ホワイトウィロー:肌を清らかにして炎症を防ぐ

ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ)は白くしなやかな木。

樹皮は家具などに使われますが、太古の昔から、医薬品としても用いられてきました。

ホワイトウィローの樹皮には、フラボノイド、タンニン、ビタミンCといった、さまざまな成分が含まれています。
なかでもサルチル酸の含有が19世紀末に科学的に証明され、アスピリンの薬効があるのがわかりました。

解熱作用、抗神経痛作用があり、リュウマチの痛みと頭痛をやわらげます。

ホワイトウィローには抗炎症および収れん作用があり、オイリー肌に特に適しています。

ホワイトウィローの煎じ液のローションを定期的に使うことで、肌を洗浄して清潔にします。

発汗抑制作用でも知られ、足浴や手浴に向いており、過剰発汗を防ぎます。

ハーブのフットケアでかかとの角質と臭いを除去
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。セージ、ローズマリー、タイムなどのハーブを材料にした、角質除去と臭い対策の自然派フットケアの紹介です。軽石で古い角質を取り除き、アルガンオイルでしっとり。ヘンナとオリーブオイルで足裏をなめらかに。

ニキビ、発疹、湿疹などの皮膚のトラブル、ひじやひざのざらつきを解消します。

更年期向け植物

更年期にあらわれる関節痛やリュウマチをやわらげるといわれるハーブのひとつが、ホワイトウィローです。

また、性欲を抑える働きもあり、特に男性はその機能を消滅させてしまうともいわれています。

主要成分:
サルチル酸(アスピリン)、フェノール性物質、フラボノイド

作用:
鎮痛/抗炎症/抗リュウマチ

適応症状:
関節症、リュウマチ性炎症/片頭痛、頭痛

 


学名:Salix alba L.
科名:ヤナギ科
使用部位:葉、樹脂、花序
開花時期:4月~5月
収穫時期:開花中、樹皮は冬



特徴

白くしなやかな木で、先のとがった葉と密集した花をつけます。

原産と生息地
ヨーロッパ、アジアの温暖地帯が原産で、平地の湿った、水際の土地でよく育ちます。