サポナリア:泡立ち洗浄力にすぐれスベスベ肌に

サポナリアはソープワートと呼ばれ、その名の通り、石けんのように泡立つ特徴をもつ植物です。
サポニンを含み、水に触れると泡立ちます。

洗浄作用にすぐれ、美容業界では、クレンジング、シャンプー、石けん、歯磨き粉をはじめ、さまざまな泡立つ製品に配合されています。

サポナリアは、肌をヒリヒリ刺激することなく、なめらかなスベスベ肌をよみがえらせます。

ニキビや皮膚感染にもすぐれた効果を発揮します。

オイリー肌はもちろん、オイリーヘアにも向く植物です。

テカリやベタつきを抑えるハーブを使ったモロッコ美容の化粧水の作り方
美容大国モロッコの手作りコスメ、顔のテカりを解消してうるさら肌にする脂性肌用化粧水の作り方です。ペパーミントやローズマリー、ラベンダーなど、皮脂分泌のバランスを整えて保湿効果も高いハーブで作るインフュージョン(浸剤・煎剤)のローションです。
ベタつく髪と頭皮のケアにハーブとアルガンオイルのモロッコ手作りコスメ
ベタつく髪と頭皮を改善する美容大国モロッコの手作りヘアケアの紹介です。汚れを落として皮脂分泌のバランスを整えるハーブやアルガンオイル、ガスール、ヘナなどを材料にしたシャンプー、リンス、パック。ハーブの香りで心も癒されて、軽やかなツヤ髪に。

学名:Saponaria officinalis L.
科名:ナデシコ科
別名:シャボンソウ、ソープワート
使用部位:根も含む全草
開花時期:6月~8月
収穫時期:6月~8月、根は春



特徴

サポナリアは長い根茎をもつ、たっぷり茂る植物。茎は円筒形で赤っぽく、節が多い。葉は大きく長い円形の緑色の葉は対生し、密集して茂る。ピンクがかった紫色の5枚の花びらからなる花は、花束のように大きくたくさん咲く。

原産と生息地
中央ヨーロッパと地中海沿岸が原産で、湿気の多い地域の荒れた地に育つ。林間部の空き地、岩質の場所、河川敷、海岸線近くにみられる。