乾燥肌を保湿する米ぬかクレンジングローション

モロッコ美容では小麦ふすまを、クレンジングローションなどに使いす。

小麦ふすまは、小麦を精白したときに出る外皮、糠(ぬか)です。

米を精米するときに出る「米ぬか」は、日本人になじみの深いですね。

米ぬかは、肌を守るバリア機能、保湿作用、紫外線を防ぐ作用などで知られています。

今回は、米ぬかを使った、モロッコ流のクレンジングローションの紹介です。

薄いメイクのクレンジングにもなります。

汚れを落とすだけでなく、乾燥した肌にうるおいを与えるクレンジングローション。

ローズウォーターを加えると、より効果的です。

米ぬかはお米屋さんで手に入りますよ。

 

 このレシピの材料 
米ぬか … 60g
ミネラルウォーター … 250ml

 

毛穴 角質 保湿  所要時間:30分 保存期間:5日

 

 保存容器と用具 

ガラス瓶(50ml用)  ※ガラス瓶は煮沸消毒してから使用しましょう
計量スプーン
小鍋

 

 作り方 

  1. ミネラルウォーターと米ぬかを鍋に入れて火にかけ、沸騰させ、5分ほど煮ます。
  2. 冷めたら茶こしでこして、瓶にうつします。

ローズウォータを使用する場合

  1.  水(200ml)で米ぬかを煮ます。
  2.  冷めてこしてから、ローズウォーター(50ml)を加えます。

 

 使い方 

化粧を落とした後、このローションをコットンにふくませ、ふきとるように汚れを落とします。

 

 保存方法 

冷蔵庫で5日間保存が可能です。

 

材料のおさらい

ローズウォーターの日常使いで美肌と幸せ気分を
美容効果が高く、手作り化粧品の素材として欠かせないローズウォーターの効能と使い方の紹介です。モロッコはバラの生産地。ローズウォーターは日常的によく使われます。水分のバランスを整え、潤いのある肌に。シワ予防などエイジングエアにも適しています。

 

こちらもチェック!

モロッコ流の米ぬかスキンケアでツルツル肌に
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。米ぬかを材料にしたパックとクレンジングを紹介します。肌のバリア機能セラミドや、保湿作用のオリザブラン、紫外線を防ぐγ-オリザノールを含む米ぬかに、ローズウォーターなどを加えたお手入れで、しっとりツヤ肌に。

コメント