キンレンカ:ビタミンCが豊富でシミの解消に

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語でナスタチウムと呼ばれるキンレンカは、昔から中南米で薬草として用いられていました。

キンレンカの特徴

メキシコとペルーが原産だが、現在では観賞植物から食用、庭の装飾として、各地で栽培されている。野生のキンレンカは、日当りのいい、水辺によく育つ。

キンレンカは、曲がりくねった根をもつ生命力の強い植物。何本もの非常に長い茎は1メートル以上の高さに達する。葉はハスに似た丸い形で、5枚の花びらからなり、オレンジがかった赤い大きな花が咲く。

学名:Tropaeolum majus L.
科名:ノウゼンハレン科
別名:ナスタチウム
使用部位:全草と種子
開花時期:5月末~8月
収穫時期:開花中

 

キンレンカの肌と髪への美容効果

キンレンカの葉や花、エキスには、ビタミンCが豊富で、肌の色を明るくしたり、シミやソバカスを薄くする効果があります。

キンレンカの全草のインフュージョン(浸剤)をお風呂の湯に加えると、血行を促進し、皮膚を再生し、肌の弾力を改善します。

ヘアケアにも向いていて、シャンプー後のリンスなどに使います。

頭皮を洗浄し、皮脂分泌を正常化して、弱った髪を丈夫にします。

また、フケと抜け毛を予防します。

キンレンカの花の粉末は、歯磨き粉として使用され、歯の根元の露出を防ぐすぐれた働きがあります。

 

 

モロッコ美容の植物一覧:手作りコスメに!
”モロッコ美容あれこれ”で紹介している手作り化粧品の材料となる植物の一覧表です。これらのハーブの効能・効果は伝統的な植物療法に基づいています。スキンケアやヘアケア、心身のケアに使われる植物は、昔から親しまれ、今でも受け継がれています。