カモミールを漬けたアルガンオイルで日焼けケア

日焼け後のお手入れには、アルガンオイルなど植物油にハーブを漬け込んだ浸出油(インフューズドオイル)が役立ちます。

なかでもおすすめなのが、炎症を鎮める働きで知られるジャーマンカモミールをアルガンオイルに漬けた、贅沢なオイルです。

日焼けで傷んだ肌をやさしく修復し、うるおいを取り戻す効果が期待できます。

オイルの完成までに2週間ぐらいかかるので、早めにご用意を!

ただし、日焼け止めではないので、つけた後に肌を露出しないよう気をつけてくださいね。

 

 このレシピの材料 
ジャーマンカモミール(ドライハーブ) … 大さじ1
アルガンオイル … 100ml

 

日焼け 乾燥 保湿  所要時間:20分+2週間 保存期間:2ヶ月

 

 保存容器と用具 

ガラス瓶(100ml用)  ※ガラス瓶は煮沸消毒してから使用しましょう
計量スプーン

 

 作り方 

  1. 煮沸消毒したガラス瓶にカモミールを入れます。
  2. アルガンオイルを注ぎ、蓋をします。
  3. 直射日光が当たらない場所におき、2週間ほど漬けます。ときどき瓶を上下して混ぜます。
  4. コーヒー用フィルターなどでオイルを濾し、カモミールを取り出します。
  5. 保存用ガラス瓶にオイルをうつします。

 

 使い方 

夜、日焼けで赤くなったところなどにつけます。

 

 保存方法 

約2ヶ月程度、保存可能です。

 

材料のおさらい

ジャーマンカモミール:炎症を鎮めなめらか肌に
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。ジャーマンカモミールは鎮静と殺菌作用にすぐれ、皮膚をなめらかにし、細胞を再生させる働きがあります。ニキビや炎症、日焼けを鎮める効果も。煎じ液のリンスは、栗色の髪を明るくし、金髪を輝かせます。
ローマンカモミール:オイリーヘアと目の疲れに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ローマンカモミールはオイリーヘアに向いていて、煎じ液でリンスすると、つややかで輝きのある髪に仕上がります。頭皮を引き締め、フケや抜け毛を予防する作用でも知られ、眼の疲れを癒す効果も。
アルガンオイルとは?肌にも髪にもすごい効果
モロッコ手作りコスメの材料アルガンオイルの効能・効果と使い方を紹介します。アルガンオイルはアンチエイジングの理想的な美容オイル。抗酸化作用にすぐれ、保湿効果もばつぐん、肌にも髪にも使えます。オレイン酸やリノール酸が豊富で食べてもヘルシーに。

 

こちらもチェック!

日焼け後はアルガンオイルとハーブで潤う肌に
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。アルガンオイルやハーブを材料にした日焼けケアの紹介です。アルガンオイルは、紫外線で傷んだ肌を癒して潤します。カモミールなどを漬けたハーブオイルは、肌のほてりを鎮め、なめらかに。ヘナのセルフタンニングりも。

コメント