豆乳とブルーマロウの化粧水で肌の汚れすっきり

牛乳の代わりに豆乳を使えば、よりさっぱりしたクレンジングになります。

豆乳は保湿効果が高く、しっとりなめらか肌がよみかげります。

ブルーマロウは、乾燥肌やダメージ肌を改善し、うるおいを与える働きで知られています。

 

 このレシピの材料 
豆乳 … 50ml
ブルーマロウ … 小さじ1

 

毛穴 角質 保湿  所要時間:30分 保存期間:5日

 

 保存容器と用具 

ガラス瓶(50ml用)  ※ガラス瓶は煮沸消毒してから使用しましょう
計量スプーン
小鍋

 

 作り方 

  1. 鍋に豆乳とブルーマロウを入れて火にかけます。
  2. 沸騰直前で火からおろし、そのままにして冷まします。
  3. 冷蔵庫で1日おきます。
  4. キッチンペーパーなどでこし、ガラス瓶にうつします。

 

 使い方 

化粧を落とした後、牛乳ローションをコットンにふくませ、ふきとるように汚れを落とします。

 

 保存方法 

冷蔵庫で5日間保存が可能です。

 

材料のおさらい

ブルーマロウ:傷んだ肌やヘアを修復して保湿
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。ブルーマロウは、保湿、鎮静、抗炎症作用で知られ、皮脂膜を保護して修復する働きが。ブルーマロウの煎じ液は、肌や髪のローション、目と口腔ケアに。ブルーマロウオイルは、ボディや日焼けのケアに。

 

こちらもチェック!

牛乳のクレンジングで毛穴汚れすっきりツル肌に
美容大国モロッコの手作りコスメのレシピ。牛乳やヨーグルトには、不要な角質を取り除くピーリング作用があるといわれています。牛乳にバラやブルーマロウ、はちみつを加えた拭き取りローションでもっちり潤い肌に。ヨーグルトのクレンジングはメイク落としにも。