メロンで手作りコスメ|ジューシー果物でしっとり潤い

メロンはイランが原産地といわれ、紀元前5世紀にはすでに、エジプトで栽培されていたそうです。

果肉の色は、白、オレンジ、黄色とさまざまで、数十もの異なる種類が存在します。

果汁たっぷりのメロンは、喉の渇きにうれしい果物。

それだけでなく、メロンは食物繊維が豊富で、下剤として用いるなど、アラブ地域では伝統的な医薬品とみなされてきました。

スポンサーリンク

メロンの美容効果

ビタミンA(カロチン)とビタミンCを含むメロンは、抗酸化作用、傷の癒着作用、鎮静作用があります。

美容効果も高く、特に、大気汚染や悪天候による乾燥肌の水分補給に最適です。
日焼け後のお手入れにも向いています。

チュニジアの女性たちは、スペイン産メロンの果肉をつぶしたて顔につけ、乾いたら洗い流すというパックをして、水分補給するそうです。

メロンの特徴

メロンは一年草で、黄色の花が咲いた後、球状またはラグビーボール状などの果実をつけます。

原産と生息地
メロンはイランが原産地といわれるが、現在は、世界中で栽培されています。


学名:Cucumis melo L.
科名:ウリ科
使用部位:果実
開花時期:6月
収穫時期:8月ごろ


メロンの手作りコスメ

今回は、メロンと牛乳を使った、ローションとパックを紹介します。

メロンと牛乳の保湿ローション

メロンと牛乳の保湿ローションは、ペルシャで古くから伝わるコスメなのだそうです。

メロンと牛乳のジューシーなローションで潤い肌
メロンは食べるだけでなく、スキンケアにも用いられます。ペルシャで古くから伝わるのが、果汁と牛乳のローション。ジュースのようなロンミルク化粧水は、乾燥から肌を守り、水分不足の肌にうるおいを与えます。手作りコスメでおうち時間を楽しみましょう。

メロンと牛乳の乾燥肌用パック

傷みを癒し、うるおいを与えてくれます。

メロンと牛乳のパックで乾燥を防ぎうるおい肌に
乾燥した肌にうるおいを与える、モロッコ美容の手作りコスメの紹介です。メロンの果汁と牛乳、スイートアーモンドを混ぜるだけの簡単フェイスケアです。ジューシーなパックで、傷んだ肌を修復し、しっとりなめらかに。日焼け後のお手入れとしても向いています。

メロンのフレッシュジュース

メロンといえば、忘れてはならないのが、メロンのフレッシュジュース。

モロッコでは、ハマム(蒸気風呂)の後や猛暑の時期に、メロンのフレッシュジュースを飲むそうです。

モロッコの蒸気風呂ハマムは至福のエステサロン
アラブ地域の蒸気風呂(スチームバス)ハマムは娯楽的な公衆浴場。美容大国モロッコのハマムは日本の銭湯に近く、心身の癒しの場です。エステサロンを兼ねていて、垢すりやマッサージ、キャラメル脱毛などのエスティシャンが、美肌作りのボディケアが体験できます。

地域によってレシピは違うようですが、フェズとマラケシュのメロンジュースのレシピはこちら。

飲食用のオレンジの花水は日本で手に入りませんが、オレンジを少し加えても。

モロッコにいる気分が味わえるドリンクです!

材料

メロン … 1個
水 … 1リットル
オレンジフラワーウォーター(飲食用) … 大さじ1
シナモン … 少々

作り方

  1. メロンの果肉と水をジューサーにかけます。
  2. 茶こしなどでこして、オレンジフラワーウォーターとシナモン少々を加えます。

※美容用のオレンジフラワーウォーターは飲食できません

 

こちらもチェック!

ビタミンCたっぷりイチゴで毛穴レスのツヤ肌に
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。ビタミンCたっぷりイチゴを材料にしたスキンケアを紹介。イチゴ、卵黄、はちみつ、レモン、キュウリなどの食材には驚きの美容効果が。イチゴのショートケーキ風パックはシワ対策に。オイリー肌もすっきりさせて保湿。
美容効果の高いイチジクでエイジングケアを実現
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。モロッコで人気のフルーツ、イチジクを材料にした簡単で効果的なスキンケアを紹介します。イチジクの果肉のパックは簡単で顔色を明るく。イチジクのリキュール”la mahia”とガスールのパックはシワを予防。