クラリセージ:更年期の過剰発汗やのぼせを緩和

クラリセージは、約500もの種類があるセージの一種です。

セージは昔から、長寿を保証する植物といわれ、その名の由来は「salvia」、「救う」からきています。

スパイシーな香りのセージの葉は、西洋で医薬品として用いられてきました。

クラリセージはエストロゲンに似た作用で知られ、更年期の諸症状を緩和し、特に、過剰発汗、のぼせ、寝汗を抑える効果もあるといわれています。

ハーブを上手に活用して更年期を快適にのりきる
アロマテラピーやハーブなどを使った植物療法を使った、更年期の不快な症状を改善する方法を紹介します。香りと薬効を最大限に利用し、感情のバランスを調整しながら、身体を健やかに。生活の質(Quality of Life)を大切に過ごすヒントです。
ハーブで更年期の不快な症状を改善して快適に
エストロゲンが減少すると、月経周期の乱れ、のぼせ、寝汗、関節や筋肉の痛みなどの症状が出ます。不安的な月経周期は、肉体的および精神的な不快感を引き起こします。気分を晴れやかにし、痛みを軽減する、ハーブ、ビタミンやミネラルを紹介します。

女性の性欲を刺激する働きもあります。

※婦人科系の癌を誘発するともいわれているため、過度の使用は控え、専門家に相談してください

主要成分:
ロズマリン酸、スクレオール、ウルソール酸、ステロール

作用:
強いエストロゲン様/卵巣機能の活発化/過剰発汗の抑制/神経の刺激/副腎皮質の刺激/抗酸化/自律神経システムのバランス調整/コラーゲン保護

適応症状:
性欲増強、不感症/発汗をともなうのぼせ/低エストロゲンによるあらゆる症状/更年期障害/歯茎の収縮、歯の喪失の危険がある顎の衰弱

 


学名:Salvia sclarea
科名:シソ科
使用部位:花、葉
開花時期:5月~7月


 

特徴
楕円形で先のとがった葉をもち、白か紫の花をつけます。

原産と生息地
南ヨーロッパが原産で、乾燥した暖かい場所に生息します。

 

こちらもチェック
アロマテラピーで快適に!更年期の症状を改善する精油
精油のなかから、更年期の不快な症状を改善する10種類のエッセンシャルオイルを紹介します。アロマテラピーでは、月経不順やのぼせ、抑うつといった症状を緩和する症例も多くみられます。香りと薬効を最大限に利用し、心身を健やかに過ごすヒントです。