大豆:更年期のさまざまな不快な症状を解消

アジアでは昔から栽培されていた大豆は、18世紀になってからヨーロッパに渡りました。

大豆は更年期障害の不快な症状を解消することで知られています。

ハーブを上手に活用して更年期を快適にのりきる
アロマテラピーやハーブなどを使った植物療法を使った、更年期の不快な症状を改善する方法を紹介します。香りと薬効を最大限に利用し、感情のバランスを調整しながら、身体を健やかに。生活の質(Quality of Life)を大切に過ごすヒントです。

フランスでは、「豆腐や納豆など大豆製品を日常的に食べている日本人の女性は、更年期の症状が軽い」と、大豆のイソフラボンの効果をしばしば紹介しています。

大豆に含まれているイソフラボンには、エストロゲンに似た作用があるといわれます。

更年期ののぼせ、不安症、頭痛、関節の痛み、不眠症に効果があります。

ハーブで更年期の不快な症状を改善して快適に
エストロゲンが減少すると、月経周期の乱れ、のぼせ、寝汗、関節や筋肉の痛みなどの症状が出ます。不安的な月経周期は、肉体的および精神的な不快感を引き起こします。気分を晴れやかにし、痛みを軽減する、ハーブ、ビタミンやミネラルを紹介します。

また、悪玉コレステロールを下げ、心臓病を防ぐ働きでも知られます。

皮膚の老化を遅くする作用もあります。

ただ、イソフラボンの過剰摂取は、病気の誘発につながる恐れがあるので、適量に抑えましょう。

日本人の摂取量は、16~22mg/日とされています。

日本人や他のアジア人は、大豆の摂取量が比較的多いため、西洋人に比べて更年期障害の症状が軽いといわれていました。

ただ、食生活が欧米化している現在は、そうとも言い切れないのかもしれません。

ビタミンとミネラルの補給で更年期の症状を緩和
更年期の症状を緩和するのに役立つ、ビタミンとミネラルを紹介します。更年期には、抗酸化作用がある女性ホルモンが低下するなどして、諸症状を悪化させるといわれています。ですから、抗酸化作用のあるビタミンやミネラル類を積極的に摂取する必要がありす。

学名:Glycine max
科名:マメ科
使用部位:豆


 

 

 

こちらもチェック
血液型ダイエット!A型に適した食べ物とライフスタイル
血液型ダイエットは、血液型の特質から、痩せやすい食事やエクササイズ、痩せにくい食事を理解して、適した方法で効果的にやせるというもの。A型の人の特徴とやせる食材・避けたい食材を紹介します。A型に向いているのは緑黄野菜で、太りやすい食材は肉です。