クミスクチン:デトックス効果でむくみを解消

更年期の体重の増加におすすめのハーブのひとつは、クミスクチン(ジャバ茶)です。

クミスクチンは、マレー語で「猫のひげ」を意味し、長く突き出した雌しべの形状からこの名がつきました。

ミネラル、なかでもカリウムが豊富で、利尿作用にすぐれ、器官の毒素を排出する働きで知られています。

また、鎮痛効果も少しあるといわれています。

主要成分:
ミネラル(カリウム他)

作用:
利尿作用/デトックス作用/鎮痛

適応症状:
水分の停滞(むくみ)/尿障害/頭痛

 


学名:Orthosiphon aristatus
科名:シソ科
使用部位:葉


 

特徴
シソ科の低木多年草です。高さが2メートルほどに達し、ミントに似た緑色の葉をつけ、白色や薄紫色の美しい花を咲かせます。

原産と生息地
東南アジアのジャワ原産。

コメント