メンズ・アロマテラピー|ストレスをほぐしてリラックス

アロマテラピーは女性のもの、というのは古い考え。男性向けアロマテラピーをご紹介します。
もちろん、女性にもおすすめです!

※この記事は途中から有料になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フランス式メディカル・アロマテラピーとは?

香りで癒すアロマテラピーという言葉はよく耳にします。

これが日本で知られているアロマテラピーですが、発祥地のフランスでは、アロマテラピーは植物療法のひとつととらえられ、香りよりも、植物から抽出した精油の薬効を重視し、科学的な分析や症例に裏づけられた医療手段のひとつとして、人々に認識されています。

アロマテラピーは心と身体のバランスを回復させ、健康を維持する療法です。心理的な苦痛を癒す特効薬は、現代医学においてさえないといわれています。そこで、精神面を癒す補完的な療法として、アロマテラピーが用いられます。

もちろん、香りの効用も重要です。笑う、泣く、喜ぶ、悲しむといった感情は、神経系やホルモン分泌と緊密に結びつき、身体にさまざまな影響を及ぼします。

フランス式メディカル・アロマテラピーは、香りと薬効を最大限に利用し、感情のバランスを調整しながら身体を健やかにします。

メディカル・アロマテラピーは、特別な道具がなくても、1本の精油さえあれば今日からでも始めることができます。精油1滴をティッシュペーパーに落して深呼吸をするだけで、有効成分が心と身体に働きかけます。

アロマテラピーでストレスをほぐす

入浴そのものにも、血行を良くする温熱効果や心身をリラックスさせる働きがあり、精油の効能をプラスすることで、相乗効果が期待できます。

入浴によるアロマテラピー(沐浴)は、皮膚からの浸透だけでなく、お湯の熱で気化した精油を鼻から吸入する作用も加わります。

精油は水に溶けないため、植物油や天然塩を入浴剤として使います。
海塩や岩塩といった天然の塩には、発汗作用があり、体内の毒素を排出する働きがあるといわれています。

ストレスをほぐすには、全身浴がおすすめですが、手浴や足浴でも身体が癒されます。

☆全身入浴法
お湯をはった浴槽に、精油入りの入浴剤を加えます。お湯をよくかきまぜて分散させ、香りの湯気が立ち上ってから入浴します。
リラックスしたいときはぬるま湯にゆっくりつかり、元気を出したいときや頭をすっきりさせたいときは、お湯を熱めにして短時間で切り上げます。

☆半身浴法
半身浴は、体力の消耗や循環器への負担が全身浴より軽く、それでいて、全身が温まり、温熱効果を得ることができます。
みぞおちがつかる程度のところまで浴槽にお湯をはり、全身浴の半分量の入浴剤を混ぜます。タオルなどを肩からはおって上半身が冷えないようにして、汗が十分出るまでつかります。

☆手浴法
手浴には不安や動揺を癒す大きな働きがあるといわれています。お湯のなかで手をマッサージすれば、さらに気持ちを落ち着きます。
洗面器にぬるま湯をはり、全身浴の1/3ほどの入浴剤を入れます。よくかき混ぜたら、両手首までを浸します。

☆足浴法
年齢を重ねるにつれて、血液循環が悪くなったり、足がむくんだりしがちです。また、水虫の原因にもなります。それを予防し、緩和するには、足浴がおすすめです。
大きめの洗面器かポリバケツにぬるま湯をはり、全身浴の1/3ほどの入浴剤を加えます。よくかきまぜたら、両足首までを浸します。

今回は、ストレス解消の入浴剤、緊張をほぐすマッサージオイル、神経過敏を解消するオイルなどを紹介します。

・緊張をほぐす入浴剤
・ストレス解消の入浴剤
・緊張をほぐす即席マッサージオイル
・心を鎮めるマッサージオイル

 

使用する精油の解説付きです。

マンダリン果皮
ベルガモット
サンダルウッド
ラベンダー
ビターオレンジ葉(プチグレン)

スィートオレンジ
イランイラン
マジョラム
リトセア
カモミール・ローマン

 

ここから有料です、すみません。

ご購入後のご質問・ご相談を承ります。
お気軽にお問合せフォームよりお問い合わせください。