クランベリー:抗酸化作用が豊富で尿路感染症に

クランベリーの赤い実は、ハーブティーとして用いられます。

ポリフェノールが豊富で、尿路感染症を防ぐなどの働きがあります。

また、抗酸化作用にすぐれています。

主要成分:
ポリフェノール(プロアントシアニジンA、アントシアニン、フラボノイド)、有機酸

作用:
膀胱や消化器官への大腸菌の粘着を防ぐ/膀胱が大腸菌に感染するのを防ぐ/尿の酸化/殺菌、抗ウイルス/抗膀胱炎/ピロリ菌を防ぐ/抗酸化/リンとカルシウムの抗結石

適応症状:
慢性膀胱炎/結石

 


学名:Vaccinium macrocarpon
科名:ツツジ科
使用部位:葉


 

特徴
常緑低木で、小さな赤い実をつけます。

原産と生息地
北アメリカ原産の植物です。

コメント