ラズベリーリーフとはちみつの疲れ肌用パック

ラズベリーリーフは、収れん作用だけでなく、水分を補給し、炎症を鎮める働きでも知られています。

ラズベリーリーフの煎じ液に、はちみつを加えたローションは、コットンなどにしめらせて、パックとして使います。

疲れた肌をみずみずしくよみがえらせる効果が期待できます。

 

 このレシピの材料 
ラズベリーリーフ … 大さじ1
はちみつ … 大さじ1
ミネラルウォーター … 100ml

 

披露肌 エイジングケア 保湿  所要時間:20分 保存期間:1日

 

 保存容器と用具 

ガラス瓶(100ml用)  ※ガラス瓶は煮沸消毒してから使用しましょう
計量カップ・スプーン
小鍋

 

 作り方 

  1. 鍋にラズベリーリーフとミネラルウォーターを入れ、沸騰させます。
  2. 弱火にして8~10分煎じ、火を止めます。
  3. 冷めたら、キッチンペーパーなどでこして、ガラス瓶にうつします。
  4. はちみつを加えて混ぜます。

 

 作り方 

洗顔後、この液をコットンにたっぷりつけて、顔にパックします。
30分ほどそのままにし、冷たい水で流し、ローズウォーターをつけます。

 

 保存方法 

冷蔵庫で2週間ほど保存可能です。

 

材料のおさらい

ラズベリー:果実でシワ予防&リーフで保湿ケア
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介。ラズベリーリーフは水分と栄養を補給し、皮膚を引き締める働きがあるといわれています。果実はシワを予防し、老化を遅らせます。口の周りの小じわにも。荒れた肌を改善し、血行を促進して明るい顔色に。
美容効果が高いはちみつでモロッコ手作りコスメ
モロッコの手作りコスメで使う基材はちみつの効能と使い方を紹介します。ミネラルとビタミンが豊富なはちみつは、免疫システム強化、抗酸化作用といった働きがあります。美容効果も高く、皮膚の細胞を再生し、深層に栄養を与え、水分補給し、シワを予防します。
ローズウォーターの日常使いで美肌と幸せ気分を
美容効果が高く、手作り化粧品の素材として欠かせないローズウォーターの効能と使い方の紹介です。モロッコはバラの生産地。ローズウォーターは日常的によく使われます。水分のバランスを整え、潤いのある肌に。シワ予防などエイジングエアにも適しています。

 

こちらもチェック!

疲労肌にラズベリーリーフのローション&パック
疲れた肌を元気にする、モロッコ美容の手作りコスメの紹介です。収れん作用や保湿作用、抗炎症作用で知られるラズベリーリーフを煎じたローション&パックは、肌の衰えを改善するのに役立ちます。抗酸化作用も期待でき、エイジングケアにも向いています。

コメント