大豆:更年期のさまざまな不快な症状を解消

アジアでは昔から栽培されていた大豆は、18世紀になってからヨーロッパに渡りました。

大豆は更年期障害の不快な症状を解消することで知られています。

フランスでは、「豆腐や納豆など大豆製品を日常的に食べている日本人の女性は、更年期の症状が軽い」と、大豆のイソフラボンの効果をしばしば紹介しています。

大豆に含まれているイソフラボンには、エストロゲンに似た作用があるといわれます。

更年期ののぼせ、不安症、頭痛、関節の痛み、不眠症に効果があります。

また、悪玉コレステロールを下げ、心臓病を防ぐ働きでも知られます。

皮膚の老化を遅くする作用もあります。

ただ、イソフラボンの過剰摂取は、病気の誘発につながる恐れがあるので、適量に抑えましょう。

日本人の摂取量は、16~22mg/日とされています。

日本人や他のアジア人は、大豆の摂取量が比較的多いため、西洋人に比べて更年期障害の症状が軽いといわれていました。

ただ、食生活が欧米化している現在は、そうとも言い切れないのかもしれません。


学名:Glycine max
科名:マメ科
使用部位:豆


 

コメント