介護アロマテラピー│香りの効果で高齢者の食欲をアップ

毎日の食生活は認知症予防にとくに重要です。栄養のバランスを考えながら楽しく食事をしましょう。

食事は人間の大きな楽しみで、特に高齢者にとっては精神的な充実ともいえます。

特別に手をかける必要はありませんが、味も素っ気もない病人食は避けて、盛りつけに工夫を凝らしてみたいものです。

顔が見え、会話が聞こえる和やかな雰囲気のなかで食べることが大切です。食卓につけない場合は、家族がベッドの近くに移動して食事をするといいでしょう。

口からモノを食べるという行為は、脳全体の働きを活発にし、生きる意欲を高めます。

食事中の語りかけは、大脳の側頭葉の聴覚野を刺激するので、高齢者に料理の感想を聞くなど、会話を忘ずに。たとえ流動食になっても、介護者に語りかけましょう。

外出できる状態であれば、外食で気分転換をするのもおすすめです。ホテルのビュッフェや、ファミリーレストランならメニューも豊富です。店内も広々としているので、気兼ねなく食事を楽しむことができるでしょう。

「食事をしたくない」と言われたときには、その原因を考えて対処するようにします。

その原因には、たとえば、「体調が悪い」「便秘をしている」「運動不足」「不安である」「入れ歯が合わない」「食事が合わない」「食事を食べたと思っている」などが考えられます。

心当たりがないか、もう一度注意を払ってみて、原因を取り除くようにしましょう。

また、食事は喉のとおりのよいもの、あっさりしたものや好物のものを用意してみるのもよい方法です。

消化障害は高齢者によくみられる症状です。ストレスが関係しているケースが多いので、リラックスさせる工夫をしましょう。

楽しみの食事ができなくなると、肉体が衰えるばかりか、精神的にも元気がでません。消化を助け、食欲のでる精油を利用して、規則正しい食生活に戻しましょう。

※グレープフルーツの精油には食用を抑える働きがあるので注意を。