フェヌグリーク:のどの痛みや吹き出物の解消に

フェヌグリークはアラビア半島周辺の国が起源のマメ科の植物。
現在ではインドからエジプト、モロッコ、そしてフランスなど広い範囲で生産されています。

古代エジプトとギリシャの医学ですでに用いられていたといわれ、古代エジプトの墓からも発見されているそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フェヌグリークの美容効果

フェヌグリークは、細胞組織を再生し、保湿する働きがあるといわれ、スキンケアに用いられます。

特に、シミ・ソバカスを薄くする効果が期待されています。

モロッコ美容のハーブ手作りコスメでシミとくすみを消して透明感のある肌
美容大国モロッコの手作りコスメ、ハーブを材料にしたシミ・ソバカスとくすみを目立たなくするスキンケアの紹介です。パセリのローション、フェヌグリークとはちみつ&レモンのパック、白ブドウとローズウォーターの美容液、ダンデライオンルートの化粧水。

吹き出物を乾燥させる薬としてよく知られているのが、パウダー状のフェヌグリークに水を加えて作る軟膏です。
これを吹き出物につけて、乾くまでそのままにして、水で洗い流します。

また、抜け毛やフケの予防に適しているとされ、定期的なフェヌグリークのヘアケアで、髪が元気に丈夫になるといわれています。

抜け毛の悩みを解消するハーブの手作りコスメで癒しの自宅ヘッドスパ
ガスールやアルガンオイルを使った、抜け毛を防ぐモロッコ美容の手作りコスメの紹介です。乾燥およびオイリーな頭皮ケア別のハーブを使ったお手入れ。運動不足やストレスによる血行不良は抜け毛の原因のひとつ。ハーブの自宅ヘッドスパは疲れを癒す効果も。
ハーブを使ったモロッコ美容の手作りコスメの頭皮ケアでフケの悩みは解決
フケを予防する美容大国モロッコのヘアケアの紹介です。ハーブは、頭皮の乾燥やベタつきを改善し、フケを防ぐ効果が期待できます。ローズマリーやネトル、ゴボウ、タマネチのリンスやトリートメント、ヘナとローリエのパックパックなど。傷んだ髪も元気に。

フェヌグリークは血行促進やデトックス作用もあり、脂質の代謝を高める成分を含むとされ、セルライト除去の働きでも知られています。

モロッコ美容のハーブの手作りコスメで気になる太ももセルライトを除去
美容大国モロッコのハーブを材料にしたセルライト対策の手作りコスメの作り方です。セルライトに効くといわれるハーブがあります。老廃物を排除するフェヌグリークを使ったパック、マジョラムやボリジのハーブのインフューズドオイルルなどのお手入れ法を紹介。

フェヌグリークの効能

フェヌグリークはミネラルが豊富で、血糖値の上昇を抑制し、悪玉コレステロールを下げる働きがあるといわれています。

器官の刺激強壮、食欲促進したり、腸内ガス除去といった作用で知られています。

モロッコの甘いペースト”アムルー”などアラブのヘルシーな食べ物
アラブ地域では、“予防”を重視し、バランスのいい食事、適度な運動、十分な睡眠、そして不要物の排出が美と健康を維持するキーポイント。身体のためだけでなく、精神的にもいい食べ物を摂るよう心がけます。モロッコのアルガンオイルのアムルーなどを紹介。

声のかれを解消し、のどの痛みをやわらげる効果もあり、フェヌグリークはうがい薬に用いられます。

コップいっぱいのお湯に小さじ1のフェヌグリークの粉を溶かして、ガラガラと。

ただし、フェヌグリークは子宮を刺激する作用があるため、妊婦や授乳中の使用は避けてください。

更年期向け植物

主要成分:
ミネラル(リン、鉄、カルシウム)、粘質、精油

作用:
糖尿病を防ぐ

適応症状:
血糖値のトラブル/脂肪質異常症

フェヌグリークの特徴

フェヌグリークはマメ科の一年草です。高さは60㎝ほどで、茎は細く、緑色の葉を3枚ずつ組みになってつきます。輝く黄色の花が咲き、茶色みをおびた豆をつけます。

原産と生息地
北アフリカと中東の地中海沿岸が原産ですが、現代では医療業界で使用されるため、フランスやインド、中国など世界中で栽培されています。野生のフェヌグリークは、日当りのいい肥沃な土地に生息します。


学名:Trigonella foenum-graecum
科名:マメ科
使用部位:種開
花時期:夏
収穫時期:殻が割れて種が出てきたとき