介護アロマテラピー│高齢者と香りでコミュニケーション

田舎の杉の木の香り。
金木犀の花の香り。

誰もが香りに思い出をもっているはずです。

高齢者が若かりし頃の日本は、いまよりも自然にあふれ、さまざまな香りに触れることができたのではないでしょうか。

介護者もまた、家族で過ごした子供の頃の懐かしい香りがあるでしょう。

香りがコミュニケーションの道具となるのをご存知ですか?

愛する気持ちや感謝の思いを口で伝えるのは恥ずかしくても、香りを通して、お互いの心が触れ合うこともあるのです。

高齢者にはすでに知っている香りから

代替医療としての期待が高まっているアロマテラピーですが、日本ではまだ正しく理解している人が多いとはいえません。

ましてや、高齢者にとっては未知の療法で、疑心暗鬼になるのも当然です。

高齢者にアロマテラピーを導入するには、すでに知っている香りに似た精油から少しずつなじんでもらいましょう。

たとえば、フルーツの香りなら、高齢者も抵抗なく受け入れることができるはずです。

「この香り、コタツで食べたミカンに似ているわね」といった会話をしながら、香りに親しんでいきましょう。

香りの印象について聞くなどして話を発展させる方法は、脳の活性化にも役立ちます。

スイートオレンジマンダリンベルガモットは、いずれもミカンや八朔を連想させます。

スイートオレンジ:弾力のある若々しい肌キープ
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。モロッコの特産のひとつはオレンジはビタミンCとBが豊富で、美容にも適した食材です。抗酸化作用と皮膚の若返り作用で知られ、シワを予防し、弾力のある肌を保ちます、頭皮を清潔にする効果も。

コタツで家族が集まって食べた日のことや、夏の日の出来事が思い出されるでしょう。

同様に、レモングレープフルーツも柑橘系の果物の香りがします。

また、カモミールはハーブですが、少しリンゴのような香りがします。

ローマンカモミール:オイリーヘアと目の疲れに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ローマンカモミールはオイリーヘアに向いていて、煎じ液でリンスすると、つややかで輝きのある髪に仕上がります。頭皮を引き締め、フケや抜け毛を予防する作用でも知られ、眼の疲れを癒す効果も。
ジャーマンカモミール:炎症を鎮めなめらか肌に
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。ジャーマンカモミールは鎮静と殺菌作用にすぐれ、皮膚をなめらかにし、細胞を再生させる働きがあります。ニキビや炎症、日焼けを鎮める効果も。煎じ液のリンスは、栗色の髪を明るくし、金髪を輝かせます。

料理の好きな人なら、バジルクローブコリアンダーといった香辛料の香りに興味を持つかもしれません。大好きなカレーの匂いといったところでしょうか。

バジル:強力な殺菌作用でニキビ肌をすっきり
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。シャープな香りのバジルは抗感染と殺菌作用がすぐれ、ニキビの解消に。皮膚細胞を若返らせる働きでも知られ、衰弱した皮膚を元気に。バジルの煎じ液にはトニック効果があり、抜け毛を防ぎます。
クローブ:乾燥を防いで肌を潤し髪を元気に
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。クローブには強力な殺菌力があり、鎮痛作用もすぐれ、特に歯痛を鎮めます。口臭防止、口腔の炎症や口内炎に有効です。肌の乾燥を防ぎ、皮膚炎や吹き出物を解消し、髪をいきいき元気にする効果も。
コリアンダー:デトックス効果で美肌を取り戻す
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。パクチーで知られるコリアンダーは老廃物を排出するデトックス効果が高く、身体全体を浄化して美肌に。幸福感をもたらすハーブといわれ、気分をリフレッシュさせ、元気を回復し、精神的な疲れを癒します。

レモングラスは、タイ料理のトムヤンクンのような匂いです。

お酒好きには、ジンの原料となる杜松の実から抽出したジュニパーが好きになりそうです。

田舎の樹木の香りも、高齢者には懐かしいものでしょう。

サイプレスは糸杉、シダーは杉、バーチは樺の木のすがすがしい香りがします。ヒノキのお風呂を想像する人もいるでしょう。

バーチ(白樺):シミを薄くし透明感のある肌に
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。シラカバは、葉、樹皮、樹液などさまざまな部位に効能が。葉の抽出液は肌の汚れを取り除き、シミやソバカスを目立たなくします。白樺樹液は肌のくすみを取り除き、髪のキューティクルを活性化させます。

花から抽出する精油もあるのですが、華やかな香りはそれほど多くはありません。

ローズは気品高いバラの香りがしますが、精油はかなり高価です。

ローズ:美肌と癒し効果にすぐれた「花の女王」
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。繊細な香りのバラは美容効果も高く、収れん作用があり、敏感肌や傷んだ肌に適しています。保湿効果が高く、きめの細かい美肌を作ります。バラを漬けて作ったリッチなハーブオイルは入浴後のお手入れに。

