アーモンドやシュガースクラブでツルツル美肌に

最近話題のシュガースクラブは、モロッコ美容にもあるのです。

その前に、砂糖の歴史を少し。

イスラム世界では、7世紀ごろサトウキビの栽培が伝来し、砂糖精製技術が発達、砂糖を取り入れた豊かな食生活が普及していったそうです。

その昔、砂糖は薬としても用いられていたといいます。

砂糖水は、そのままならお腹の調子を整え、アーモンドパウダー入りはやる気を起こさせ、バター入りはデトックスと腹痛緩和の働きがあるとのこと。

ローズウォーターなどフラワーウォーターを加え、“健康ドリンク”として飲まれていたそうです。

砂糖のほか、モロッコ美容の天然素材スクラブ(ゴマージュ)は、アーモンドパウダー、亜麻の実、小麦ふすま、糠などが使われます。

スポンサーリンク

シュガースクラブ

お砂糖(大さじ2)にぬるま湯を混ぜるだけ。
ぬるま湯の温度が高いと、お砂糖が溶けてしまうので気をつけて。

これでマッサージして、冷水で流します。

お砂糖は、ブラウンシュガーやきび糖などもおすすめです。

アーモンドとオレンジフラワーウォーターのスクラブ

アーモンドとオレンジフラワーウォーターは、毛穴の汚れや角質を取り除くマイルドなピーリングに。

オレンジフラワーウォーターには、肌の加齢を遅くする効果もありますよ!

 このレシピの材料 
アーモンドパウダー … 大さじ1強
オレンジフラワーウォーター … 大さじ1
スイートアーモンドオイル … 少量

毛穴 角質 混合肌  所要時間:20分 保存期間:1日

 保存容器と用具 

ボウル(小)
計量スプーン

 作り方 

  1. ボウルにアーモンドパウダーとオレンジフラワーウォーターを入れ、混ぜます。
  2. スイートアーモンドオイルを少し加え、乳液状にします。

 使い方 

  1. 化粧を落とし、洗顔します。
  2. これで顔をやさしくマッサージします。鼻やおでこは特に念入りに。
  3. ぬるま湯で流し、いつものお手入れを。

 保存方法 

1回で使い切りましょう。

 

材料のおさらい

ローズウォーターの日常使いで美肌と幸せ気分を
美容効果が高く、手作り化粧品の素材として欠かせないローズウォーターの効能と使い方の紹介です。モロッコはバラの生産地。ローズウォーターは日常的によく使われます。水分のバランスを整え、潤いのある肌に。シワ予防などエイジングエアにも適しています。
アーモンドのミルクとパウダーでなめらか肌に
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。健康ドリンクのアーモンドミルクを材料にしたクレンジングやパックを紹介します。アーモンドパウダーも素材としてガスールや牛乳を加えたパックに。アーモンドは炎症やかゆみを癒し、保湿効果もばつぐんです。

ごまとオリーブオイルのスクラブ

ごまはアラブ地方が起源の植物。
丸くて平たい小さな種が、いわゆる”ごま(胡麻)”です。

そのまま生でも使いますが、炒ったり、細かく挽いたりして用いられます。

ごま油は、レシチンが豊富で、抗酸化作用のあるビタミンEを含み、美肌作りにも最適。
古代バビロニア人がセサミオイル(ごま油)で肌と髪をお手入れしていたとの記録もあるそうです。

ごまは心身の贅沢なグルメ素材なのです。

台所にあるすりごまとオリーブオイルで簡単に作れるのが、ごまのフェイス用スクラブ。

ピーリング効果で汚れを落とします。

 このレシピの材料 
すりごま … 大さじ1
オリーブオイル … 少量

毛穴 角質 混合肌  所要時間:20分 保存期間:1日

 保存容器と用具 

ボウル(小)
計量スプーン

 作り方 

  1. ボウルにすりごまを入れ、オリーブオイルを加えます。
  2. よく混ぜ合わせ、乳液状にします。

 使い方 

  1. 化粧を落とし、洗顔します。
  2. これで顔をやさしくマッサージします。鼻やおでこは特に念入りに。
  3. ぬるま湯で流し、いつものお手入れを。

 保存方法 

1回で使い切りましょう。

 

材料のおさらい

オリーブ:健康にも美容にもうれしいオイル
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。オリーブの葉には殺菌作用があり、傷口の消毒に。オリーブオイルはオレイン酸やリノール酸といった不飽和脂肪酸、ビタミン、ミネラル、スクワランを含み、皮膚細胞の再生を活性化し、血液の循環を改善。

 

こちらもチェック!

スクラブのボディケアでトータルな美を目指す
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイル、アーモンドパウダー、シュガー、レモン、オートミールを材料にした、古い角質や汚れを落とすスクラブの紹介です。頭のてっぺんから足の爪先までキレイになる、基本の垢すりに加え、ゴマージュも大切。