バジル:強力な殺菌作用でニキビ肌をすっきり

日本でもメボウキの名で生薬として知られているバジル。

くっきりとしたウッディーでシャープな香りのバジルは、古代から愛されてきたハーブです。

バジルはさまざまな美容製品に配合されていますが、なかでもニキビ用化粧品に多く使われています。

抗感染と殺菌作用がすぐれ、ニキビを解消するといわれています。

マスクでできる肌荒れ・ニキビのスキンケア│モロッコ美容の手作りコスメ
マスク着用が日常化するなか、乾燥やニキビに悩む人が増えています。マスクによって起こる肌トラブルの改善や予防に役立つ対処法のひとつが、ハーブなどを使った適切なお手入れです。おうち時間に自宅でできるモロッコ美容の手作りスキンケアを紹介します。
大人ニキビの悩みはモロッコ美容のガスールパックとハーブの化粧水で軽減
美容大国モロッコの手作りコスメ、大人ニキビ向けのレシピを紹介。モロッコの粘土ガスールは毛穴の汚れを落とし、皮脂分泌を調整するだけでなく、保湿効果もあります。ゴボウとジュニパーベリーのインフュージョン(煎剤)のローションは日常のお手入れに。

つぶしたバジルの汁を吹き出物にそのままつけるのも効果的。

バジルには肌を洗浄し、皮膚細胞を若返らせる働きでも知られ、衰弱した皮膚を元気にしてくれます。

バジルのインフュージョン(浸剤)にはトニック効果があり、ヘアリンスとして使うと、抜け毛を防ぐといわれています。

また、口内炎の症状や切り傷などを緩和します。

ハーブの手作りマウスウォッシュで歯とお口の健康をキープ
美容大国モロッコの手作りコスメ、ハーブを材料にした口腔ケアを紹介です。クルミ樹皮の天然歯ブラシ、クルミの葉は口臭を防ぐ効果も。歯の黄ばみや歯肉炎にはセージ、タバコのヤニにはレモン、歯茎の出血にはショウブ、口内炎にはバジルやクローブなど。
切り傷や打撲のの治しを早めるハーブやアルガンオイルのホームケア
美容大国モロッコの手作りコスメ。アルガンオイルやハーブを材料に、切り傷やすり傷、打撲や青あざを早く治すお手入れの紹介です。バジル、クローブ、ブルーマロウ、ヒソップ、マリーゴールドで作るカレンデュラオイルは傷の手当に。打撲用マッサージオイルも。

生の葉は、虫刺されにそのままつけると、症状がおさまります。

また、バジルの精油は、香水や室内用香料など、幅広く使われています。


学名:Ocimum basilicum
科名:シソ科
使用部位:根から茎まで全部
開花時期:6月~9月
収穫時期:開花中



原産地と生息地

インドと南アジアが原産だが、地中海沿岸地域にも生息。現在は世界に広く分布して生育し、精油が抽出されている。

 

 

こちらもチェック
介護アロマテラピー│高齢者と香りでコミュニケーション
介護にアロマテラピーを取り入れるヒントを紹介します。香りはコミュニケーションの道具となり、脳の活性化にも役立ちます。アロマテラピーは高齢者にとっては未知の療法なため、導入するには、すでに知っている香りに似た精油から少しずつなじんでもらいましょう。
介護アロマテラピー│植物の効果で身体のトラブルを改善
高齢者はさまざまな不安やストレスを抱えがちです。今回は、強迫観念をともなう不安が引き起こす呼吸器のトラブル、頭痛や偏頭痛を改善し、心地よい眠りを促すのに役立つアロマテラピーを紹介します。安心して眠る環境を作ることも、徘徊防止に役立ちます。
介護アロマテラピー│香りの効果で高齢者の食欲をアップ
毎日の食生活は認知症予防にとくに重要です。栄養のバランスを考えながら楽しく食事をしましょう。楽しみの食事ができなくなると、肉体が衰えるばかりか、精神的にも元気がでません。消化を助け、食欲のでる精油を利用して、規則正しい食生活に戻しましょう。
介護アロマテラピー│”がんばりすぎない”ストレス解消法
介護が始まった頃は張り切ってがんばってしまいがちですが、肉体と精神に負担がかかります。気持を上手に切り替える手段として、アロマテラピーを取り入れてみましょう。元気を回復する、心を落ち着かせる、集中力を高めるときに役に立つ精油を紹介します。
介護アロマテラピー│体調を整えて介護者も健やかに
介護者は自分自身のことに手が回らなくなり、健康管理をおろそかになりがちです。体調に異変を感じたら、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。介護者に多くみられる、腰痛、肩こり、眼精疲労、筋肉痛、風邪などの症状を軽減するアロマテラピーを紹介。