血液型ダイエット!O型に適した食べ物とライフスタイル

血液は輸血できる型とできない型があるように、細胞に作用する栄養素も違い、かかりやすい病気、やせる食材などもそれぞれ異なります。

血液型ダイエットは、アメリカのピーター・ダダモ博士が提唱したもの。

血液型の特質から、痩せやすい食事やエクササイズ、痩せにくい食事を理解して、自分に合った方法で効果的にやせるダイエットです。

O型の人の特徴とやせる食材・避けたい食材を紹介します。

スポンサーリンク

O型は狩猟系タイプでプロテイン体質

世界で最も古く、最も基本的で、最も多い血液型です。

クロマニョン人からの直系といわれ、狩猟で得た獲物を栄養素としてきました。
野獣の減少に伴い、アフリカからアジアへ移動。

やがてヨーロッパへ渡り、肉食から雑食へと変化し、魚、果物、根菜、木の実、小動物を食するようになりました。

寒冷地に向かうほど骨の構造が洗練され、髪が柔らかになり、肌はビタミンDを合成するために白くなったのです。

O型の人は、「リーダー」「自信家」「力強い」のが特徴です。

もともと動物プロテインを燃焼しやすく、免疫力がとても高い体質ですが、甲状腺機能のトラブルにより、体重が変化しやすく、水が溜まりやすく、疲れやすいという弱点も。

O型の特質は次の通りです。

O型の長所

消化器官が丈夫、免疫力が高い、感染に対する自然治癒力がある、新陳代謝が良い、栄養素を有効に利用する

O型の短所

食生活や環境の変化に適応できない、免疫力が高すぎる

気をつけたい病気

血液が凝固しやすい、炎症系の病気、関節炎、潰瘍、アレルギー

O型は肉や魚などタンパク質をたっぷりと

O型のおすすめはプロテイン・ダイエット

摂取したいのは、肉、魚、野菜、フルーツを摂取

O型の人の痩せやすい食材は、赤身肉・レバー・魚で、逆に、太りやすい食材は、レンズ豆・パン・豆類です。

好ましい食品 海草、塩、魚介類、レバー、赤身の肉、ほうれん草、ブロッコリー
少量に抑えるべき食品 シリアル、パスタ、豆類、乳製品、パン

そして、NG食品は、コーヒー・メロン・キャビア。

避けたい食品 小麦、とうもろこし、小豆、レンズ豆、キャベツ、カリフラワー、なす、オリーブ、豚肉、がちょう、キャビア、ヨーグルト、ココナツ、メロン、オレンジ、ルバーブ、いちご、みかん、酢

O型におすすめの食品はこちら!

肉類 牛肉、羊肉、子牛肉、獣肉、レバー、心臓

魚介類 鱈、オヒョウ、鰊、鯖、鮭、鰯、平目

ナッツ類 オリーブオイル、かぼちゃの種、くるみ

野菜 アンティチョーク、ブロッコリー、サラダ菜、にんにく、ポロねぎ、レタス、玉ねぎ、じゃがいも、ほうれん草、かぶ

果物 いちじく、プラム

調味料 オリーブオイル、レモン汁、にんにく

 

おすすめ飲物 炭酸水

飲んでもよい飲料 ビール、緑茶、白・赤ワイン

避けるべき飲料 コーヒー、強いアルコール、黒茶

O型のダイエット成功キーポイント

元気にする食品

緑茶

おすすめの栄養素

ビタミンB、ビタミンK、カルシウム、ヨード、海草、カンゾウ

おすすめのエクササイズ

激しいスポーツ:エアロビクス、武道、ジョギング、ボクシング、柔道など

 

 

 

ハーブの手作りコスメで太ももセルライトを除去
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。ハーブを材料にした、セルライト除去の秘伝オイルの紹介です。セルライトに効くのが、老廃物を排泄するフェヌグリークや、マジョラム、バーチ、ボリジ、ウチワサボテン、ヨウシュイボタ、イングリッシュアイビーなど。
ハーブで前期更年期の不眠症・体重増加・イライラを解消
前期更年期の症状を緩和するのに役立つハーブ、ビタミンやミネラルを紹介します。前期更年期は、プロゲステロンが減るため、エストロゲンの割合が増えることになり、体重増加、不眠症、イライラ、不機嫌、激しい気分の浮き沈みといった症状が起きやすくなります。
オートミールで体重管理|内臓脂肪をつきにくくする食材
オートミールは、健康的に体重を落とし、体型をキープする「優秀ダイエットお助け食品」。その効能を紹介します。オートミールは食物繊維が豊富で、コレステロールのバランスを調整し、血糖値を抑制する働きがあり、内臓脂肪の蓄積を防ぐ効果が期待できます。

コメント