マシュマロウ:保湿効果で荒れた肌をなめらかに

和名でウスベニタチアオイと呼ばれるマシュマロウは、太古の昔からヨーロッパで医療に使われてきました。

学名のAlthaeaは、ギリシャ語の「Althaino」(治療)に由来しているといわれています。

マッシュマロウはリフレッシュ効果があるとされ、美容では、フェイスローション、パック、クリーム、石けんなどの入浴製品、日焼け関係製品、口腔衛生製品に配合されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マッシュマロウの美容効果

マッシュマロウはビタミンCと植物性粘液が豊富な植物です。

そのため、スキンケアに向いていて、皮膚の炎症や荒れ、かゆみを抑えるのに用いられます。

マシュマロウのインフュージョン(浸剤)は、保湿効果が高く、肌にうるおいを与え、肌をなめらかにする作用で知られます。

また、このインフュージョンは、日焼け後の肌のお手入れにも向いています。

さらに、マシュマロウはうっ血除去の効果もすぐれています。

足のむくみや疲れの解消にハーブを使ったモロッコ美容の手作りフットケア
美しい足のお手入れを大切にする美容大国モロッコのフットケアの紹介です。ローリエ、赤ブドウ葉、マシュマロウなどのハーブを材料にした、足の疲れやむくみに効く足浴は全身のリラックス効果も。ヘナやミントティーのマッサージも疲れた足の元気を回復させます。

マシュマロウの効能

マーシュマロウは粘液質を含み、人間の粘膜の保護・修復に適しています。

咳やのどの痛み、気管支炎、口内炎、胃炎など消化器官の炎症、泌尿器の炎症などの症状を和らげる働きがあるといわれています。

マシュマロウのインフュージョンのうがいは、口内炎や歯の根元の露出を改善します。

ハーブの手作りマウスウォッシュで歯とお口の健康をキープ
美容大国モロッコの手作りコスメ、ハーブを材料にした口腔ケアを紹介です。クルミ樹皮の天然歯ブラシ、クルミの葉は口臭を防ぐ効果も。歯の黄ばみや歯肉炎にはセージ、タバコのヤニにはレモン、歯茎の出血にはショウブ、口内炎にはバジルやクローブなど。

マシュマロウの特徴

マシュマロウは、長い直根の植物です。長くまっすぐ伸びた茎は綿毛でおおわれ、1.5メートルほどに達します。厚くうぶ毛がはえ、ハート形をした葉をもち、白かピンク色の花が上部の葉のわきに房になって咲きます。

原産と生息地
アジアと北アフリカが原産で、気候の適したヨーロッパ中に広がりました。塩分を含む土地の湿った場所、沼地、海岸部に野生で育ちます。


学名:Althaea officinalis L.
科名:アオイ科
別名:ウスベニタチアオイ、ビロードアオイ
使用部位:葉、花、根
開花時期:6月~8月末
収穫時期:開花中