ゼラニウムはバラの香りにていて、少しリーズナブルです。

サンタルウッドの日本名は白檀で、高齢者には馴染み深いと思われます。

ペパーミントはガムや歯磨き粉、ティートリーユーカリは湿布のような匂いがします。子供の運動会といった昔の行事がよみがえるかもしれません。

ペパーミント:気分と肌のリフレッシュに
美容大国モロッコの手作りコスメの材料となる植物の紹介です。ペパーミントは”栄光の香り”の植物といわれ、古代から人々に愛されてきました。メンソールが豊富で、頭痛を解消し、心身を軽快にする作用があります。収れん、殺菌、リフレッシュ効果で美容にも。
ユーカリ:殺菌力と傷を早く治す力で健やか肌に
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。すががしい香りのユーカリは、殺菌、抗感染、癒着作用にすぐれ、傷ややけどを早く治します。樹液や葉の煎じ液は、ニキビや皮膚病などに効くといわれ、症状がやわらぎます。部屋の殺菌や虫よけにも。

好きな香りを選んでもらって

嗅覚は年齢とともに衰えるので無理は禁物です。

香りを試すときは、いくつもの香りを嗅ぐのではなく、一日に2~3種類を目安にしましょう。

また、長時間香りを嗅いでいると、頭痛や吐き気といった症状がでることもあるので気をつけましょう。

アロマテラピーの精油にはそれぞれ特有の効用がありますが、嫌いな香りを押しつけても、症状がよくなるとはいえません。

高齢者の好きな香りを選ぶことがなによりも大切です。高齢者と会話を楽しみながら、ひとつひとつ香りを確かめていきましょう。

最初の1本を選ぶとしたら、万能薬ともいえるラベンダーの精油がおすすめです。

ラベンダー:オイリーヘアを美しく保つリンスに
美容大国モロッコの手作り化粧品の材料となる植物の紹介です。ラベンダーは古代からさまざまな目的で使用されていました。毛穴の汚れを落とし、皮膚細胞を引き締める働きがあり、特にオイリー肌やノーマル肌に向きます。オイリーヘアやフケ症のお手入れにも。

ラベンダーの精油があれば、不眠や不安、痛み、殺菌と、さまざまな目的に使うことができます。

ただ、ラベンダーの香りは、日本人にとってそれほど一般的とはいえないようです。最近はよく見かけるハーブですが、ラベンダーといわれても、ピンとこない高齢者も多いでしょう。

アロマテラピーの精油のなかには、これまでに嗅いだことがない香りも少なくありません。そのような香りを取り入れるには、介護者がその香りをつねに漂わせ、高齢者に慣れてもらいましょう。

介護者がラベンダーの香りを身につけたり、アロマライトやスプレーで積極的に使います。

「この香りは何?」と高齢者が興味を示したら、ラベンダーやアロマテラピーについて説明します。「どうせわからないから」と言葉を濁したり、隠したりするのはよくありません。

明らかに不快な表情をしたときには、さりげなくその理由を聞き、使用を避けたほうがいいでしょう。

香りの好みには個人差があります。介護される側が心地よいと感じる香りであることを最優先しましょう。

「忘れっぽい」と感じときの香りは?

記憶をとどめる効能は、いくつかの精油に認められています。

よく知られているのは、ローズマリーとペパーミントです。

コミュニケーションとアロマテラピーが脳の活性化に有効だとはいっても、ボケの進行を完全に止めるわけではありません。

認知症は忘れっぽいと感じることからはじまるケースが多いようです。

しかし、老化による単なる物忘れと認知症(ボケ)には大きな違いがあります。それらを混同しないようにしておきましょう。

お年寄りが忘れっぽいと感じたときには、ノートや書き込み可能なカレンダーを用意し、メモをとるようにするのがよいでしょう。

本人が書き込むようにするのがよいのですが、それが難しい場合は、家族が手伝っていっしょに書くようにします。

日にちや時間の感覚を失わないようにするには、大きなカレンダーを見えるところにかけ、今日が何日、何曜日という日付を認識させるようにするとよいでしょう。

ホワイトボードなどに本日の日付と曜日が書き込める欄を作るのもよい方法です。

時間の感覚を失わないようにするには、朝起きて3食きちんと食べて、夜寝るといった規則正しい生活も大切です。

おやつの時間を決めておいたり、日中は布団をあげておくなども、生活にメリハリをつけるのに役立ちます。

また、場所の感覚を失わないようにするには、トイレや浴室に「トイレ」「お風呂」と文字で書いたり、イラストで目印をつけたりするとわかりやすいでしょう。

廊下などにトイレに行くための誘導の目印をつけるのもよいでしょう。

ものをどこにしまったか分からなくなるときには、日常よく使う財布やバッグ、手帳、めがねなどは置く場所を決めるようにします。