メンズ・アロマテラピー|ストレスによる胃腸障害を改善

アロマテラピーは女性のもの、というのは古い考え。男性向けアロマテラピーをご紹介します。
もちろん、女性にもおすすめです!

※この記事は途中から有料になります。

スポンサーリンク

フランス式メディカル・アロマテラピーとは?

香りで癒すアロマテラピーという言葉はよく耳にします。

これが日本で知られているアロマテラピーですが、発祥地のフランスでは、アロマテラピーは植物療法のひとつととらえられ、香りよりも、植物から抽出した精油の薬効を重視し、科学的な分析や症例に裏づけられた医療手段のひとつとして、人々に認識されています。

アロマテラピーは心と身体のバランスを回復させ、健康を維持する療法です。心理的な苦痛を癒す特効薬は、現代医学においてさえないといわれています。そこで、精神面を癒す補完的な療法として、アロマテラピーが用いられます。

もちろん、香りの効用も重要です。笑う、泣く、喜ぶ、悲しむといった感情は、神経系やホルモン分泌と緊密に結びつき、身体にさまざまな影響を及ぼします。

フランス式メディカル・アロマテラピーは、香りと薬効を最大限に利用し、感情のバランスを調整しながら身体を健やかにします。

メディカル・アロマテラピーは、特別な道具がなくても、1本の精油さえあれば今日からでも始めることができます。精油1滴をティッシュペーパーに落して深呼吸をするだけで、有効成分が心と身体に働きかけます。

ストレスによる胃腸障害を改善

胃腸のトラブルはストレスが関係しているケースがあるので、リラックスする工夫をしましょう。

胃腸の痛みには、ハーブティーもおすすめです。胃腸トラブルに飲みたいハーブティーは次のものがあります。

フェンネル

フェンネルには、胃や大腸の痙攣や痛みを改善します。また、腸内ガスを排出し、食後の膨張感を軽減する効能で知られます。

フェンネル:皮脂分泌を調整し保湿効果で潤いを
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。フェンネルには収れん作用があり、オイリーな肌や髪に向きます。すぐれた保湿ローションで、潤いを保ちながら、皮脂分泌を整えます。頭皮のケアにも。眼の炎症を改善し、まぶたの腫れを取り除きます。

ペパーミント

みぞおちの痛みに効き目があります。

ペパーミント:気分と肌のリフレッシュに
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。ペパーミントは”栄光の香り”の植物といわれ、古代から人々に愛されてきました。メンソールが豊富で、頭痛を解消し、心身を軽快にする作用があります。収れん、殺菌、リフレッシュ効果で美容にも。

ローズマリー

胃腸の痙攣に向いているハーブティーです。ローズマリーは胆嚢の働きを強化する働きがあり、肝機能不全や胆嚢慢性炎に用いられます。

ローズマリー:抗酸化作用にすぐれ肌に潤いを
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ローズマリーは抗酸化作用にすぐれ、アンチエイジング、保湿、引き締め、ニキビや吹き出物を治す働きが。オイリー肌やオイリーヘアのケアに適し、頭皮の皮脂分泌を正常にし、抜け毛やフケを防ぎます。

スイートウッドラフ(セイヨウクルマバソウ)

リラックス効果と胃の痛みを緩和作用で知られ、ハーブティーとして飲まれています。 

 

さて、今回は、胃腸の痙攣、胃と腸の痛みを改善するアロマテラピーを紹介します。

・胃腸の痙攣を癒すオイル
・胃痛を緩和するブレンドオイル
・腸の痛みを緩和するブレンドオイル

今回使用する精油の解説付きです。

バジル
ペパーミント
コリアンダー
ローズマリー・シネオール
マジョラム
ディル
ビターオレンジ葉
ローリエ

ここから有料です、すみません。

ご購入後のご質問・ご相談を承ります。
お気軽にお問合せフォームよりお問い合わせください。