ジュニパー:ニキビを減らしてデトックス効果も

ジュニパーの和名はセイヨウネズで、紫色の実は、アルコールのジンの香りづけに使われます。

ジェにぱーには利尿、鎮痛、抗炎症作用にすぐれています。
老廃物を排出する働きがあり、関節痛やリュウマチ、痛風などの症状を緩和します。

足のむくみや疲れの解消にハーブを使ったモロッコ美容の手作りフットケア
美しい足のお手入れを大切にする美容大国モロッコのフットケアの紹介です。ローリエ、赤ブドウ葉、マシュマロウなどのハーブを材料にした、足の疲れやむくみに効く足浴は全身のリラックス効果も。ヘナやミントティーのマッサージも疲れた足の元気を回復させます。
介護アロマテラピー│体調を整えて介護者も健やかに
介護者は自分自身のことに手が回らなくなり、健康管理をおろそかになりがちです。体調に異変を感じたら、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。介護者に多くみられる、腰痛、肩こり、眼精疲労、筋肉痛、風邪などの症状を軽減するアロマテラピーを紹介。

ジュニパーの枝は、抗炎症作用とデトックス効果で知られ、セルライトに効くといわれています。

ジュニパーの実は収れん作用があり、香りもよいことから、美容で多く使用されています。

ジュニパーの黄色い小枝はニキビや吹き出物のお手入れにおすすめです。

大人ニキビの悩みはモロッコ美容のガスールパックとハーブの化粧水で軽減
美容大国モロッコの手作りコスメ、大人ニキビ向けのレシピを紹介。モロッコの粘土ガスールは毛穴の汚れを落とし、皮脂分泌を調整するだけでなく、保湿効果もあります。ゴボウとジュニパーベリーのインフュージョン(煎剤)のローションは日常のお手入れに。

学名:Juniperus Communis
科名:ヒノキ科
使用部位:果実、葉、樹皮
開花時期:4月~6月
収穫時期:1年中、樹皮は10月



特徴

ジュニパーは根が非常に強い、トゲがあり、樹皮は褐色がかったグレーで、枝が幹の足元からのびている。濃い緑色の細く先のとがった葉は、線状に3~6本まとまってつき、小さな栗色の花が集団になって咲く。

原産と生息地
アメリカ、ヨーロッパ、アジアが原産で、不毛な乾燥した石の多い土地にみられ、石灰質の土地によく育つ。

 

 

こちらもチェック
介護アロマテラピー│暮らしのなかで香りを楽しむ
アロマテラピーを自然に取り入れるには、高齢者が日々行う家事のなかで、香りを習慣づける方法がおすすめです。洗濯のすすぎにラベンダーを加えたり、掃除やキッチン周りで香りを活用しましょう。失禁や加齢集などの消臭対策にも精油は活躍します。
海外でも実践されているアロマテラピーの高齢者介護
介護は精神的な負担を伴います。アロマテラピーのすぐれた点は、人間を包括的にとらえて心と身体のバランスを回復し、健康を維持する点にあります。心に働きかけながら、ストレスによって引き起こされる肉体的不調を改善させるのに役立つのがアロマテラピーです。
介護アロマテラピー│高齢者と香りでコミュニケーション
介護にアロマテラピーを取り入れるヒントを紹介します。香りはコミュニケーションの道具となり、脳の活性化にも役立ちます。アロマテラピーは高齢者にとっては未知の療法なため、導入するには、すでに知っている香りに似た精油から少しずつなじんでもらいましょう。