フェンネル:皮脂分泌を調整し保湿効果で潤いを

フェンネルは、日本語でウイキョウと呼ばれる、ハーブです。

昔から、神聖なハーブのひとつといわれ、食用や薬用に使われてきました。

種子や葉、茎は、さまざまな料理に利用され、なかでも、魚料理と相性がよく、魚の臭いを消すのにも役立ちます。

また、種子(フェンネルシード)は、スパイスとして知られています。
フェンネルシードのハーブティーは、甘くスパイシーな風味が特徴です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フェンネルの美容効果

フェンネルには収れん作用があり、オイリー肌やオイリーヘアに向いています。

フェンネルのインフュージョン(浸剤)は、オイリー肌の保湿ローションとして理想的で、水分を保ちながら、皮脂分泌を整えます。

テカリやベタつきを抑えるハーブを使ったモロッコ美容の化粧水の作り方
美容大国モロッコの手作りコスメ、顔のテカりを解消してうるさら肌にする脂性肌用化粧水の作り方です。ペパーミントやローズマリー、ラベンダーなど、皮脂分泌のバランスを整えて保湿効果も高いハーブで作るインフュージョン(浸剤・煎剤)のローションです。

頭皮の皮脂分泌を調整する働きもすぐれています。

フェンネルは眼の洗浄に適していて、赤くなった炎症を改善し、まぶたの腫れを取り除きます。

ハーブの手作りコスメで目の下のクマやたるみを解消して老け顔にサヨナラ
パソコンなどによる目の疲れ、自粛生活の運動不足やストレスは、目の下のクマやたるみの原因にも。目のトラブルを改善するハーブやモロッコの粘土ガスールを利用して、疲れた目と目元のケアを!ハーブやガスールを材料にした自然派手作りコスメを紹介します。

また、歯を白くする効果もあり、歯磨き粉にも用いられます。

特徴的な香りから、フェンネルの精油は石けんや髭剃り後のローションなどに使われています。

フェンネルの効能

フェンネルは胃腸のトラブルを改善する働きがあります。食べ過ぎや飲み過ぎによる消化不良に効くといわれています。

駆風作用もあり、胃や腸内ガスを排出させてくれます。

また、利尿や発汗作用でも知られています。

フェンネルの特徴

高さ2mほどになる多年草で、茎から細い葉が伸び、黄色の小花をたくさんつけます。

原産と生息地
地中海沿岸が原産で、現在では、ヨーロッパ、アフリカ、南米、アジアの温かい地域で生息している。石灰質の土地によく育つ。


学名:Foeniculum vulgare
科名:セリ科
使用部位:種、根、葉
開花時期:6月~9月
収穫時期:9月~10月