イングリッシュアイビー:セルライト除去で美脚

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イングリッシュアイビーは、日本ではツタで知られる植物です。

イングリッシュアイビーの特徴

ヨーロッパ、アジア、北アフリカでよく見られる植物で、寒冷地の日陰を好んで生息する。装飾用植物として栽培もされている。

アイビーは樹木に似たつる植物で、20~30メートルの長さに達する非常に長い、曲がりくねり、はうように成長する細い茎をもつ。葉は互生し、かなり固く丈夫で光沢があり、2つの形がある。花の咲く枝につく葉は先がとがった円状で、花が咲かない枝につく葉は基本的に5つほどに裂かれ(ときには3つ)ている。花は緑かかった黄色で、5枚の花びらからなり、房状にまとまって咲く。

学名:Hedera helix L.
科名:ウコギ科
和名:セイヨウキヅタ
使用部位:葉
開花時期:9月~10月
収穫時期:6月~8月

 

イングリッシュアイビーの肌と髪への美容効果

イングリッシュアイビーの抽出液には、セルライトを防ぎ、引き締める作用があり、痩身用のコスメ製品、うっ血除去や引き締め効果のクリームやジェルに特に用いられています。

イングリッシュアイビーの葉を湿布にすると、セルライトを減らし、むくみやうっ血、バストのたるみにすぐれた効果を発揮します。

足のむくみや疲れの解消にハーブの手作りフットケア
美しい足のお手入れを大切にする美容大国モロッコのフットケアの紹介です。ローリエ、赤ブドウ葉、マシュマロウなどのハーブを材料にした、足の疲れやむくみに効く足浴は全身のリラックス効果も。ヘナやミントティーのマッサージも疲れた足の元気を回復させます。

ヘアケアにも適し、髪の乾燥を防ぎます。

イングリッシュアイビーの効能

イングリッシュアイビーは、抗炎症、関節炎の緩和、抗酸化作用などで知られています。

また、イングリッシュアイビーを漬けたビネガー(酢)は、魚の目やタコの治療薬になるといわれています。

 

 

モロッコ美容の植物一覧:手作りコスメに!
”モロッコ美容あれこれ”で紹介している手作り化粧品の材料となる植物の一覧表です。これらのハーブの効能・効果は伝統的な植物療法に基づいています。スキンケアやヘアケア、心身のケアに使われる植物は、昔から親しまれ、今でも受け継がれています。