健康と美のための植物

健康と美のための植物

ヒバマタ(フーカス):新陳代謝促進で肥満予防

更年期を快適に乗り切るために役立つ植物(ハーブ)の紹介です。ヒバマタは、ミネラルやビタミンが豊富な海藻でで、特に、甲状腺ホルモンをつくるのに必要なヨウ素の含有量が多いのが特長です。新陳代謝を活発にし、脂肪の燃焼を促し、太りにくい身体にします。
健康と美のための植物

セイヨウオオバコ:キメを整え潤いのある肌に

美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。セイヨウオオバコは、保湿と収れんの両方を備え、すべすべの肌に。皮膚細胞を修復する働きでも知られ、ひび割れやあかぎれを早く治すといわれています。目の洗浄液として、眼の炎症や結膜炎にも。
健康と美のための植物

高麗人参:すぐれた抗酸化作用で老化を遅らせる

美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ビタミンが豊富な高麗人参は肉体に活力を与えるだけでなく、精神的にも刺激し、特に記憶の喪失に効果があるといわれています。すぐれた抗酸化作用で知られ、肌の老化を遅くし、皮膚を引き締めます。
健康と美のための植物

クサノオウ:皮膚感染や魚の目を改善する薬効が

美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。クサノオウの茎を折ると出てくる白い汁はタンニンが豊富で、魚の目やイボ、タコの治療薬に。煎じ液の温湿布は、皮膚のうっ血に効果があり、青あざを薄くして消す働きが。ニキビや皮膚の感染にも効果的。
健康と美のための植物

スタフィサグリア:セルライト対策や発汗抑制に

美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。スタフィサグリアはホメオパシーなどの植物療法で用いられます。美容ではまだあまり知られていませんが、セルライトを除去する働きと、過剰な汗を正常化する作用があります。髪を元気にする効果も。
健康と美のための植物

オーツ麦:更年期の精神不安を癒して元気に

更年期を快適に乗り切るために役立つ植物(ハーブ)の紹介です。オートミールは、良質なたんぱく質、ビタミンB 1やE、鉄分やカルシウム、亜鉛といったミネラル、食物繊維を豊富に含んだ栄養価の高い食品です。更年期の症状を緩和する効果が注目されています。
健康と美のための植物

ボックスウッド:”つげ櫛”で知られヘアケアに

美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ボックスウッドの和名はセイヨウツゲで、日本のツゲは高級品”つげ櫛”に利用されます。強力な収れん作用があり、育毛を促進し、脱毛症やフケ症を防ぎます。シワを目立たなくし、ニキビを解消する効果も。
健康と美のための植物

乳香(ニュウコウ):最高級の香りはシワ予防も

美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。乳香は没薬とともに香りの最高級品。アラビア語は、ミルク(牛乳)の語根から派生した”ルバーン”で、ヨーグルトっぽい濃厚な香り。鎮痛作用があり、シワを目立たなくします。心をなごませる効果も。
健康と美のための植物

サルサパリラ:更年期の精神トラブルの安定に

更年期を快適に乗り切るために役立つ植物(ハーブ)の紹介です。サルサパリラは、器官の抵抗力を刺激し、急性の感染や発熱に効果が期待できます。プロゲステロン(黄体ホルモン)の補完になるハーブといわれ、更年期前期の精神的トラブルの安定に有効です。
健康と美のための植物

ベニバナ:赤い口紅の原料でアンチエイジング

美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。紅花は末摘花(すえつむはな)ともいい、英語ではサフラワー。乾燥させた花冠は紅い染料になり、口紅など赤く色づけるメイクに使われてきました。エジプトでは、ミイラの着衣を染めるのにも利用したそう。