ミョウバンで恋愛運アップのデオドラント作り

モロッコの市場(スーク)で見つけた氷砂糖のような、岩塩のような塊。

「何に使うの?」の問いに、「止血作用があるから、髭剃り後に擦りつける」と店番の男性。
さらに、わきの下につけるジェスチャーをしながら、「デオドラントにもなる」と教えてくれました。

この「塩味の鉱物」はミョウバン石。

日本では、「焼きミョウバン」の粉末が食品として市販されていますね。
ミョウバンを熱して脱水し、吸湿性の高い軽い粉末にしたのが焼きミョウバンです。

ミョウバンは昔から止血剤や傷を治す薬として使われてきました。
発汗調整、消臭、殺菌といった作用でもよく知られています。

石に含まれるミネラルが膜となり、皮膚をやわらげる働きもあり、肌のピリピリするのを和らげるので、脱毛や髭剃りの後のお手入れにも最適です。

氷のようなミョウバン石の効用は、中世の時代から女性たちの間で知られていたそうです。

このミョウバン、アラブ世界では、魔女が悪運を追い払うときに用いる鉱物なのだそうです。
特に、悪い恋愛運を改善してくれるとか。

モロッコではゴロゴロとした石の状態で売っていて、これを少し湿らせて、脇の下や足に直接こすりつけてデオドラントにしま。
店の人の話によると、ミョウバン石を手の平にこすりつけ、さらに固形ムスクで香りをつけ、それをわきの下につけるそう。

ちなみに、10年ほど前、ラバトのスーク(市場)では、ミョウバンと固形ムスクのセットで10DH(約110円)でした。

モロッコやアルジェリアの女性たちは、ミョウバンを溶かしたり、粉末にして、香りを加えたオリジナル・デオドラントを作っているそうです。
ストレス解消効果もある安息香が人気の香りとのこと。

ミョウバンに、乾燥したミントの葉やクローブ、シナモンなどのハーブやスパイスを混ぜると、香りの発汗防止パウダーができあがります。

ペパーミント:気分と肌のリフレッシュに
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。ペパーミントは”栄光の香り”の植物といわれ、古代から人々に愛されてきました。メンソールが豊富で、頭痛を解消し、心身を軽快にする作用があります。収れん、殺菌、リフレッシュ効果で美容にも。
クローブ:乾燥を防いで肌を潤し髪を元気に
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。クローブには強力な殺菌力があり、鎮痛作用もすぐれ、特に歯痛を鎮めます。口臭防止、口腔の炎症や口内炎に有効です。肌の乾燥を防ぎ、皮膚炎や吹き出物を解消し、髪をいきいき元気にする効果も。
シナモン:血液循環を促進しスリミングに効果が
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。「スパイスの王」シナモンは、昔からさまざまな薬効で知られ、風邪や流感といったウィルス感染を予防し、自然治癒力を高め、身体を守ります。血行を促進する作用もあり、痩せる効果も期待できます。

これらの材料はミキサーで細かいパウダーにし、それからシッカロールを加えます。

焼きミョウバンを水に溶かし、スパイスを加えてもOK。

クローブやシナモンはやる気を刺激してくれる効能も。
このデオドラントを使えば、元気な1日に過ごせそうですね!

 

こちらもチェック!

ハーブとスパイスで楽しむモロッコ手作り香水
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。香り文化を大切にするモロッコの手作り香水の紹介です。バラやメリッサ、ローズマリー、タイムなどのハーブのオードトワレは癒し効果も。クローブ、ナツメグ、シナモンなどスパイシーな香水は、意識を覚醒させる働きが。
ハーブのフットケアでかかとの角質と臭いを除去
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。セージ、ローズマリー、タイムなどのハーブを材料にした、角質除去と臭い対策の自然派フットケアの紹介です。軽石で古い角質を取り除き、アルガンオイルでしっとり。ヘンナとオリーブオイルで足裏をなめらかに。

コメント