疲れを癒すバラとオレンジ花のボディローション

乾燥した肌をうるおすだけでなく、疲れやストレスも癒す、手作りボディローションです。

バラかオレンジの花の煎じ液にお酢を加えた簡単レシピ。

煎じ液の代わりに、ローズウォーターかオレンジフラワーウォーターを使うことができます。

バラの香りは明るい気持ちを取り戻す働きがあるといわれ、ビターオレンジの花(オレンジフラワー)は心身をリラックスさせる作用で知られます。

どちらの花も、加齢肌や敏感肌に適していて、傷んだ肌を修復し、シワを薄くするといったスキンケア効果が期待できます。

お風呂上りに全身にたっぷりつけたり、スプレー容器に入れて気分転換にシュッとひと吹き。

やさしい気持ちになるボディローションです。

 

 このレシピの材料 
バラの花びら or オレンジの花 … 大さじ2
酢 … 20ml
ミネラルウォーター … 150ml※ドライハーブをミネラルウォーターで煎じる代わりに、ローズウォーターかオレンジフラワーウォーター(100ml)を使うこともできます

 

ボディケア 保湿 ストレス  所要時間:20分 保存期間:2週間

 

 保存容器と用具 

ガラス瓶(200ml用)  ※ガラス瓶は煮沸消毒してから使用しましょう
計量カップ・スプーン
小鍋

 

 作り方 

  1. 鍋にバラの花びらかオレンジの花、ミネラルウォーターを入れ、沸騰させます。
  2. 火を弱め、10分煎じ、火を止めます。
  3. 冷めたら、キッチンペーパーなどでこして、ガラス瓶にうつします。
  4. 酢を加え、よく混ぜます。

 

 使い方 

シャワーの後などに、全身にふきかけます。

 

 保存方法 

冷蔵庫で2週間ほど保存可能です。

 

材料のおさらい

ローズ:美肌と癒し効果にすぐれた「花の女王」
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。繊細な香りのバラは美容効果も高く、収れん作用があり、敏感肌や傷んだ肌に適しています。保湿効果が高く、きめの細かい美肌を作ります。バラを漬けて作ったリッチなハーブオイルは入浴後のお手入れに。
ローズウォーターの日常使いで美肌と幸せ気分を
美容効果が高く、手作り化粧品の素材として欠かせないローズウォーターの効能と使い方の紹介です。モロッコはバラの生産地。ローズウォーターは日常的によく使われます。水分のバランスを整え、潤いのある肌に。シワ予防などエイジングエアにも適しています。
オレンジフラワーウォーターの美容効果と使い方
モロッコ美容の手作りコスメの素材オレンジフラワーウォーターを紹介します。ビターオレンジの花を蒸留した際にできるオレンジフラワーウォーターは、シワを薄くし、抜け毛を防ぐなどの効果があります。幸運を引き寄せるといわれ、お菓子や料理にも使われます。

 

こちらもチェック!

おうち時間を楽しむモロッコ美容!癒しのお風呂
美容大国モロッコの手作り化粧品のレシピ。牛乳やはちみつ、ハーブを材料にした不安や自粛ムードが広がるなか、自宅で入浴を楽しみながら、ストレスを緩和し、免疫力を上げて元気に。モロッコの蒸気風呂ハマム、ハーブや食材で作る手作り入浴剤を紹介します。心身をリラックスさせるだけでなく、スキンケア効果も期待できる入浴法です。

コメント