海外でも実践されているアロマテラピーの高齢者介護

介護をするうえで大切なのは、心地よく暮らす生活環境を整えることです。

ところが、介護の現実をつきつけられると、さまざまな葛藤が生じて、快適な生活が失われがちです。これまでの円満な関係にヒビが入ることも珍しくありません。身近な間柄だけに、お互い遠慮したり、わがままになり、複雑な感情が入り混じってしまいます。

お年寄りは介護が必要になった自分に苛立ち、寂しく満たされない気持ちに襲われます。一方、介護者もまた、慣れないことばかりで疲弊し、「なぜ私が?」と疑問や不満を抱えることになります。そして、お互い相手の気持ちを理解できないまま、悶々とした毎日を過ごしてしまうのです。

このようなストレス状態は、やがて痛みや食欲不振といった肉体的な病状となって現れます。介護される側もする側も心身のバランスを失い、状況はますます悪化します。

だからといって、残念ながら、介護にかかわる人々の心理的な苦痛を癒す特効薬は、今のところ存在しません。心身ともに負担の重い介護では、精神的な癒しを目的にした補完的な療法が必要といえます。

その役割を担う自然療法がアロマテラピーです。

アロマテラピーとは、植物の持つ有効成分を利用して行う療法で、その起源は古代にまでさかのぼります。

アロマテラピーのすぐれた点は、人間を包括的にとらえて心と身体のバランスを回復し、健康を維持する点にあります。心に働きかけながら、ストレスによって引き起こされる肉体的不調を改善するのがアロマテラピーといえます。

介護においてアロマテラピーが理想的なアプローチであることは、イギリスやフランスの老人医療の場ですでに導入されている事実からも理解できます。

睡眠障害や徘徊といった症状を緩和する実例も多くみられ、日本でもアロマテラピーを取り入れた施設が増加しています。

アロマテラピーのもうひとつの特長は、芳しい香りを嗅いで身体を癒すことにあります。

また、アロマテラピーのトリートメントのひとつであるマッサージには、リラックス効果があるといわれています。直接人の肌に触れるタッチングは、相手に安心感を与えて心身を癒すと注目されているのです。

介護は辛い。多くの人がマイナス・イメージを抱いているようですが、アロマテラピーがそれを変えてくれるでしょう。アロマテラピーは、高齢者と介護者の双方の生活の質(Quality of Life)を向上させてくれるはずです。

イライラしたり、怒りっぽくなっているときは、やさしい香りで心を鎮めましょう。怒りをそのままにしておくと、ささいなことでカッとなり、相手を傷つけてしまいかねません。

とりあえず休憩時間を作り、香りに身をまかせましょう。

すぐにでも怒りを抑えたいときは、ティッシュペーパーやマグカップによる吸入法が最適です。

花の香りや、樹木の香り、柑橘系が落ち着きを取り戻してくれます。

心を静める精油

スイートオレンジ

スイートオレンジ:弾力のある若々しい肌キープ
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。モロッコの特産のひとつはオレンジはビタミンCとBが豊富で、美容にも適した食材です。抗酸化作用と皮膚の若返り作用で知られ、シワを予防し、弾力のある肌を保ちます、頭皮を清潔にする効果も。

ローマンカモミール

ローマンカモミール:オイリーヘアと目の疲れに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ローマンカモミールはオイリーヘアに向いていて、煎じ液でリンスすると、つややかで輝きのある髪に仕上がります。頭皮を引き締め、フケや抜け毛を予防する作用でも知られ、眼の疲れを癒す効果も。

サイプレス

サンダルウッド

ジュニパー

ジュニパー:ニキビを減らしてデトックス効果も
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ジンの香りづけに使われるジュニパーの実は、収れん作用があり、美容効果も。黄色い小枝は、抗炎症とデトックス効果があり、セルライトに効くといわれています。煎じ液はニキビや吹き出物のケアに。

ゼラニウム

ティートリー

ネロリ

ビターオレンジの葉

フランキンセンス(乳香)

乳香(ニュウコウ):最高級の香りはシワ予防も
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。乳香は没薬とともに香りの最高級品。アラビア語は、ミルク(牛乳)の語根から派生した”ルバーン”で、ヨーグルトっぽい濃厚な香り。鎮痛作用があり、シワを目立たなくします。心をなごませる効果も。

ベルガモット

マジョラム

マジョラム:セルライト除去にも効果を発揮
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。マジョラムは、緊張を緩和させ、歯痛などの痛みを鎮める働きを持ちます。入浴剤として使えば、不安が解消されて元気に。肌につやと明るさを与えるスキンケア効果や、セルライトを除去する作用も。

マンダリン

ラベンダー

ラベンダー:オイリーヘアを美しく保つリンスに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ラベンダーは古代からさまざまな目的で使用されていました。毛穴の汚れを落とし、皮膚細胞を引き締める働きがあり、特にオイリー肌やノーマル肌に向きます。オイリーヘアやフケ症のお手入れにも。

レモン

ローズ

ローズ:美肌と癒し効果にすぐれた「花の女王」
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。繊細な香りのバラは美容効果も高く、収れん作用があり、敏感肌や傷んだ肌に適しています。保湿効果が高く、きめの細かい美肌を作ります。バラを漬けて作ったリッチなハーブオイルは入浴後のお手入れに。