ザクロとパプリカのリップバームでふっくら唇に

赤いザクロの果皮は、唇に鮮やかな赤みを添えるための口紅として用いられていたそうです。

この果皮はまた、粘膜を温め、ふっくりさせる作用があるといわれています。

ザクロの果皮を使った、ふっくら唇のとっておきのリップバームです。

 

 このレシピの材料 
ザクロの果皮 … 小さじ1/2ほど
赤ピーマン … 小さじ1/2ほど
蜜蝋 … 3g
植物油(スイートアーモンドオイルなど) … 10ml

 

リップケア 肌荒れ 保湿  所要時間:40分 保存期間:1ヶ月

 

 保存容器と用具 

ボウル(小)
計量スプーン

 

 作り方 

  1. 蜜蝋と植物油を耐熱容器に入れて湯煎し、蜜蝋を溶かします。
  2. 別の鍋に少量の水、ザクロの果皮と赤ピーマンを入れて火にかけ、赤い色が出るまで煎じます。
  3. 湯煎からおろした蜜蝋クリームに、この赤い煎出液を注ぎ、よく混ぜ合わせます。
  4. リップクリーム容器にうつし、冷ましてかためます。

 

 使い方 

リップクリームとして使います。

 

 保存方法 

冷蔵庫で1ヶ月は保存可能です。

 

材料のおさらい

ザクロ:リップふっくり幸運をもたらす赤い果実
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ザクロは幸福をもたらすといわれ、胃や心臓の病気に効果があります。喉の渇きをいやし、消化を促進する働きも。ザクロの果皮は、粘膜を温め、ふっくりさせる作用があり、口紅として用いられます。

 

こちらもチェック!

植物の力で乾燥と荒れを防いでみずみずしい唇に
マスク着用による唇の荒れる人が増えているようです。乾燥する季節はなおさらのこと、丁寧な保湿リップケアが大切。ザクロの果皮のリップバーム、サフランと卵黄のリップ用パック、レモンと生クリームのパックなど美容大国モロッコのお手入れ法を紹介します。
モロッコの魅惑的な赤リップは幸運を引き寄せる
モロッコの植物メイクアイテム! モロッコの伝統的メイクは、黒いアイメイクと赤のリップ&チークがポイント。レッドは幸せをもたらす色といわれ、モロッコの女性たちは、粘土製などの容器に入った練紅「アケール」で、印象的なリップやチークに仕上げます。

コメント