料になり、口紅など赤く色づけるメイクに使われてきました。エジプトでは、ミイラの着衣を染めるのにも利用したそう。

ザクロ

赤いフルーツのザクロは、さまざまな種類のビタミンを含み、特にビタミンCが豊富で、抗酸化作用と引き締め効果があります。

ザクロ:リップふっくり幸運をもたらす赤い果実
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ザクロは幸福をもたらすといわれ、胃や心臓の病気に効果があります。喉の渇きをいやし、消化を促進する働きも。ザクロの果皮は、粘膜を温め、ふっくりさせる作用があり、口紅として用いられます。

ヒナゲシ

地中海の東部が起源のひなげしは、古代エジプトの古墳からも見つかっています。
繊細で鮮やかな赤色の花びらは、唇をソフトにする作用を持つ理想的な粘膜を持っています。

アルカンナ

地中海に生息するアルカンナの根は、赤いメイクアイテムとして、昔から使われていました。
植物油に混ぜるだけで、簡単に深紅色の口紅やチークになります。
アルカンナは、「フェズの紅」とも呼ばれています。

アケールのフェイスパック

日焼けしたように輝く顔色を作る、アケールのパックです。
月1回行うといいそうですよ。

材料

アケール … 小さじ1
ガスール … 小さじ2
はちみつ … 小さじ1
アルガンオイル … 小さじ1
卵黄 … 1個
ローズウォーター … 数滴
オレンジフラワーウォーター … 数滴

作り方

  1. ガスール、はちみつ、アルガンオイル、卵黄を混ぜて、クリーム状にします。
  2. ここにアケール、ローズウォータとオレンジフラワーウォーターも数滴を加えます。

使い方

洗顔後の顔と首につけ、15分パックします。
ぬるま湯ですすぎます。

 

材料のおさらい

モロッコの粘土ガスールでしっとり潤い肌に
粘土(クレイ)ガスールはモロッコ美容の手作り化粧品に欠かせない素材。ガスールの効能・効果と手作りパックを紹介します。洗浄作用があるガスールはシャンプーとして使われる他、マグネシウムなどミネラルが豊富で、肌に浸透して潤いのある美肌を作ります。
美容効果が高いはちみつでモロッコ手作りコスメ
モロッコの手作りコスメで使う基材はちみつの効能と使い方を紹介します。ミネラルとビタミンが豊富なはちみつは、免疫システム強化、抗酸化作用といった働きがあります。美容効果も高く、皮膚の細胞を再生し、深層に栄養を与え、水分補給し、シワを予防します。
アルガンオイルとは?肌にも髪にもすごい効果
モロッコ手作りコスメの材料アルガンオイルの効能・効果と使い方を紹介します。アルガンオイルはアンチエイジングの理想的な美容オイル。抗酸化作用にすぐれ、保湿効果もばつぐん、肌にも髪にも使えます。オレイン酸やリノール酸が豊富で食べてもヘルシーに。
ローズウォーターの日常使いで美肌と幸せ気分を
美容効果が高く、手作り化粧品の素材として欠かせないローズウォーターの効能と使い方の紹介です。モロッコはバラの生産地。ローズウォーターは日常的によく使われます。水分のバランスを整え、潤いのある肌に。シワ予防などエイジングエアにも適しています。
オレンジフラワーウォーターの美容効果と使い方
モロッコ美容の手作りコスメの素材オレンジフラワーウォーターを紹介します。ビターオレンジの花を蒸留した際にできるオレンジフラワーウォーターは、シワを薄くし、抜け毛を防ぐなどの効果があります。幸運を引き寄せるといわれ、お菓子や料理にも使われます。

 

こちらもチェック!

アラブ美容のアイメイクは黒アイラインでキメる
アラブ地域のアイメイクは、くっきり引いた黒のアイラインが特徴。メイクアイテムは「コホル」と呼ばれる黒い粉アンチモンで、細い棒につけて、アイライナー&マスカラとして使います。目のトラブルの薬効もあり、古代エジプトではアイブラックの目的で用いたそう。