スイートオレンジ:弾力のある若々しい肌キープ

モロッコの名物のひとつは、オレンジの生ジュース。
マラケシュのジャマ・エル・フナ広場には、たくさんのオレンジジュース屋台が並びます。

ジュースだけでなく、サラダやデザートにも、オレンジはよく使われます。

ビタミンCとBが豊富なスイートオレンジは、食べるだけでなく、美容にも適した食材。
敏感肌用のさまざまなスキンケア製品に使用されています。

抗酸化作用と皮膚の若返り作用で知られ、シワを予防し、弾力のある肌を保ってくれます、

アルガンオイルとハーブの手作り保湿ケアでシワと疲労肌の老け顔にサヨナラ
美容大国モロッコの手作りコスメ、シワを予防する化粧水やパックの紹介です。シワ対策には乾燥や肌疲労を防ぐことが大切。シワに有効な保湿効果の高いハーブ、アルガンオイルやボリジオイルなどを使った自宅でできるスキンケアで若々しい肌をキープしましょう。

皮膚を保護すると同時に、傷や線条皮を目立たなくする働ききもあります。

また、頭皮を清潔にする効果も。

スイートオレンジの花は、肌をなめらかにし、活力を与えるといわれています。


学名:Citrus Sinensis
科名:ミカン科
使用部位:花、果皮、果実
開花時期:11月~3月
収穫時期:熟したとき



特徴

スイートオレンジは、10mほどの高さの樹木。枝にトゲがあり、少し翼のような形をした濃い緑色の葉をつける。白い花は非常に良い香りで、小さな花束のような形で咲く。オレンジの実をつける。

原産と生息地
中東とアジアが原産で、ポルトガル人が15世紀に地中海沿岸部にもたらした。現在は地中海沿岸地域のいたるところでみられる。

 

 

こちらもチェック
介護アロマテラピー│高齢者と香りでコミュニケーション
介護にアロマテラピーを取り入れるヒントを紹介します。香りはコミュニケーションの道具となり、脳の活性化にも役立ちます。アロマテラピーは高齢者にとっては未知の療法なため、導入するには、すでに知っている香りに似た精油から少しずつなじんでもらいましょう。
海外でも実践されているアロマテラピーの高齢者介護
介護は精神的な負担を伴います。アロマテラピーのすぐれた点は、人間を包括的にとらえて心と身体のバランスを回復し、健康を維持する点にあります。心に働きかけながら、ストレスによって引き起こされる肉体的不調を改善させるのに役立つのがアロマテラピーです。
介護アロマテラピー│香りの効果で高齢者の食欲をアップ
毎日の食生活は認知症予防にとくに重要です。栄養のバランスを考えながら楽しく食事をしましょう。楽しみの食事ができなくなると、肉体が衰えるばかりか、精神的にも元気がでません。消化を助け、食欲のでる精油を利用して、規則正しい食生活に戻しましょう。
介護アロマテラピー│”がんばりすぎない”ストレス解消法
介護が始まった頃は張り切ってがんばってしまいがちですが、肉体と精神に負担がかかります。気持を上手に切り替える手段として、アロマテラピーを取り入れてみましょう。元気を回復する、心を落ち着かせる、集中力を高めるときに役に立つ精油を紹介します。
介護アロマテラピー│暮らしのなかで香りを楽しむ
アロマテラピーを自然に取り入れるには、高齢者が日々行う家事のなかで、香りを習慣づける方法がおすすめです。洗濯のすすぎにラベンダーを加えたり、掃除やキッチン周りで香りを活用しましょう。失禁や加齢集などの消臭対策にも精油は活躍します。